漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:つれづれ日記( 350 )

アクセスにあくせく

昨日は一日中、スマホとPCのことで動き回った日だった。

最初は、不具合の出たiPad miniを買い替えるかどうしようか、というだけのつもりでパソコンショップへ行ったら、結局あれこれ変えることになった。

まあ、いろいろあったけど、手っ取り早く言うと、私のスマホがアンドロイドからiPhoneになり、夫のガラケーがiPhoneになったのだ。この顛末もikwsk(いずれ詳しく)。

さて、私のスマホはPCショップで全部設定をやってもらったので、アドレス帳もラインもフェイスブックもなんの問題もなく使えた。ホッとして帰宅後、PCでラインをやろうとしたら、アクセスできなくなっていた。まずい、設定が変わったので、新たに設定しなおさないといけないのか…。

そう思ってPCのラインの設定をあれこれいじってみた。
今までのラインのアイコンをクリックして、メルアドを入れ、パスワードを入れ、スマホに届いている認証番号を入れた。しかし、これが何度やっても何度やっても失敗する。

うう…PC素人の悲しさよ…。高齢者の悲しさよ…。とにかく、失敗するのは何かが間違っているのだ。でも、その「何か」がわからない。あくせくあたふたPCに向かい、ほとんどあきらめかけたそのとき…!

ふと一つの言葉が頭に浮かんだ。
b0019674_02472775.jpg

なんと!
アンインストール!!
簡単なことだった。今入っているLINEを、いったんアンインストールして、まっさらな状態で、新たにLINEをダウンロードすればよかったのだ。

なんか、もう、私はいま、一つの大きなことをやり遂げた充実感、達成感に包まれている。
一つのアプリをアンインストールして再度インストールして使えるようになった…!
ぃやった~~~~!小躍りしたい気分である。

人類にとっては小さな一歩だが、私にとっては大きな一歩だった。キリッ
あ~よかった!


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-05-19 03:03 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

悲劇、還暦!

何十歳になっても、特に悲しいとは思わないのですが…

還暦になった今、風邪をひいてしまい、長引いています。それが悲劇、ってことでね。

悲劇、還暦!の元ネタを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?
私と同世代なら当然、ハウスバーモントカレーのCMで、西城秀樹が「ヒデキ、感激~!」と言っていた、あのCMを思い浮かべるはず。

その西城秀樹さんももう63歳。
2003年に脳梗塞を発症され、2011年に再発と、大きな困難に見舞われても、リハビリに励み、快報しているとのことです。

大きな病気を克服なさった方が芸能人にいると、その回復の様子が励みになります。

私も風邪くらいでうだうだしていてはいけないですね。
しかし、この風邪、咳がひどくてですね…。風邪のせいというよりも、ハウスダストのせいではないか、猫の毛のせいではないか、と…。

明日は家じゅう掃除をします!がんばります! 悲劇、の間隙を縫って、頑張るぞ!!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-04-20 17:36 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
エイプリルフールネタを書いてから、アッという間に2週間が過ぎました。

4月14日は宮崎県延岡市で同窓会。この日は午前中から予定が目白押しなので、前日には日之影についていなければなりません。なので、13日の飛行機のチケットを取りました。
ということは、12日の夜までには仕事を終わらせねばなりません。

仕事を頑張るために、「相棒」のDVDを借りてきてBGM代わりに流しっぱなししていました。
これがのちの悲劇を生むとは知らず……。

普段はテレビをつけっぱなしで仕事をしていると、番組で曜日がわかります。でも、このところずっとDVDだったので、曜日感覚がなくなっていました。

しかも、「相棒」は水曜放送。4月12日の夜、私はまだ水曜だと思い込んで仕事をしていました。
(11日だと思っていたのです)

私はラインもPCでやるので、PCの画面の片隅に同級生の投稿がちょこちょこ出てきます。

同級生の「今日から宮崎に出発します。今宵は○○君と食事します」という投稿があり、ずいぶん早く出発するんだなあ、と思いました。14日の同窓会にでるのに11日(水曜日)に出るのか~、いいなあ、と。

でも、なんとなく胸騒ぎがして、カレンダーをじっくり見たら、その日が12日だということに気づきました!

いや~~~~ん!!
水曜だと思ってたのに~~~~~~!! 木曜じゃ~~~~~ん!!!

あと一日あると高をくくっていたのが、ぎりぎりだったんですよ~~~~~~!!

