人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
一時期のものすごく痛い状況からは改善しているけれど、今も痛みが続く頸椎ヘルニア…

ネプチューンの名倉さんが頸椎椎間板ヘルニアの手術後、ストレスでうつ病を併発したというニュースを見て、その辛さを考えて、胸が詰まる思いだ。

名倉さんの場合は、そもそも手術をするほどの痛みがあり、しかもその手術のストレスもあり、痛みはいったん脳に刻み込まれたらその記憶が消えるまで痛むらしいし、いろんなストレスが複合的に襲いかかっていて本当に辛い状況だったのだろう…。

私の場合は鎮痛剤で何とか改善している。理学療法士の先生には、「痛くない、という思いが、痛みの記憶の上に上書きされるといいんですけどね」と言われている。

手根管症候群は、薬でなんとか改善するらしいけれど、なかなか良くならない。
指先のしびれは手根管だけでなく、首のヘルニアも関係しているらしい。

以前からたまっている仕事があるのに、腕が痛い、手首が痛い、指が痛いと、何となくズルズル伸ばしている…。
これを書きながら、いま目の前の仕事が終わったらやるぞ!と心に決めている。

と、公表しておくと、取り掛かるはず! 
がんばろう!!

# by akaboshi_tamiko | 2019-08-05 16:33 | Trackback | Comments(3)

手ぬぐいにフリンジ

私は日本手ぬぐいが大好きで、けっこうたくさん買っている。
デザインが面白いものが多いので、それも好きな理由の一つだが、一番の理由は「すぐ乾くので超使いやすい」だ。

薄手のさらし木綿はすぐ乾く。高温多湿の日本ではこれはものすごく大事なポイント。
そして、手ぬぐいは両端が切りっぱなし、というのが特徴。
さらしの布巾も同じ。両端が切りっぱなしだ。

切りっぱなしには理由がある。端を折って縫ってあると、そこが厚くなり乾きにくくなる。切りっぱなしだからこそ、水滴が繊維に沿って落ちるので乾きやすいのだ。

しかし、その「切りっぱなし」は、洗濯すると端がほつれてくる。昔の台所に干してあったさらしの布巾はよく横糸がほつれて長く何本も出ていて、私はそれがとても嫌いだった。

なんで端を縫わないんだろう?と不思議だったのだが、これが「乾かすための先人の知恵」だったと知るのは大人になってからだった。

でも、あのビロビロ出てくる横糸はどうしても許せん!いやだ!

で、それを解消するために、端をほぐしてフリンジ状にしてみた。
b0019674_22141984.jpg
こんな風に端をほぐすと、洗濯機の強水流で洗っても、これ以上横糸がビロビロ出てこない。

私は手ぬぐいを買って来たら真っ先に端をほぐすので、うちにある手ぬぐい(20~30枚はあると思う)はすべて端がフリンジになっている。
b0019674_22143139.jpg
端をほぐす作業は爪楊枝で横糸をちょっとほぐして引っ張ると簡単にできる。テレビを見ながらとかおしゃべりしながらとか、ながら作業で無心になってやることが多い。

やりすぎてフリンジ部分が長くなりすぎたものもある。
b0019674_22143984.jpg
ここまで長くしなくても、この程度に短いフリンジで十分。
横糸を5~6本引き抜くだけ。
これで洗濯してもほつれてこない。
b0019674_22475509.jpg
うちでは手ぬぐいだけでなく、綿100%の布を四角く切って、それを布巾にすることもある。当然、端を縫うのではなく、ほどいてフリンジにしている。これは端を縫うより断然楽ちんだから。

厚手のタオル地やワッフル地の布巾は、お皿を拭くときすぐにびしょびしょにならないので、それはそれで使い勝手がいいのだけど、でも洗って干すとなかなか乾かない。

木綿の布巾や手ぬぐいは、一枚で拭くとすぐにびしょびしょになってしまう。なので、2~3枚重ねて拭くこともある。

そうすると水をよく吸ってくれてビショビショにならず、洗って干すときも、薄い木綿の布をバラバラに干せばいいのですぐ乾くというわけ。

手ぬぐい、さらしの布巾、本当におすすめ!ぜひ端をほぐしてフリンジにしてみてください。よろしく~



# by akaboshi_tamiko | 2019-07-25 22:53 | Trackback | Comments(3)
いただき物の袷の着物をスカートにリメイクしてみました。

超カンタンに、着物の下半身を(下半身って言うかー?!)巻きスカートにしただけです。
b0019674_23393485.jpeg


ウエストのサッシュベルトは襟をほどいてつくりました。
これは着物の表ををそのまま使ってます。

でも、この着物、八掛が綺麗な深い緑色なんです。その色を縦に入れるのもいいかも!
と、八掛を折り返して見せてみました。
それがこちら。
b0019674_23402930.jpeg
これはこれで、「こういうデザイン」だと言い張ればその主張、通るかも。通りますよね!

