人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:つれづれ日記( 356 )

先日、友人とバスに乗ったときのこと。
バスは満員で座席はすべて埋まり、通路もぎゅうぎゅう詰めで身動きできないくらいだった。

私と友人は通路に立ってぺちゃくちゃ話をしていたのだが、そこへ赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた。

目の前の座席で30代くらいの若い夫婦と子供二人が座っている。お母さんのほうは3歳くらいの子をだっこし、お父さんのほうが赤ちゃん(1歳くらいかなあ?)を抱っこして、その赤ちゃんが泣き始めたのだ。

泣き声は徐々に大きくなる。あら困ったねえ、早く泣き止んでくれるといいけど…。

そのときフッと、ネットで読んだ話を思い出した。

赤ちゃんを泣き止ませるには、まず親御さんの心を落ち着かせるのが一番。という話だ。

子供が泣きだしたら親はうろたえる。その焦りが子供にも伝わってますます泣くので、まずは親御さんを落ち着かせること。「うるさいなあ」とか「早く泣き止ませろよ!」と言うと、親はますます焦り、子供はますます泣くという悪循環に陥るらしい。

というわけで、私は親御さんに「うるさいと思ってませんよアピール」をしてみた。
私の斜め前にいる赤ちゃんに手を振ったのだ。にっこりして手を振ったら、その子は私のほうをちらりと見た。
「元気だねー」と赤ちゃんに口だけ動かして伝えてみた。

あくまでも親御さんに「うるさいと思ってませんよアピール」なので、聞こえるほどの声で言うのはちょっと恥ずかしかったのだ。

すると、私の隣に立っていた友人が「暑いのかな~? 天気いいもんねー」と、これは赤ちゃんに向かって話しかけたのだ。

さすが! その友人は数年前に孫が生まれ、孫の世話が楽しいと言っていた人なので、赤ちゃんがなぜ泣くかよくわかっている!
私は子供がいないのでどんなときに赤ちゃんが泣くかよくわかってないのだ。

赤ちゃんは私と友達のほうをびっくりした顔で見た。泣き声は次第に小さくなっていく。
お父さんは照れた笑顔で私たちに会釈してくれた。もう赤ちゃんは全然泣いていない。ニコニコしている。お母さんもにっこりしてくれた。

お母さんが抱っこしていたもう一人の3歳くらいの女の子が、次の停留所で降りるためにボタンを押したがっていたので、友人は「はい、こっちのボタン押す? こっちが近いよ」と手を取ってあげたりする。さすがに子供の世話の仕方がよくわかっているなあと感心した。

バスを降りてから友達に「さすが子供の扱いうまいねえ」と言うと、「赤ちゃんてね、なんで泣いているかわからないことがあるから注意をこちらに向けるとびっくりして泣き止むことあるよ」と。

そうなんだ~~~!! 

親御さんに直接話しかけるのは恥ずかしいけど、赤ちゃんに手を振るくらいなら私にもできたし、きっとほかの人にもできるんじゃないかな。(おばちゃんパワーがないと無理かな…?)

親御さんを責めるより、赤ちゃんの気をそらす。これが泣き止ませる一つのコツかも。お試しください。


by akaboshi_tamiko | 2019-03-29 00:31 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

眼瞼下垂

最近ものすごく視力が落ちたような気がしていた。
とにかく何を見ても見えづらい。

本を読むのも、ネットを見るのも、もちろん仕事をするのにも目が疲れるしぼやけるし。
今まで頭痛などほとんどしたことのない私が、なんとなく頭痛というか、頭が重い感じがする。肩こり、首のコリ、背中のコリもひどい。

まあ、トシだからね。目医者に行って診てもらわなくちゃとか、眼鏡を新しく作り直さないと…。と思っていた。

ふと、瞼が垂れ下がって視野が狭くなるというガンケンカスイ眼瞼下垂のことを思い出した。

確かNHKの番組でもやっていて、治療法は垂れ下がった瞼を引き上げる手術がいいらしい。簡単なやり方としては、二重を作るアイプチとか瞼のテープを貼って二重瞼にするといいとか。

で、アイテープを買ってきて、やってみたところ…

なんと、よく見える!! 視界が広い! それだけでなく、漫画を読むときに目をしょぼしょぼさせなくてもいい!! びっくり!!
心なしか肩と首のコリも和らいでいるような気がする!!

