漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

石けんがどんなジャンルに含まれようとも

石けんのことを「石けんだって合成界面活性剤の一つだ」とか、「石けんだって人間が作っているのだから化学物質だ」と言う人がいます。

言葉を正確に使うことを心がけている私としては、最初の主張に対しては「いえ、日本では石けんと合成界面活性剤は別のものとして法律で定義されています」と訂正するしかありません。
石けんも「界面活性剤」の一つですが「合成界面活性剤とは違う」、ということです)

石けんだって化学物質だ、という主張に対しては、「そうですね、全ての物質は化学的な固有の性質をもちますから、石けんだって化学物質だと言えなくもないです」と答えるでしょう。
(普通、言わんのだけどね。通常、石けんは「油脂の加工品」と言います。工場で作られていても漬け物を化学物質といわないように、石けんも、普通は化学物質とは言わん)

しかし、石けんが化学物質だったり合成界面活性剤というジャンルに含まれるからと言って、それがどうした? と思います。

脂肪酸ナトリウム脂肪酸カリウムは、たまたま石けんという一般名で呼ばれていますが、それがどういうジャンルに含まれようと、脂肪酸ナトリウムは脂肪酸ナトリウムだし、脂肪酸カリウムは脂肪酸カリウムでしかありません。

脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが合成界面活性剤と同じジャンルに入ったとしても、別にかまわないじゃないですか。脂肪酸ナトリウム LASよりも洗浄力が高いんですもの。脂肪酸カリウムアルキル硫酸トリエタノールアミンより髪の毛がきれいになるんですもの。地肌の汚れもスッキリ落ちるしね。

石けんだって合成物だ、石けんだって環境を汚す、石けんだって化学物質だ、と合成洗剤メーカーの人は言いたがります。それは、その前提に、「合成洗剤は(当然のことながら)合成物である」「合成洗剤には毒性がある」「合成洗剤は化学物質だ」という、誰も否定しない事実があるからです。

その事実があるから、石けんも自分たちの仲間になってほしいのでしょう。石けんと合成洗剤を分けているのは日本だけだ、海外では分けてない、とかすぐ言い出します。
いいじゃないですか、合成洗剤メーカーが石けんも自分たちの仲間だと言いたがっても。言わせておけばいいんです。

石けんがどんなジャンルに含まれようとも、洗浄力の高さと使用感のよさは変わらないのだから。

石けんがどんなジャンルに含まれようとも、石けんの正しい使い方を知っていれば、びびったり迷ったりすることはありません。
迷うのは、「石けんって、どうも洗浄力が悪いわ。どうも臭うわ。環境のために我慢しているんだけど、合成洗剤と同じジャンルなら、合成に戻ろうかな」と思っているひとだけだと思います。

環境のために何かを我慢するって、一生それが続けられるような崇高な人は、そういません。なんでもそうですが、我慢したら長続きしません。
石けんを使うのに我慢はいりません。

ただ、よ~~~く溶かすだけです。そうすれば、石けんがどんなジャンルに入ろうとも、「へー、そうなんだ」で終わりです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-01-22 21:21 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Comments(2)
Commented by はっぱふみふみっ at 2008-01-23 11:45 x
赤星先生こんにちは。いつもわかりやすい解説を有難うございます。本当におっしゃるとおりですね。
もし、合成洗剤が石けんと同じように使い勝手が良かったとしても、私は迷わず石けんを選びます。
最近、他のサイトや石けん関係の掲示板の書きこみを見てよく感じるのは
「与えられた情報を鵜呑みにしてる人が非常に多い」ということです。
私もはじめはそうでした。石けんってなんか使いづらい「感じ」がする、とか。
これだけ情報が氾濫してる世の中で、何を信じるかどれが真実なのかは
やっぱり自分で勉強していかないとわからないんですよね。
広告では耳障りのいい、いかにも使い勝手のいい文句がどばどば流されていますが
今は惑わされずむしろ疑ってかかるようになりました…。

Commented by akaboshi_tamiko at 2008-01-24 01:32
★はっぱふみふみっさん
石けんって、ちゃんと使うとほんとに汚れ落ちいいですよね~。合成洗剤なんて汚れ落ちの悪い、においも落ちないものなんて使いたくないです。石けんがどういう分類をされようとも、そんなのかんけーねぇ!! ですわ(^^)