そして、この八掛のモスグリーン、私はどうしても表に使いたい!モスグリーンって、すごく好きな色なんです。

それで、こんなふうにしてみました。
b0019674_23400428.jpeg
腰の周りが茶色なのは、八掛がそこまでしかないから。着物のことを良く知っている人が見ると、着物を裏返しにして着ているのがバレバレ。
b0019674_12143214.png
という苦肉の策で、折り返してみたら、なんとなく「そういうデザイン」に見える……はず!

まあ、ワタシ的にはけっこうお気に入りな一着になったので、良しとします。
袷の着物だとリバーシブルにできるのがうれしいです。



# by akaboshi_tamiko | 2019-07-19 20:00 | キモノ | Trackback | Comments(2)
石けんでも合成洗剤でも、衣類を入れる前によ〜〜〜〜〜〜〜く溶かしてから洗濯すると、汚れ落ちがものすごく良くなります。
b0019674_22541179.jpeg
泡がたっぷり立つので、アワアワ洗濯と言う場合もありますが、これは溶かしこみ洗濯と言う方がいいと思います。
とにかく、洗浄剤がよーーーーーーーく溶けていると、汚れがきちんと落ち、結果的にニオイもなくなります。

溶かしこみの時間は長い方がよーーーく溶けます。

とはいえ、何十分も攪拌するのも大変。なので、バケツに水と洗浄剤を入れて数時間放置してから洗濯機に入れてみてください。
こんな感じです。
b0019674_23001683.jpeg
このやり方を、えだまめさんが実際にやってみて、実験報告をコメント欄にかいてくださいました。

えだまめさんの承認を得て、全文引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

早速やってみました〜!

いつもと同じように洗面器に粉せっけんを溶かして、一晩放置してから洗いました(生卵の白身のような、まさにとろとろ石鹸になってました〜)

結果は、
・濡れた洗濯物のにおいを嗅ぐといつもよりさらににおわない
→繊維の芯の奥まで洗えている感じ

・せっけんの粉飛びがない
→黒い衣類にはいつも白く粉がついてしまっていたのですが、それが全くない。溶け残りがない。

・石鹸の香りが残っていない
→我が家はミヨシのそよ風を使ってまして、これは微香性の粉石鹸なのですが、いつもは濡れた状態の洗濯物からほのかな香りがしていました。だけど今回は全くしない!これは嬉しいです。

乾けばなくなるほどの微かな香りなのですが、干している間に香ってくるのがあまり好きじゃなかったので・・(本当は無香料のを使いたいけど、近くのスーパーに売っていて手に入りやすいのがそよ風なのでずっと使ってます)

よく溶かしてから洗ったことで、すすぎもスムーズにできたのかな?と思いました。いつもはすすぎが十分じゃなく、洗濯物にせっけんが残っかていたのかも・・。

一晩置いたほうが確かによく洗えているみたいです。水とせっけんがよく混ざって、生地の芯まで洗えているような・・・。
特に香りがしなくなったのが嬉しかったです(^^)洗濯物に鼻をおしつけてかいでみても、なんのにおいもせず(笑)しっかり洗いあがってる感じです。

これはすごいですね。完璧だと思っていた洗濯にさらに上があったとは〜〜(笑)!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以上、素晴らしいレポートでした!
皆さんもやってみてください。




# by akaboshi_tamiko | 2019-07-18 23:14 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
いろいろアップしたい記事があるのですが、いま「グランマ!」の締め切りの最中で、記事を書くのが滞ってます。

ちょっと待ってくださいね。
洗濯の仕方で、溶かし込みやり方をイラストにしようと思ってますので、お楽しみに!

グランマ! 
今回は猫トイレのニオイ。猫は体の臭いは犬より少ないんだけど、排せつ物が超クサい!!
雨続きだったり、湿度が高い日はアンモニア臭がひどくなりますね。

そんなとき、どうやってニオイを軽減させるか、掃除の仕方など。
サキちゃんの家で巻き起こる珍騒動とともにお送りします!
office YOU9月号(7月末発咳)に載りますので、お楽しみに~~~!

# by akaboshi_tamiko | 2019-07-03 18:12 | Trackback | Comments(0)