たいしたことないと思っていた瞼の垂れ下がり、これが結構いろんなところを邪魔していたんだなあ…。

若いころの目と今の目の違いは、確かに、瞼の形。昔はくっきり二重だったのに、今はものすごい奥二重になっている。その分、瞼の皮が視界を覆っていたのか…。それほど垂れ下がっていたのか…と、ちょっとショックを受けた。

もちろん、眼医者でちゃんと診てもらわねば、と思っている。単なる眼瞼下垂だけならいいけど、白内障とか緑内障とか心配だし。
目は大事にしないとね。

by akaboshi_tamiko | 2019-03-24 20:00 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)
10年以上続いているブログがある。私のブログも2004年くらいから書いているので15年は続いているのだが、内容的にはそんなに面白くないし、毎日更新でもないので歴史の重みはほとんど無い。(断言)

しかし、いくつかのブログ、特に女性の書いているブログには、ものすごい歴史の重みを感じるものがある。

数年前まで読んでいたけれど、しばらく読まなかったブログをまた読んでみたら…。義理の両親を看取った話や、自分のお母さんが認知症になった話がつづられていた。

ほかにも認知症の姑を10年以上お世話して看取った方のブログもある。認知症の親や舅、姑の世話をしているブログを読むと、自分のことと比較して、涙が止まらなくなる。

うちは夫の母と2014~2016年のたった2年間だけ同居してすごした。

義母はいま思えば認知症だった。しかし、分数の計算ができたり、テレビで見た時事問題をメモするなど頭ははっきりしていて、当時は認知症があるとはつゆほども思わなかった。

ただ、食に関心がなくて飴や砂糖ばかりなめたがること、普通の食事をなかなか食べてくれないこと、薬を飲むのを忘れることが問題だった。

私と夫が家を空けるとき、薬を紙に張り付けて、「昼食後に飲む薬」と大きく書いたものをテーブルに貼って出かけたことがある。しかし、義母はそれを飲まずに隠していた。

私たちが帰宅後、「薬飲んだ?」「飲んだよ」という会話があって安心していたら、薬を貼り付けたB4の紙がテーブルの下から出てきたりする。「飲んでないじゃん!」「飲んだよ」「いや、飲んでないよ、ほらこれ、そのまんま残ってるじゃん」「飲んだよ、それは前のだよ」「前にこんな紙に貼るなんてしたことないよ」「飲んだよ」

私は、義母がこんなことでなぜウソをつくのか、本当にわからなかった。

そのころ、義母が認知症であるという診断はまだ受けていなかった。ただ単に、物忘れの一つで、飲むのを忘れていて、それをごまかそうとウソをついているだけだと思っていた。軽い、笑えるウソだし、最初は私も気にしていなかった。

しかし、薬を飲んでいないのに飲んだ飲んだというウソが度重なるたびに、私は腹が立つようになった。大声で怒鳴ったりはしないけれど、なんでウソをつくんだ??? という苛立ちが出てきたのだ。認めればいいじゃん、そんなの!と思うようになっていった。

でも、認知症の親御さんを介護している人たちのブログを読むと、そういうウソ、それが認知症の症状なんだ、と気づかされた。

のちに認知症の検査を受けたけど、図形や計算はバッチリできていたので、認知症だとは思わなかった(信じたくなかった)のだ。本当は、季節がわからない、今が何月なのかわからないというものはあったけれど、それは北海道から千葉に来て、気候が違いすぎるから混乱しているだけだ、と思い込んでいたのだ。私たちが義母のことを認知症だと認めたくなかったのだと思う。

でも、あのウソ、あれが認知症だったんだ…。

私はあの当時、義母がしっかりした頭のいい人だったころのイメージで接していたので、「なんでこんな簡単なことすぐ忘れるのよ!」という苛立ちがあった。

食事をとらず、飴玉と砂糖ばかりなめたがるので、飴玉を禁止したこともあった。
今思うと、好きなだけ食べさせてあげればよかった…。
時々、イラッとした言動をとってしまったな…。と思い出して涙が出る。お義母さん、ごめん。理解できなかったこと、ごめん。

義母だけでなく、今、自分の母もまた認知症の症状が出てき始めた。92歳だから多少の記憶の揺らぎは仕方がないことだけど。
母の対応は、いろんなブログで読んだ知識が役に立つかもしれない。どんな症状が出るのか、どういう対応がいいのか、知らないで接するより、知っておいたほうが断然いいと思う。

