漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

セスキ大評判!

昨日の「第4回・セスキで簡単洗濯」はご覧になりましたか?
普段お使いの合成洗剤に足すだけで汚れ落ちアップ! セスキ単体でも洗濯できます。

セスキとは、セスキ炭酸ソーダのことです。重曹と、炭酸塩(炭酸ソーダ)の中間の物質です。
(詳しい説明は下に入れておきます)

1クール
5月7日・月…第1回・セスキスプレーで汚れ落とし
5月8日・火…第2回・セスキで汚れ予防
5月9日・水…第3回・セスキぼうきで楽々掃除
5月10日・木…第4回・セスキで簡単洗濯


さて来週から2クール目が始まります。
過炭酸塩の使い方です。あきらめていた黄色くなったTシャツや、ワイシャツが真っ白に生き返ります!
黒カビも退治できます!

2クール…放送は21時55分~22時
5月14日・月…第5回・過炭酸塩で染み抜き
5月15日・火…第6回・過炭酸塩ですっきり漂白
5月16日・水…第7回・過炭酸塩を入れるだけで″一石五鳥”
5月17日・木…第8回・カビ取りは過炭酸塩におまかせ

今週、1クールめを見逃した方、大丈夫! 来週の午前11時55分~12時の時間帯で再放送やりますから。
つまり、来週は放送が一日で朝と夜の二回あるんです。お得でしょ!さすがまる得マガジン!

1クールの再放送 午前11時55分~12時
5月14日・月…第1回・セスキスプレーで汚れ落とし
5月15日・火…第2回・セスキで汚れ予防
5月16日・水…第3回・セスキぼうきで楽々掃除
5月17日・木…第4回・セスキで簡単洗濯 

お楽しみに~!


セスキ炭酸ソーダの説明(長文・でも面白い…はず!)
「ソーダ」という言葉を聞くと、重曹と間違える人がすごく多いのですが、重曹とは違う物質です。
同じ無機塩類ではありますが、セスキはpHが9.8で、重曹(こちらはpH8.2)より洗浄力が桁違いに高いのです。
pHの計算は対数でやります。単純計算で、セスキは重曹より10倍の洗浄力(中和力)があるといわれています。

日本では戦前から使われていたのですが、戦後は世界的な合成洗剤の拡大戦略に飲み込まれ、すっかり廃れてしまいました。

1990年代後半から2000年代初頭、ネット上でセスキ炭酸ソーダすごい!という評判が立ち、ネット上で火が付きました。

そのころ、世界的に洗浄剤といえば合成洗剤が主流で、洗濯用、住居用、台所用、すべてが合成洗剤になっていきました。これは日本だけでなく、アメリカもドイツもイギリスもアジア諸国も同じ、世界的な流れです。

そこへ、ドイツなどではおばあちゃんの知恵的に重曹や炭酸ソーダや石けんを使った掃除、洗濯をする人も細々と残ってはいたのですが、セスキは広まっていなかったようです。

その当時、アメリカでも重曹(ベーキングソーダ)を使ったナチュラルクリーニングが爆発的に流行しました。その流れが日本へもやってきて、ナチュクリブーム、重曹ブームが到来しました。ここでも重曹ばかり人気で、セスキは全く知られていない存在でした。

しかし、重曹で落ちる汚れは大したことのない汚れです。重曹を使って、ナチュラルクリーニングができた!と喜ぶ人もいれば、「うちの汚れは重曹では落ちない」と、また合成洗剤に戻る人がとても多かったのです。

そのころ、私もセスキ炭酸ソーダの威力に心酔し、アルカリウォッシュ(中身はセスキ)のパッケージにイラストを描かせていただきました。

今でこそ、セスキは100円ショップでも買えるのですが、2000年初頭は「アルカリウォッシュ」という商品しかなかく、私はいつもアルカリウォッシュを友人知人、読者の方たちに勧めていました。

パッケージにイラストを描いているので、一個売れたらいくらか私に入るのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください!はいてない、、いえ、入りません!

イラストのお礼にアルカリウォッシュを20袋いただいただけですから!

でも、それだけだからこそ、私は安心して人に勧められるんです。自分が儲かるものって、ちょっと勧めにくいので…。
セスキの威力に心酔し、汚れ落ち抜群、使い勝手バッチリ! しかも環境にもいいし、ほんとにいいものだから勧めたいんです。

実際、使った人たちから、「すごいすごい!」と驚きの声をたくさんいただきます。
みなさん、どんどん使ってくださいね! (あ~、説明まだ書き足りん!けど長くなったのでいったん〆ます)



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-05-11 02:42 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/28305755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。