んもう!! 「相棒」のバカッ!! 面白いからずっとつけっぱなししてたじゃん!! 生放送の番組を見てないから曜日わからなくなったじゃん!! そして、なんとなく見終わった後、水曜日だと思い込んだじゃん!!(←すべて自分のせい)

つい1分前までは「まだ水曜だから、今夜は10時くらいまでで終わって、あとは明日仕上げをすれば終わるわ」とのんきに思っていたのに!!

今は木曜の夜だ!と気づいたときの嫌な感触…。いや~な汗がじんわりとにじみ出る感じ…。

気づいてからは、わき目もふらずに絵を描き、なんとか朝までには仕上げました。それを送信してから、旅行の支度。
いろいろ持っていくものがあったけど、かなり忘れてしまった。姪っ子に渡すものとか、お土産とか…。

それでもまあなんとか飛行機に間に合い、無事実家について、14日には同窓会、二次会、三次会まで出席しました。

楽しい同窓会でした。
なんとか仕事が終わってよかった。でも、仕事は早め早めに上げないとね。これから先、何があるかわからないし。
相棒を見るときは気をつけねば…(←そこじゃない)

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-04-17 23:14 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)

お花見

先週から今週にかけて関東地方では桜が開花し始めました。
3月28日に、佐倉城址公園までちょっと出かけて桜を見てきました。
b0019674_22280543.jpg
都内の大混雑と違って、すっきり広々とした公園で、みなさんゆったりと花見を楽しんでました。
b0019674_22283104.jpg
b0019674_22282487.jpg
b0019674_22283587.jpg
優雅だなあ。ちょこっと行って、ちょこっと見てきただけで、車から降りて5分も歩かなかったけど、それでもお花見気分を満喫しました。
b0019674_22335391.jpg
実はこのとき、うちの小町を連れて車に乗っていったので、猫を車の中に長い時間おいておくわけにもいかず、ほんの少し外に出ただけだったのです。こまちの緑の目と、私のボアセーターの桜色がちょっとお花見っぽいかな。

明日は上野公園で、友達主催のお花見があります。
久々に家を出て、お花見してくる予定です。全部散ってはいないと思うけど、どのくらい残っているのかな。
混んでいるだろうなあ…。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-03-30 22:36 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)
2018年1月1日

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
去年はいろいろ病気や体調不良がありましたが、今年はそれを乗り越えていきたいと思います。

さて、去年の暮れにウーマンラッシュアワーの漫才が話題になりました。

普段テレビでは御法度になっている政治ネタ(原発、北朝鮮、沖縄、被災地など)が入っていて、それをテンポよくガンガン話して、「よく言った!」という称賛の声が上がったのです。

テレ朝の「羽鳥慎一モーニングショー」の中の「そもそも総研」というコーナーでも17分にわたって話し合われています。漫才も紹介されていて、これは権利の関係で削除されてしまう可能性が高いので、早めに見てください。
そもそも原発、沖縄、政治はお笑いのネタにしてはいけないのだろうか?
(音が結構大きいです。会社で開く人は気を付けて!)

スタジオの出演者たちの声の中で、私がすごくびっくりしたのは、「親しい友人や家族でも、政治の話はしちゃいけないって雰囲気あるじゃないですか」という言葉。

ええっ、政治の話とかしちゃいけない雰囲気って何???
そんな雰囲気、だれが作ったの???? どこにあるの???? 
うちの夫婦は政治ネタをガンガン話すし、姉や姪っ子たちとも話すし、友達とも話します。


それと、「テレビは不倫ネタばかりやってるけど、需要があるからやっているんですよ、と言い訳しながらやっている」「不倫ネタは実際視聴率とれるんですよね」という言葉。

視聴率とれる、と言っても、見ている人が1000万人のうちの20%なのか、500万人のうちの20%なのか、100万人のうちの20%なのか、によって、人数は変わってきます。

テレビ離れが言われて久しいこの時代、小さなパイで20%とるより、大きな大きなパイで5%とるほうがいいんじゃないの? 
100万人しか見ていないテレビの20%は20万人。
1000万人の5%は50万人。

単純に視聴率だけを考えていると、見ている人の総数は計れません。
視聴率獲得競争に堕すると、パイはどんどん小さくなっていくのに。

年末は相撲ネタと不倫ネタばっかりだったので結局テレビ見るのやめた、という人、周りにたくさんいました。

面白いテレビが見られる社会になってほしいなぁ。いろんなネタがたくさん出てくるテレビ。
そして、出版も。

テレビ界も出版界も、元気になってもらいたい。
私がものすご~~~~く面白い漫画を描いて、牽引したい!……………なんて、……………超身の程知らずも、ほんのちょっと抱きつつ、今年は頑張っていきたいです。