今、母と同居している姉がすごく大変な思いをしている。私もちょくちょく帰って少しは手伝いをしなければ。いろんなブログで増えてきた介護の話を読んで、決意を新たにした。

by akaboshi_tamiko | 2019-03-21 20:00 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
私のPCはウインドウズだ。通称「窓」。そのまんまやんけー。
林檎製品(apple社の製品)はほとんど使っていなかった。

スマホが出てきてもiPhoneではなくアンドロイドにしていた。iPhoneのほうがいいよ、と言われてもかたくなにアンドロイドにしていた。なぜかというと、アップル社の製品は、みんながあまりにも強く勧めるので、それにちょっと嫌気がさしていたのだ…。

それと、ウインドウズのほうがデザインがちょっと古い分、使い方がわかりやすかったし。(←と思い込んでいた)

ところが、最近、いろいろ事情がありまして、iPhone購入。そしてiPad購入…。

最初はアンドロイドとの違いにイライラしたけれど、今ではずいぶん慣れてきた。iPadもノートパソコンより断然軽いので、持ち歩きに便利。容量も大きいので動作も軽い。
これは確かにみんなが林檎を勧めるわけだ…と納得。

こうやって、窓の外から林檎売りがどんどんリンゴを入れてくるんだなあ…。
井上陽水はほぼ50年前にこのことを予測していたのか! ……なんちゃって。



by akaboshi_tamiko | 2019-03-20 20:45 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

一秒の長さ

一秒って、意外に長い。
「いち、に、さん」と数えただけでは三秒になってくれない。私の頭の中のリズムでは、これはたいてい短すぎる。

なので、「いーち、にーい、さーん」と数えてみたけど、これだと長すぎたり短すぎたりして安定しない。

長い拍でリズムをとるのは難しいけれど、速いテンポのほうがリズムは安定すると、昔ドラマーの友達が言っていたのを思い出した。

それで、確認作業。

時計を見ながら「いーちにーいさーんしーいごーおろーく…」と言いながら10秒を計ってみると、これがほんとに安定しない。む、難しい…。

短く、速いテンポで「いちにさんしご」と素早く言うと、これが1秒だった。
(私の場合は、ですよ)

3秒を計るときは15数えればいいわけだ。

それも、「いちにさんしごろくしちはちくじゅじゅいちじゅにじゅさんじゅしじゅご」だといちにさんしご」の長さと「じゅいちじゅにじゅさんじゅしじゅご」の長さが微妙に違う。
b0019674_03594176.jpg
なので、いちにさんしご いちにさんしご いちにさんしご と、5までを3回言うと、ぴったり3秒。

10秒カウントのときは「いちにさんしご」を10回。指を折って数える。で、こんなことがなんの役に立つかというと…

野菜をお浸しにするときに使ってるんですけどね…
b0019674_03594996.jpg
他ではあんまり使わないので、というか、ほかで使うことは皆無。こんなに正確に測らなくてもいいので、てきとうに、「いーちにーいさーん」に戻そうかな、と思っている今日この頃でした…。


by akaboshi_tamiko | 2019-01-27 20:37 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

半分、すぎた

2018年も、今日6月30日で半分が終わります。
明日から後半が始まるけど、今年もアッという間に終わるんだろうなあ。

今月はいろいろあって、バタバタでした。
近所の友達の家で子猫が生まれ、里親を探す手伝いをしました。いや~、どの子もかわいいかわいい。
b0019674_14561951.jpg
ミルクティ色と私が名付けた子猫です。かわいいわ~。この子は洗ったらもう少しシルバーグレーに見えました。モニターの色調整のおかげでうちのPCではミルクティ色でした。
b0019674_14573128.jpg


病院から帰ってきたばかりのミルクティ。ちょっと目やにが出ていたので薬を処方され、今ではすっかりきれいになっています。

こちらは黒白のハチ割れ。のらくろか、と思ったら、のらくろは犬でした。こちらはモノクロの猫。少し目やにが出ていたので、やはり同じ薬が出ました。目薬と抗生剤の内服薬。
b0019674_14574332.jpg
b0019674_14574835.jpg
モノクロハチ割れ、すっかりきれいになりました!かわいい、猫らしい猫です。

