漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

俳句の解釈 いろいろあるなあ

昨日の記事で紹介した俳句

山眠り火種のごとく妻が居り 村越化石

これの「火種」というのをどうとらえるかで、俳句の意味が全然違ってくるんですね。

私と夫は「火種」を不穏なものとしてとらえたんだけど、一般的には「暖かいもの」としてとらえる人のほうが多いのかも。

友人の黒豆さんは「私はむしろあったかい句なのではと思いました」と感想をくれました。
「冬になって寒い夜だけど、小さな火種くらいだが、そばに心を暖めてくれる妻がいてくれる」という風にとったとのこと。

そうかー、うちの場合は、夫は消防士の息子で、小さなころから「火種」は危ないもの、すぐ消さねばならないもの、という薫陶を受けて育っているので、火種からすぐに「怖ろしい…」となったようです。

私も元々「火種」は「戦争の火種」「いさかいの元」というようなイメージがあるのです。
ガスの種火、とか、種火がついている、というように、種と火が逆になっていると、ぬくもりのある小さな焔に感じるんだけど、「火種」はヤバいもの、って感じです。

黒豆さんがもう一つブログを紹介してくれました。
村越化石自選句集『籠枕』
このブログには、句集『籠枕』の解説と、「山眠る…」について村越化石氏が言及している部分があって、これもまた「いつも温かみをもっていてくれる妻への感謝の句」とありました。

そうか~~、あたたかな感謝の句を、夫婦二人して「諍いの句」と解釈してしまうのは、我々夫婦の日常がしのばれますね!
って、そういうわけじゃないんだけど、うちは二人ともなぜか「火種」を危険なものとしてとらえていたのが、似たもの夫婦なんですかねー。

俳句の解釈はいろいろあって面白い!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-12-22 21:01 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/27887779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。