人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハザードマップの信頼性

10月25日の豪雨では、ハザードマップに載っていない所も浸水し、大きな被害が出ました。

ハザードマップを作るにはいろいろな基準があるそうです。
一時間に何ミリの雨だったか、その雨量ならどのあたりに浸水するか、過去の浸水地域、などのデータを組み合わせて作るとのこと。

今回は、過去のデータを上回る雨量であり、雨のたまるスピードも過去に例がないほど速かったといいます。

想定外の雨量、想定外の風、想定を上回る速さの水のたまり方など、「想定外」という言葉が何度も出てきました。

今後は、今回のデータも入れた新しいハザードマップ(浸水予想地図)が作成されると思います。

信頼性が上がるのはいいことだけど、こういうデータが上書きされるのは辛いですね⋯。

自治体のホームページには必ずハザードマップが出ているので、毎年きちんと確認しようと思います。



トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/29746850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2019-10-29 22:53 | 時事 | Trackback | Comments(0)