そしてこちらは三毛と白グレーのブチ。この二匹はすぐに貰い手が見つかりました。
b0019674_15031303.jpg


そして、さらに3匹!! 同じ親から生まれた三つ子で、全員ボブテイル(短いしっぽ)です。
b0019674_15063031.jpg
ミルクティ、白黒ハチ割れ、三毛、白グレぶち、三つ子の合計7匹の里親探しで、今月は手一杯。

今はいろんな事件もあるので、里親探しは大変です。虐待する飼い主には渡せないし、ちゃんと避妊手術をしてくれる人じゃないと渡せません。

うちも以前、里親サイトで子猫を譲ってもらおうといろいろ探したとき、昔にはなかった厳しいルールを見かけました。
その中の一つがアンケートです。ちゃんとワクチンを打ちますか、ちゃんと避妊手術しますか、というものから、飼い主の年齢や飼う環境についての質問など。

確かに、今の猫は寿命が長く、20年生きることも多いのです。私たち飼い主より長く生きる猫だっているのです。だから、最近の里親サイトでは60歳以上の人には渡さないところも多いようです。

そういうことを事細かに聞かれるアンケートは、人によっては「うるせえ!」と思うかもしれませんが、いろんな質問に答えることによって、ちゃんと飼う自覚がわく場合だってあるでしょう。

猫や犬は、動物だけど、ペットというものは家族の一員です。

不幸な子猫が増えないよう、人間が気を使わねば。
さあ、あと3匹、里親見つけるまで頑張ろう!!

※三毛と白グレぶちはすでにもらわれていきました。三つ子のボブテイルも、右の子と真ん中の子は貰い手みつかりました。

あと3匹、どの子もかわいくて人気者です。(選んだ人たちもすごく悩んでました。選ぶ決め手は、顔を見たときなんとなく感じる相性かな? 外見はもう、どれもみんなかわいいです!)


by akaboshi_tamiko | 2018-06-30 15:20 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

アクセスにあくせく

昨日は一日中、スマホとPCのことで動き回った日だった。

最初は、不具合の出たiPad miniを買い替えるかどうしようか、というだけのつもりでパソコンショップへ行ったら、結局あれこれ変えることになった。

まあ、いろいろあったけど、手っ取り早く言うと、私のスマホがアンドロイドからiPhoneになり、夫のガラケーがiPhoneになったのだ。この顛末もikwsk(いずれ詳しく)。

さて、私のスマホはPCショップで全部設定をやってもらったので、アドレス帳もラインもフェイスブックもなんの問題もなく使えた。ホッとして帰宅後、PCでラインをやろうとしたら、アクセスできなくなっていた。まずい、設定が変わったので、新たに設定しなおさないといけないのか…。

そう思ってPCのラインの設定をあれこれいじってみた。
今までのラインのアイコンをクリックして、メルアドを入れ、パスワードを入れ、スマホに届いている認証番号を入れた。しかし、これが何度やっても何度やっても失敗する。

うう…PC素人の悲しさよ…。高齢者の悲しさよ…。とにかく、失敗するのは何かが間違っているのだ。でも、その「何か」がわからない。あくせくあたふたPCに向かい、ほとんどあきらめかけたそのとき…!

ふと一つの言葉が頭に浮かんだ。
b0019674_02472775.jpg

なんと!
アンインストール!!
簡単なことだった。今入っているLINEを、いったんアンインストールして、まっさらな状態で、新たにLINEをダウンロードすればよかったのだ。

なんか、もう、私はいま、一つの大きなことをやり遂げた充実感、達成感に包まれている。
一つのアプリをアンインストールして再度インストールして使えるようになった…!
ぃやった~~~~!小躍りしたい気分である。

人類にとっては小さな一歩だが、私にとっては大きな一歩だった。キリッ
あ~よかった!


by akaboshi_tamiko | 2018-05-19 03:03 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

悲劇、還暦!

