人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

小学生受難の時代・・・

06/05/25/木曜
小学生が巻き込まれる事件がこのところたて続きに起きています。
抵抗力のない子どもを襲うなんて、卑劣で、気持ちがふさぎます。

このことと直接関係はないんだけど、最近ちょくちょく考えることがあります。
それは、言葉だけでもいいから、子どもの頃から「いい概念」を教えていたほうがいい! ということ。

実体が伴わない、言葉だけの優しさは意味がない、とよく言うけど、優しさや人の価値を、言葉だけでもいいから知っておいたほうが、知らないままよりちょっとマシ。

誰かのエッセイだったか自伝だったかで、その人のお父さんが、人として大切なことと、持っていなければならないものとして「卑怯を憎む心」と「寛容の心」があった、という文章があって、それはとてもいいことだなあ、と思いました。

「卑怯」や「卑劣」を憎む心を持っている人って、いい人だと思うなあ。
卑劣を憎み、卑怯を憎む人は、少なくとも、自分より小さな人を傷付けようとは思わないはず。
それが身についているかどうかはまた別だけど、このことを繰り返し教えられた人は、知らないまま育つ人より幸せだと思います。

それから「寛容の心」も。
寛容の心って、人として一番大事なことではないかしら。

私の大好きな海外ドラマ「ER」でも、マーク・グリーン先生が亡くなる前に、自分の娘レイチェルに一つだけ教えを残して死んでいきます。
それが、「寛容の心を持ちなさい」でした。

寛容の心って、なかなか持てないけど、そういう心が世の中には存在していると知っているだけでも、違うと思うなー。(自分で持ってないからこそ、そう思いますねー)
by akaboshi_tamiko | 2006-05-25 19:43 | 時事 | Comments(2)
Commented by ミーさー at 2006-05-26 07:51 x
カエサルの示したクレメンティア(寛容)は彼の持つ人としての強さが支えたものと思いますが、そうした強さを同時に育まないと、おそらくいけないんでしょうね。
Commented by akaboshi_tamiko at 2006-06-02 02:20
ミーさーさん、本当にそうですね。
寛容の心は、強くないと持てない。弱いとなかなか寛容になれないです・・・。自戒をこめて。