夢は高く大きく、目標はちょっと小さく低めに。ということで、目の前の紙に下書きを早く入れよう!という目標を今立てました

追記:
視聴率について調査元のビデオリサーチ社の説明を読むと、『世帯視聴率からは「世帯数」、個人視聴率からは「人数」が推定できます。…たとえば関東地区なら、視聴率1%あたり17万世帯が見たことになる』のだそうです。

ビデオリサーチ社でもテレビ視聴人口の減少は把握しているでしょうから、30年前の1%と今の1%では世帯数の換算は変わってきているかもしれません。

いずれにせよ、昔の1%よりいまの1%のほうが世帯数や人数は減っているのではないかな…。テレビ離れ、すごく言われてますもんね。

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-01-01 20:57 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
昨日は渋谷へ行き、帰るときの電車で、私が席を譲ろうとしたら断られた、という話を書きました。
実は、行きの電車内でも、席を譲る話があったんです。

昨日の朝の電車はかなり混んでいて、座る席が全然ありませんでした。
仕方がないのでずっと立っていたら、あとから乗ってきた若い女性が、私の右隣に立ちました。その女性の前に座っているのは40代くらいの男性。

その男性、次の駅に着いたとき立ち上がったので、私は「あ、座れるかな~」とほのかに期待しました。だけど彼は、若い女性に「どうぞ」と声をかけたのです。

えー、なんだよー、高齢者に譲らず、若い女性に譲るの~? んもう、男ってやつは…と黒い思いが頭をよぎりました。(だって、疲れてたんだもん…)

しかし、その女性が「ありがとうございます」と言って座ったとき、彼女のバッグに「妊婦さんマーク」のバッジがついていたのが見えました!

おお! 

さっきまで「若い女に甘い男だ」と思っていたマイナス評価が、いきなり「さすが!気が利く男性!GJ!」とプラス評価に!

その女性も、ホッとした表情で座っていました。私は何となくウキウキして、思わず心の中で「よかったねえ、座れて!」とつぶやいていました。

佐倉~渋谷までの約1時間半、私には誰も席を譲ってくれなかったけど、「譲ってもらえないってことは、若く見えるからね!」と思うことにして、まあ頑張って立ち続けたのでした。(青山一丁目で乗客がダーッと降りて行って座れたときはうれしかったなあ…)


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-09-22 18:05 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)
今日は、取材と撮影で渋谷まで行ってきました。朝7時台の電車に乗って渋谷へ。
電車はずっと混んでいて、結局佐倉~青山一丁目まで1時間半くらい座れなくて立ってました。ふう…。けっこう疲れたなあ…。

なので、一仕事終えて帰るときは、絶対座れる銀座線にしました。(渋谷は始発駅なのでね)
電車にのってすぐに座って本を読んでいたら数駅が過ぎました。ふと目を上げたら、向かい側のシートの前に、70代後半くらいの女性が手すりにつかまって立っています。

その女性の前に座っている人が席をゆずるかも?と思って、ちょっと見てたのですが、全然譲る様子はありません。

なので、立ちあがり、その女性の肩をたたき、「席、どうぞ」と声をかけました。(自分の真ん前にいるなら、ただ黙って立つだけなんだけど、ちょっと離れていたので声をかけないとほかの人が座ってしまうので)

そうしたら、「あ、次で降りるので大丈夫ですよ」と、断られたのです。

ふつう、席を譲ったのに断られたら、いったん立った人は照れくさくてその席に座れないと、よく聞きます。

でも私は、「あら、そうですか」と言ってすぐに元の席に座りました
それって、恥ずかしいかなあ? 
だって私は、基本、座りたいんだもん。譲って断られたら、また座ります。何のためらいもなく。

そのうち電車は次の駅に到着。その女性は、降りるとき私に向かってにっこりして「ありがとうございます」とお礼を言ってくれたんですよ。譲ってないのに!

譲ろうとしてくれた人がいる、ということがうれしかったのかな。

私も、お礼を言われて、ちょっとほのぼのした気持ちになりました。譲ってないのに、お礼を言ってくれた、その女性の気持ちがうれしくて。

席を譲るのも、譲られるのも、それを断るのも、まあ、気にせずパパッとやればいいか。もし、「そんな年じゃない!」と怒られたとしたら、「失礼しました」と言って私は座ります。いいじゃん、座りたくない人には座らせなくて。席は座りたい人のためにあるんです。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-09-22 00:56 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)

二度寝とマスク

今朝は7時に目が覚めて、二階の寝室からリビングに降りてきました。
そこでちょっと横になっていたら……二度寝してしまい…

ピンポーン♪
あれ、誰だ? 
インターホンのスイッチを入れると……そこには友達の顔が!
「おはようございま~す、お迎えにきました~」

「ゲエエエエッ!! ご、ごめん、いま起きた!!」と、慌てて玄関へ飛び出すと、友達が「5分、10分くらいなら待てますよ~」と言うのです。
そう、お出かけの約束をしていたのに、その時間に寝ていたという、最悪の展開!