何十歳になっても、特に悲しいとは思わないのですが…

還暦になった今、風邪をひいてしまい、長引いています。それが悲劇、ってことでね。

悲劇、還暦!の元ネタを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?
私と同世代なら当然、ハウスバーモントカレーのCMで、西城秀樹が「ヒデキ、感激~!」と言っていた、あのCMを思い浮かべるはず。

その西城秀樹さんももう63歳。
2003年に脳梗塞を発症され、2011年に再発と、大きな困難に見舞われても、リハビリに励み、快報しているとのことです。

大きな病気を克服なさった方が芸能人にいると、その回復の様子が励みになります。

私も風邪くらいでうだうだしていてはいけないですね。
しかし、この風邪、咳がひどくてですね…。風邪のせいというよりも、ハウスダストのせいではないか、猫の毛のせいではないか、と…。

明日は家じゅう掃除をします!がんばります! 悲劇、の間隙を縫って、頑張るぞ!!

by akaboshi_tamiko | 2018-04-20 17:36 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
エイプリルフールネタを書いてから、アッという間に2週間が過ぎました。

4月14日は宮崎県延岡市で同窓会。この日は午前中から予定が目白押しなので、前日には日之影についていなければなりません。なので、13日の飛行機のチケットを取りました。
ということは、12日の夜までには仕事を終わらせねばなりません。

仕事を頑張るために、「相棒」のDVDを借りてきてBGM代わりに流しっぱなししていました。
これがのちの悲劇を生むとは知らず……。

普段はテレビをつけっぱなしで仕事をしていると、番組で曜日がわかります。でも、このところずっとDVDだったので、曜日感覚がなくなっていました。

しかも、「相棒」は水曜放送。4月12日の夜、私はまだ水曜だと思い込んで仕事をしていました。
(11日だと思っていたのです)

私はラインもPCでやるので、PCの画面の片隅に同級生の投稿がちょこちょこ出てきます。

同級生の「今日から宮崎に出発します。今宵は○○君と食事します」という投稿があり、ずいぶん早く出発するんだなあ、と思いました。14日の同窓会にでるのに11日(水曜日)に出るのか~、いいなあ、と。

でも、なんとなく胸騒ぎがして、カレンダーをじっくり見たら、その日が12日だということに気づきました!

いや~~~~ん!!
水曜だと思ってたのに~~~~~~!! 木曜じゃ~~~~~ん!!!

あと一日あると高をくくっていたのが、ぎりぎりだったんですよ~~~~~~!!

んもう!! 「相棒」のバカッ!! 面白いからずっとつけっぱなししてたじゃん!! 生放送の番組を見てないから曜日わからなくなったじゃん!! そして、なんとなく見終わった後、水曜日だと思い込んだじゃん!!(←すべて自分のせい)

つい1分前までは「まだ水曜だから、今夜は10時くらいまでで終わって、あとは明日仕上げをすれば終わるわ」とのんきに思っていたのに!!

今は木曜の夜だ!と気づいたときの嫌な感触…。いや~な汗がじんわりとにじみ出る感じ…。

気づいてからは、わき目もふらずに絵を描き、なんとか朝までには仕上げました。それを送信してから、旅行の支度。
いろいろ持っていくものがあったけど、かなり忘れてしまった。姪っ子に渡すものとか、お土産とか…。

それでもまあなんとか飛行機に間に合い、無事実家について、14日には同窓会、二次会、三次会まで出席しました。

楽しい同窓会でした。
なんとか仕事が終わってよかった。でも、仕事は早め早めに上げないとね。これから先、何があるかわからないし。
相棒を見るときは気をつけねば…(←そこじゃない)

by akaboshi_tamiko | 2018-04-17 23:14 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)

お花見

先週から今週にかけて関東地方では桜が開花し始めました。
3月28日に、佐倉城址公園までちょっと出かけて桜を見てきました。
b0019674_22280543.jpg
都内の大混雑と違って、すっきり広々とした公園で、みなさんゆったりと花見を楽しんでました。
b0019674_22283104.jpg
b0019674_22282487.jpg
b0019674_22283587.jpg
優雅だなあ。ちょこっと行って、ちょこっと見てきただけで、車から降りて5分も歩かなかったけど、それでもお花見気分を満喫しました。
b0019674_22335391.jpg
実はこのとき、うちの小町を連れて車に乗っていったので、猫を車の中に長い時間おいておくわけにもいかず、ほんの少し外に出ただけだったのです。こまちの緑の目と、私のボアセーターの桜色がちょっとお花見っぽいかな。

明日は上野公園で、友達主催のお花見があります。
久々に家を出て、お花見してくる予定です。全部散ってはいないと思うけど、どのくらい残っているのかな。
混んでいるだろうなあ…。


by akaboshi_tamiko | 2018-03-30 22:36 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)