人気ブログランキング | 話題のタグを見る

腕木式信号

05/05/13/金曜/くもり
今日も寒かったです。若葉寒、続いていますね~~。若葉冷えとも言うそうです。

さて、タイトルの腕木式信号ですが、今日の毎日新聞の余禄に載っていた記事が面白かったので紹介しようと思います。

腕木式信号とは、支柱に付いた羽根状の腕木を上下させて、列車を停止させたり進行させたりする道具です。鉄道マニアのかたならご存知かも。

18世紀末から19世紀にかけてフランスではこの腕木式信号で、遠距離間の通信を行っていたそうです。
建物の上にこの信号機を設置し、腕木を手動で動かして遠くへ信号を伝えたのだとか。
のろしと同じ理屈ですね。

さて、この腕木式信号機を80個設置して、パリから550キロはなれたブレストまで、信号を送ると、一体どれくらいの時間で信号が到着したでしょうか。

なんと、550キロの距離が、8分で到着したそうですよ!
音速を超える速さです!

でもまあ、電信が出てきたらすぐに廃れたわけですが、それまではずいぶん活躍したそうです。
550キロ間に80個の腕木式信号機があるということは、1区間がだいたい7~8キロ。
8キロ先の信号を見て、すぐに次の信号機へ送るとなると、視力のいい人がその役目を担ったんでしょうねー。私じゃ無理だわ。

最近、視力がどんどん悪くなっているので、感慨深く読んだ記事でした。
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/2722639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 新聞社の歴史と歩み at 2005-05-14 03:28
タイトル : 新聞
新聞新聞(しんぶん)とは、国内外の事件、事故や、国内外の政治や経済などの動向などのニュースを報じるためのメディア (媒体)|メディアの一種で、記事文章や写真、図面などが紙に印刷され、折りたたまれただけで、製本されていないものをいう。新聞を制作・発行する企... more
by akaboshi_tamiko | 2005-05-14 02:19 | つれづれ日記 | Trackback(1) | Comments(0)