人気ブログランキング |

恵方巻き…今年の食品ロスは?

節分の日に、恵方を向いて太巻きを切らずに一気に食べる。恵方巻きまるかぶりの習慣である。

これを初めて知ったのは久米宏のニュースステーションでだった。
久米宏さんが「大阪のほうではこんなことをするそうですよ」と言ったのを聞いて、へーっ、と思った。

ニュースステーションは1985年10月7日から2004年3月26日までの放送だ。久米宏さんがそれを言ったのはまだ髪が黒かった時代。だから、私が初めて恵方巻きのことを知ったのは90年代半ば過ぎではなかっただろうか。
当時は東京ではほとんど知られていないイベントだった。

2018年あたりから、恵方巻きの売れ残りが問題になってくる。それらがすべて食品廃棄物になるのだ。処理費用も莫大だ。この年にこれだけ話題になったのだから、2019年は少しは生産量を抑えて、食品ロスを減らす工夫をするだろうと、見守っていたのだが、やはり2019年も大量の廃棄恵方巻が出たとニュースになっていた。

去年の節分の後、批判が高まったおかげで、いくつかのコンビニで完全予約制にするというニュースが出てきた。よかった!

今年の廃棄量はどれくらいだったのだろう。

によると…

百貨店、コンビニ、スーパー、寿司店、駅ナカ、店舗合計101店舗を調査、この多くの店舗で昨年よりも売れ残りは減っている、または売り切れたところもあるという。

ああよかった、ホッとした。
去年の節分の夜、翌日、ツイッターに上がってきた膨大な量の売れ残りの写真…。あれはほんとに嫌な光景だった。今年は売り切れ店続出だし、残っていても数本とのこと。

上記のYahooニュースの記事に、ある百貨店では管理職らしき人が「あれしかないの? もっと仕入れるようバイヤーに言ってよ」と売り場担当者に指示していたらしいが、その店では閉店20分前に20~30%値引きしてもまだ28本が残っていたそうだ。

お客様のためになるんだからもっとたくさん仕入れてよ、という言葉は、ほんとにお客様のためになるのかな?結局、値引きしてもまだ残っているんだよ?

値引きしなくても全部売れることが、生産者にも売り場の店員さんにもいいことだと思う。廃棄処理費用だってばかにならないし、そういう無駄な経費が掛かると、結果的にほかの商品にもしわ寄せがいく。そうすると、結局お客様のためにならないじゃん。

それに、何より、まだ食べられるものを捨てなくて済むのは、本当に本当にいいことだと思う。

廃棄物はなんにしても少ないほうがいい。捨てなくて済むだけの発注をしたことを自慢すればいいのに。ねえ。

トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/29905838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bumidayat at 2020-02-05 18:06
こんばんは、Sariです。

まだまだみたいですよ~、私の数少ないブログ友さんだけでも
お二人の方がデパートの魚売り場のケーズが全てアレになっていて驚いたと書いていました。

以前、お好み焼きのマヨネーズと恵方巻について、いちからと調べたら、当の大阪の方、多分40代女性が、
マヨネーズは小学生のとき、恵方巻はもう少し前からだったと書いていました。
Commented by akaboshi_tamiko at 2020-02-05 20:58
★Sariさま
そうでしたか…
でも、去年は売れ残りの店ばっかり、というニュースだったのに、完売した店もある、ということで、少しは良かったんじゃないかな。

恵方巻きの起源ですが、私が聞いたところでは、和歌山が発祥の地、という説があって、戦前とか戦後すぐくらいから恵方巻を食べて、例の口にくわえるのは芸者さんのお座敷芸だったと。

70年代に大阪の海苔問屋さんが、海苔の売上の減る2月に何かイベントをやりたいと、寿司業界と組んで恵方巻を食べるイベントをやったのが関西で広まったきっかけ、、、ということらしいです。

それにしても70年代から広まって、関西限定だったのが今や全国区のイベントに。40年以上の歴史があるっちゃあるんですよね…。
by akaboshi_tamiko | 2020-02-05 00:51 | 時事 | Trackback | Comments(2)