人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハナノナイロイロ

毎日の治療(ウォーキング)中に、何とか歩く意欲を持続させようと、きれいな花の写真を撮っている。
ハナノナというアプリで撮影すると、自動的にその花の名前が出てくる。

ところが、同じ花なのに、こんなに名前が違うのだ…。
ハナノナイロイロ_b0019674_14454062.jpg
ハナノナイロイロ_b0019674_14453588.jpg
ハナノナのアプリのカメラを花に向けていると、名前がいくつか出てくる。その名前の後ろに確率が何パーセントかも出る。

ゲラニウム・マキュラタンのときは30%くらいだったかな。
確率が低いのは違う名前っぽい。

カメラで撮影すると、大きさがわからなくなる。

小さな花を接写で大きく撮影すると、大きな花と画像の中では同じくらいの大きさになる。そうすると、大きさが全然違うのに、こんな風に同じ名前がついてしまう。
ハナノナイロイロ_b0019674_14514619.jpg
おおきさだけでなく葉っぱの形も全然違うのだけど、花だけ見るとどちらも同じ4枚の花弁。中心から雄蕊と雌蕊が画面の中では同じくらいの長さ出ている。
そういうところは似ているけど、大きさ違うのに~~~…。

とまあ、どうしても花の名前が知りたいわけでもないのだ。歩いている途中の手慰みというか、なんとなくわかればいいかな、という程度。正確な名前がわかっても、数メートル歩いたら忘れてるし。

ただ、花の名前をたくさん知っているだけで豊かな気持ちになれる(ような気がする)。(名前と実物が一致してないけど)

雑草という名の植物は無いし、新種以外では「名もない花」なんて無い。
雑草ではなく、ちゃんとした名前がある植物が身の回りにはたくさん咲いている。いつかは全部覚えてみたい…。すごく大きな夢だな、これって。

トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/30097352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2020-06-11 18:44 | 骨粗鬆症/高脂血症 | Trackback | Comments(0)