漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
先日、アメリカからやってきた4人の若者、漫画家の阿部ゆたかさん、イラストレーターの天野恭子さんと一緒に寺田克也さんの個展、寺田器波佐見焼セカンドショー に行ってきた。
b0019674_04302678.jpg
いやーとにかくかっこいい寺田さんのイラスト!(写真は風呂敷。このほかにイラストが焼き付けられた波佐見焼のお皿や器、Tシャツ、イラスト集などが売られていました。どれもかっこよくて、イラスト集にはかっこいいサインが入っていてお買い得でしたよ!)

さて、アメリカ人の4人というのは、イラストレーター、Tシャツなど衣類のデザイナー、写真家、コスプレイヤーという、みんなアート系の人たち。全員が寺田克也さんのファンであり、全員が日本のマンガが大好き。
b0019674_04305723.jpg

プロの日本の漫画家とイラストレーター(私、阿部さん、恭子ちゃん)と、アメリカ人の4人は日本の漫画について熱く語り合ったのだが、このとき、アメリカ人の4人からは「コミック」という言葉は一切出てこず、すべて「マンガ」だった。

そうなんだよね、今や海外では漫画は「マンガ」なのだ。
漫画家もカトゥーニスト(cartoonist)ではなく、マンガアーティストでOK。

彼らは本当にすごいマンガファンで、古いマンガもよく知っていた。
有名どころの漫画家の名前はほぼ網羅していて、あとは日本映画、日本アニメに関しても詳しかった。

しかも、アニメのタイトルだけでなく、監督の名前も次々に出てくるという、完璧さ!

古い漫画は私も当然知っているから話が分かりやすいんだけど、彼らはさすがに20代だけあって、私が知らないような最新の漫画もよく読んでいた。かえって私が彼らから情報をもらうという始末。ありがたい。

とにかく、彼らのマンガに対するリスペクトがすごくて、感動的な飲み会だったのだ。


ところで。
以前、このブログでも書いたことがあるけれど、どうして日本人なのにマンガのことをコミックと言う人がいるんだろう? 

40年前、私が漫画家になったころは、私の周りの漫画家の友人たちは、みんなマンガと言っていた。なのに編集長クラスの人たちがコミックと言ってたんだよなあ。

80年代半ば過ぎにはすでに大友克洋さんが海外で人気を博していたし、どんどん日本のマンガやアニメが広まっていく中、私と同世代の漫画家たちは「漫画でいいじゃん、コミックなんて言わなくてもねえ」と話していたのだった。

コミックと言わずとも、マンガで通じる。マンガは今や世界語なんだから。

クールジャパンを推し進めようとしている政府の方々、その辺、ちゃんと理解しているのかなあ…。クールジャパンのやり方がどうもおかしい、という記事を読むたびに、心配が募るのだった…。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-10-21 04:48 | アート系 | Trackback | Comments(0)
右足の第5中足骨を骨折して2ヵ月が過ぎた。7月29日の夜骨折したので、ちょうど10週間経った。

先週からギプスを外して足を床について歩く訓練が始まった。
松葉杖をついて、右足に全体重がかからないよう、加減しながら歩く練習だ。

右足の腫れは引いて来たし、色も普通になって来た。
b0019674_04080643.jpeg
10月5日の夜に描いてみた。
b0019674_04081771.jpeg
そういえば骨折した直後に描いた足はこちら。色がすごい。エメラルドグリーン?
b0019674_04205279.jpg

こうやって見ると、足が腫れているのがよくわかる。親指も腫れていたんだろうな。
iPadだとPCを開くより簡単に描けるのがありがたい。

この2か月、iPadが心の慰めだったなあ…。本を読み、漫画を読み、絵を描き、ネットをやり。

さあ、あと少しで痛みもなくなるはずだ。体重かけると痛いのは、骨が悪いのではなく、今まで動かしていなかった筋肉が凝っていて痛むのだそうだ。痛みをなくすには少しずつ動かすしかない。リハビリ、頑張ろう。


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-10-08 04:26 | Trackback | Comments(0)
絵を描くのは楽しい。嫌なこと、悲しいことを忘れて没頭してしまう。手がかゆくてかきむしっていたときも、絵を描いていたらその間だけは忘れていた。

b0019674_01591729.jpg

数年前に描いたサクランボのイラスト。自分で描いた中でも結構好きなイラスト。つややかな赤い実、ツルッとした質感が水彩画風に合うと思う。
b0019674_02035188.jpg
雨の日とか、水たまりとか、こういうのも水彩画に合ってると思う。
b0019674_02011751.jpg

こちらはつい最近練習で描いた「夏の終わり」のイメージイラスト。ストライプの敷物が水彩画風だけど、空がちょっとデジタルっぽくなってしまった。iPad Pro で、無料のペイントアプリのMediBang Paint Proというのを使ってみた。

