漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

弱り目に祟り目

まさに弱り目に祟り目!
骨折してギプス生活になっているのに、今度は左指のさかむけ(逆剥け?)が化膿してきた。
(さかむけは、ささくれとも言うが、さかむけのほうが皮膚が剥けた感じがして、イメージ通り)

だんだん化膿がひどくなり、熱をもってきた。これはもう「ひょう疽」だ。
素人治療で悪化すると爪まで菌が入ることもあるので近所の個人病院行ってきた。

すると…
そこは内科の病院なので切開する外科的処置ができない、外科のある病院へ行ってくださいとのこと。

別の総合病院では、なんと、受付の人がひょう疽を知らなかっ

「どうしましたか?」と聞かれたので「ひょうそです」と答えたら、「ん?」というか怪訝な顔をされたのだ。

「えーと、中指の爪の周りのさかむけが化膿して、膿がでて、熱もあります」と説明したのだが、どうも腫れているのが見えなかったようだ。
これなんだけどね。
b0019674_13030200.jpeg
角度と光の具合ではわかりにくいかもしれない。

私の説明を聞いた受付の人の反応は、ものすごくちいさな、見た目でわからないようなささくれで受診に来た大げさなおばさん、と思っているようだった。

スマホで「ひょう疽」の説明サイトを出して見せていれば、対応は違ったものになったと思うなー。スマホ、こんなときに活用しなければ!

結局、この病院では整形外科の先生が今日はいないと言われて、別の病院へ行くことになった。(でも、整形外科じゃないと思うんだけどなぁ)

しかし、総合病院の受け付けの人がひょう疽を知らなかったのには驚いた。事務の人が医療知識なくてもまあいいんだけど、ひょう疽しらんのか…。

次に行った病院では、受付で「ひょう疽です」と言ったらすぐ伝わり、皮膚科に回してもらった(やっぱり皮膚科だよね)。

抗生剤が1週間分出て、全治1週間。痛み止めは骨折のほうでも出ているので断ったけど、そうか、痛み止め飲んでいるのにこんだけ痛いのは、かなり痛いのかもしれない。(最初はこれくらいの痛みで病院行っても迷惑かも、と思っていたのだけど、夫が「ひょう疽はひどくなると爪に菌が入って爪をはがさないといけなくなる場合もあるぞ」と脅かすので行ってきたのだった。行ってよかったと思う)

年を取ると、若い事務員の方より何科にかかるかとかが経験則でよくわかるようになるんだな。年を取るのはいいことだと思う。

追記
ひょう疽は、関節まで広がっている場合はやはり整形外科になるんだそうです。
私のはそこまで広がってなかったけど、整形外科でもいいんですね。検索してよかった。検索できる年寄り、いいでしょ!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-08-03 18:10 | 健康/美容 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/28533471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bumidayat at 2018-08-03 19:32
ひぇ~、ほんと弱り目に祟り目とはこのこと!
体の抵抗力も落ちているのかもね。

私は手元にいつも、エタノール入りの小さなスプレーを置いて、気が付いたときにシュッシュッとしていますよ。

水仕事が多いし、人間のも猫のもトイレ掃除したり、雑巾がけなんかもしますから、さかむけが怖いんです。
ひいてはひょう疽にってこともね(~_~;)

あー実際に赤星さんの状態読んでますます怖いです。
めんちょう、なんて言葉も思い出しちゃった。違ったかなw
Commented by akaboshi_tamiko at 2018-08-05 15:47
★Sariさま
ほんとに抵抗力がおちているのかも。
このところさかむけができやすくなっていたんですよ。
栄養と休息をちゃんととらないと、ですね。

めんちょうも怖いですよねー。ならないよう、傷に触らないようにしよう…