「ちょっと待ってて!!」と家へ飛び込み、二階に走り、目についた一番上にあった服をダダッと着て、シャカシャカ歯を磨いて、髪をゴムで縛り、財布とスマホをバッグに入れて飛び出したら、友達が「すごい!! ほんとに5分で出てきた!!」とびっくりしてました。

ノーメイクで、髪もぼさぼさなんだけど、友達が「うちの車には娘(がノーメイクで出かけるとき)のためにマスク用意してあるから!」と言って、一枚くれました。はい、マスクつけて出かけてきました。

それにしても、寝起きから5分で家を出られたなんて、自分で自分をほめてあげたい。いつもの寝起きの悪い私からは考えられない快挙で、今年一番と言ってもいいくらい特筆すべき出来事でした!

ああ、それにしても、マスクがあってよかった…。ずーっとマスクして歩きました。これはこれで楽ちんではありましたが。せめて髪の毛はもう少しまとめておけばよかった…。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-09-02 23:25 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

嬉しいほめ言葉とは…

これは私だけのことかもしれないけれど、褒められてうれしい言葉って、実はすごく気にしている部分だったり、できていない部分だったり、ということがあります。

例えば、ずいぶん昔にある友人から「アカホシさんて努力家だよねー」と言われたことを、私は今も心の中で宝物のように大事に大事にしています。

実際に努力家かどうかは、置いといて…。
確かに、その友人は、私がある趣味に関してこつこつ努力しているのを見て、そう言ってくれたのだけど、じゃあそれ以外のことで努力家かどうかというと、まったく違います…。

実は私は努力が苦手で、やらなきゃならないことを後回しにして好きなことだけやる、という自分の性格、生き方に、ひどくコンプレックスを持っているのです。だから、ほんの一面、一部分だけを見て「努力家だよねー」と言ってもらえたことが超うれしかったのでした。

あと、「○○な人だね」と言われて超うれしくて有頂天になったことも…。○○ではない人だからこそ、言われてうれしかったんだろうなあ…。(この「○○」って、最初ちゃんと書いていたんだけど、これを読んだ人が「え~~~、アカホシさんがそんな風に言われることなんて絶対ないよ!」と思うだろうな、、、と思って、自主規制)

と、こんな内面吐露記事って、ちょいと恥ずかしいのですが、ちゃんと努力して、こつこつ進めなければならないことがたくさんあって、自分のお尻をたたく意味でも、書いてみました。

こつこつやれ、自分! がんばれ!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-08-14 22:24 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
最近、シャツやブラウスの前だけをスカートやパンツの中に入れるという着こなしをよく見かけます。
こういうのね↓↓
b0019674_00361257.jpg
なんで前だけ入れて、後ろは出しっぱなしにするのか。どうも不思議な感じがしていたので、私は絶対やらないと思ってました。

ところが、ですね、うっかり買ってしまったブラウスとスカートが……
ブラウスの後ろも前も全部入れてしまうとなんかヘン。全部出してしまうのもバランス悪い…
こんな感じ↓↓
b0019674_00393167.jpg
それで…ですね、なんだかやっぱりこれは、前だけイン、というのもやってみてもいいかも、なんて考えてですね、はい、やってみたわけなんですよ…
はいこれ↓↓
b0019674_00403434.jpg
おお、これは!! なかなかいいじゃん、と思って出かけました。
後ろが出てるのは気にならない。前だけ入れると、スカートのベルト部分がリボンになっているもちゃんと見えて、なかなかいいではないですか!

そして、出かけて帰ってきたところ、夫が一言

「上着の前が、中に入ってるぞ」

「……」

「入ってるぞ」(明らかに、「直せば?」というニュアンスで)

「これは、入れてるの! わざと!」

「ふーん」

……。
まあ、この着こなし、オジサンにはわかるまい。私だってこのシャツを買うまでは絶対やんないと思ってた着こなしですしね。
でも、5年後に見たらどう見えるのかな。

ファッションとは、ほんとに難儀なものよのう…。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-08-01 00:47 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)