最近はPCやタブレットで絵を描いている。なるべくデジタルっぽくせず、紙に筆と水彩絵の具で描きました、という風に見せたいけど、なかなか難しい。
b0019674_02065468.jpg
これは数年前に描いたもの。フォトショップ。ガラスの質感は水彩画っぽくなったと思うけど、肝心の花がイマイチ。うーん。
あ、最初のサクランボと傘の女の子もフォトショップ。
デジタル臭くならないよう気を付けたつもりだけど、どうかな。

もう少し筆足を見せるようにかいてみたのがこちら。これはタブレットでMediBang。
b0019674_02140908.jpg

これは「絵にならないものを描く」というテーマを自分に課して、ほんとに絵になりづらいものを描いてみた。
ああ、絵にならん…。

上記の海辺のグラスなんて、海、空、ビーチ、カクテルといった、そのアイテムがすでに絵になるものを並べただけなので、なんの苦労もなく絵になってくれた。

でも、今、カルシウム補給のために飲んでいる粉ミルクを絵にするのは難しい。しかもほぼ同じ高さの物が並んでいるだけ、背景はPCなんて、ほんとに絵にならない。ただ、筆のタッチをつけてみて何とか絵作りしてみたけれど、しょせん情緒のないアイテムは絵になりにくい。
b0019674_02141672.jpg

絵にならないアイテムには、せめて花とかチェックのテーブルクロスとか、ちょっと情緒のあるものを加えないと絵にならない。それでもまだ「絵」になってくれないなあ。

デジタルでなるべくデジタルっぽく見えないように描くのが目標なんだけど、難しい。難しいからやりがいもある、かな。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-09-23 02:23 | アート系 | Trackback | Comments(0)

梨のコールスロー

梨は秋の味覚だと思うけれど、今年はまだ暑いうちから梨が出ている。
ありがたい。さっそく梨のコールスローを作った。
b0019674_20582902.jpeg
コールスローとかサラダにリンゴを入れるのは割とよく聞くけど、梨は出回る季節が限られているせいか、よく驚かれる。でも、みずみずしくて甘い梨は少し入れるだけで爽やかな甘さのサラダになる。

前にも書いたけど、私はサラダに砂糖を入れるのはなんとなくイヤだけど、果物を入れるのは大好きなのだ。

作り方をよく聞かれるので写真撮ってみた。
b0019674_21422741.jpeg
キャベツの千切りと梨。キャベツは葉が3〜4枚。梨は丸ごと一個だとちょっと多いかな。この梨は甘かったので4分の3くらいにした。
b0019674_21424087.jpeg
梨も千切り、と言うかザク切りでもオッケー。口に入れたときあんまり大きくなければ大丈夫。
b0019674_21425719.jpeg
マヨネーズを適当に入れ、塩胡椒で味を調える。味をみて、よく混ぜれば出来上がり。

今夜はこのほかに新野特製ジンギスカン。マトンを買ってきて適当に味をつけて、野菜を同じタレで炒め煮したもの、生椎茸の岩塩焼きも。
b0019674_21520551.jpeg
ジンギスカンと野菜がコッテリしていたので、梨のコールスローがさわやかないいアクセントになって、美味しい晩御飯でした。

梨のコールスロー、友だちの目白花ちゃんは、タマネギと梨とか、ホタテを入れたりしてるそうです。ホタテ!美味しそう!
今度やってみよう!

みなさんもぜひ!






[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-29 21:55 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
骨折してほぼ4週間、ギプス生活が続いている。

本来なら松葉杖だが、シルバーカーを使って移動することにした。これが超便利で、松葉杖を使うより移動も楽だし、両手が使えるのも便利。

しかし、シルバーカーならどれでもいいわけではない。
最初に使い始めたものが奇跡的に私の体格にピッタリだったのと、作りも良かった。

脚を乗せて移動するために使うなら、車輪の幅が重要。
というわけで、使い方心得を。
b0019674_20525068.jpeg

こういうシルバーカーは、車に乗せて運ぶ事もあるだろうから、折りたたみできるようになっている。なので、前輪と後輪、どちらかの車輪幅が広く、片方は狭くしてあり、たたんだ時に間に収まるようになっている。

私が買ったのは座面側の車輪幅が狭くて、脚を置きやすかった。

ところが、昔、義母用に買ったものが納戸の奥から出て来たのだが、これは座面側の車輪幅が広いタイプ。これは使いにくかった!しかも座面の高さが高すぎた。
b0019674_20533055.jpeg

私の使い方はあくまでも変則的なものなので、もし同じように使いたい方がいらしたら、自己責任でお願いします。
決してメーカー推奨の使い方ではないし、ほんとに数センチの高さの違いでも使い心地や安全性、危険度は全然変わってきます。

私はたまたま、いい具合に体に合ったものを奇跡的に見つけただけですので、即真似をすると危険です。

しかし……、
本音を言えば、メーカーがこういう場合に使えるカートを作ってくれないかな、とも思います。ほんとに便利だったのでね…

足が治っても、将来またこのシルバーカーを、今度は本来の使い方で押して使うと思います。それまで傷まないよう手入れして保管しなくては。



[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-24 23:57 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)