漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

本当の魔法は石けんだよ

まる得マガジンの「万能セスキと強力過炭酸塩で家じゅうすっきり」が大好評です。視聴者の反応も良く、お問い合わせの電話もすごく多いそうです。

セスキに関しては以前もまる得マガジンで「セスキプラスαでピカピカ! 激落ち掃除術」というシリーズもやりましたが、その時も大好評でした。

前回も、今回も、みなさん、本当にセスキや過炭酸塩の洗浄力、汚れ落としの力にびっくりなさっているようです。特に過炭酸塩の漂白力は、まるで魔法のようだ!と言われたこともあるくらいです。

今日、夫とその話になりました。そうしたら夫が「本当の魔法は石けんなのにな」と。

「だよねーーー! 石けんのほうが落ちるし、毎日使っていれば漂白も必要ないくらいなんだよね!」
「そうだよ。石けんのほうが本当の魔法なんだよ」
「だけど、石けんだとなぜか受けないんだよね…」

そうなんです。石けんは昔から使われてきた素晴らしい洗浄剤なのに、どうも受けが悪いのです。

セスキや過炭酸塩が受けるのは、それは私もうれしいです。これらを広めようと頑張ってきた人たちを何人も知っていますが、その中の一人が、「これが広まれば環境への負荷が減りますからね!」と目をキラキラさせておっしゃっていたのを、私は忘れません。

そういう人たちは、もちろん、石けんも広めようと活動しています。私も、石けんを広めることから始めたのです。ついでにセスキもいいよ、過炭酸塩もいいよ、という流れだったのになぜか石けんはなかなか受けないという残念な状況。

石けんは古臭い、石けんは環境にいいけど汚れ落ちが悪い、と思っている人も多いのですが、実は、
石けんはちゃんと使えば、本当に汚れ落ち抜群なんですよ!漂白しなくてもいいくらいです。

過炭酸塩で煮洗いしたら黄ばんだTシャツが真っ白になった、と喜んでくれた友達もたくさんいるのですが、石けんで洗っただけでも実は白くなります。

取材で洗った衣類のビフォーアフターをお見せしましょう。

b0019674_01521050.jpg
襟の黄ばみや靴下のしみ込んだ汚れ。何度洗濯しても、きれいにならないと嘆いていた衣類です。

それを、石けんで洗濯したのがこれです。お風呂の残り湯(35度くらい)と、石けんは暁ローブ。近くのスーパーなどでは売ってないので、私はいつも通販サイトの 石鹸百貨 で買っています。
b0019674_01522406.jpg
きれいになっているでしょ? 粉せっけんをよ~~~~く溶かしてから衣類を入れることと、できれば40度くらいのお湯を使うことで、一回でここまで落ちました。
魔法みたいにきれいになるんです。

石けん、見直してくださいよぉ…。

石鹸メーカーは、暁ローブの暁石鹸だけでなく、石鹸百貨オリジナルもありますし、エスケー石鹸、地の塩社(ここはアルカリウォッシュを作っている会社です)、まるは油脂、ねば塾、太陽油脂、ぺカルト化成、など、これらの会社以外にもたくさんのメーカーがあります。リサイクル石けんを作っているところもたくさんあります。またいずれ詳しくお知らせしますね。

本当に石けんってすごくいいものなんですから、使ってほしいです。セスキも過炭酸塩もいいけど、石けんもね!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-05-23 02:27 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/28327090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みじ at 2018-05-23 08:21 x
先生こんにちは。私自身石けんの洗浄力を知る者ですが、
白くなることより「汚れの溶け出た黄色くなったお湯」のほうを見ることのほうが好きです(笑)。
Commented by akaboshi_tamiko at 2018-05-23 10:33
★みじさま
おお、そうそう! 石けんで洗うと、汚れがしみだして、洗濯液が黄色くなりますよね!

そういえば合成洗剤で洗った洗濯液って、こんなに汚れが染み出した色してないような…(遠い記憶ですが)

汚れ落ちがいいって、ほんとに気持ちがいいですよね!
Commented at 2018-05-23 13:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akaboshi_tamiko at 2018-05-23 22:13
★鍵コメントさま
本当に、いまの洗濯機メーカーって、石けんを使ったことのない人が設計しているんじゃないかな、と思います。

その話、またブログで詳しく書きますね!
お楽しみに!