人気ブログランキング | 話題のタグを見る

赤星たみこの戯言・放言・虚言日記♪ akaboshi.exblog.jp

漫画家・赤星たみこの日記です。 


by akaboshi_tamiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いいほうにも悪いほうにも同調圧力

緊急事態宣言が出たあとで、立ち入り禁止区域で潮干狩りをしている人たちのニュースを見た。

テレビ局の人がインタビューしようとマイクを向けると、みんな顔を背けてそそくさと走り去ったりする。いけないことをしている、という意識はあるようだ。「密猟」という犯罪行為だしね。

そんな中、顔にぼかしを入れたり、首から下だけを映した状態で話をする人もいる。

私が見た限り、多い意見は「みんなやってるじゃないか」と「こんな柵だったら誰だって乗り越えるよ、もっと高い木の塀を作れ」「もっと大きな看板にしろ」というもの。

これは、昨日今日のニュースだけでなく、毎年、密漁シーズンのニュースで必ず出てくる意見だ。(意見、というより「言い訳」ですけどね)

今年は特に「緊急事態宣言」が出ているので、「この時期にこんなに人がたくさん出ている日本って何?」というような論調で、海外でも放送されたらしい。

ドイツ在住の友人からの報告によると、何人ものドイツ人の友人から「なんで日本人はこんなに危機感がないの?」という質問をされたという。

また「日本人って周りの目を気にする人が多いといわれているのに、なんでこんなにルールを守らないの?」という質問もあったという。

ほんとそれ。

大勢の人が見ている前ではごみを捨てたりしないとか、周りの目をすごく気にして、ルールを破らない。目立つことをするな!という同調圧力がかかって、みんなルールを守る。

しかし、誰かがルールを破ってそれに追従する人が多くなると、それを止めようとしなくなる。みんなルール破りを倣ってしまう。

ルール破りを咎める人が目立ってしまうので、これもまた「目立つことをするな!」という同調圧力だと思う。

どうせ同調圧力かけるなら、いい方向にかけてほしいよなあ。

トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/30005297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2020-04-14 03:50 | Trackback | Comments(0)