人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:アート系( 56 )

絵を描く人

竹橋の近代美術館の「このどうしようもない世界を笑い飛ばせ 福沢一郎展」を見てきました。その感想はまたあとで。

今回も近代美術館でやっている所蔵品ガイドツアーについて。
以前、実際にツアーに参加したことがあって、梅原龍三郎の絵についていろいろ思うことがあった。
(興味のある方はこちらをどうぞ→梅原龍三郎はナルシストか?

さて今回は 禹煥(リ・ウーファン、Lee U-Fan)の絵について。

この絵の前をたまたま通りかかったら、ガイドの女性が参加者の方たちに説明をしているところだった。
b0019674_00412252.jpg
「作者は呼吸のリズムにのせて筆を動かしてこの絵を描いています。筆のストロークが…」というような説明が聞こえた。
b0019674_00481528.jpg
これを聞いた年配の男性が「これは筆なんですか?」と質問した。

ガイド「ええ、筆です」
参加者「でも、どうして上のほうに白いカスレがあるんですか?」
確かに、すべての線の始まりにきれいに白いカスレが入っている。そのカスレというか、白い部分がどうしてできたのかが不思議なようだ。
b0019674_00482172.jpg
ふつう、筆に絵の具をつけてそれで線を引くと、こんな感じで白いカスレはなかなか出にくい。白い部分を出すにはいくつかの方法がある。
b0019674_01020155.jpg
この絵にあるような白い部分は、筆に青い絵の具を含ませたあとに白い絵の具をちょこっとつけて描いたんだろうな、と思っていた。こんな感じ。↓↓
b0019674_01042593.jpg
これだと頭のところにちょこっとだけ白が入ると思う。(または、下地の白がまだ乾いていないときに筆をおいたのかもしれない。いろいろテクは考えられる)

しかし、ガイドの方は答えにくそうだった。

ガイド「そうですねえ、どうしてなんでしょうね」
参加者「これはもしかしたら横にして描いたのかもしれないですね」
ガイド「それは新説ですね!」

ガイドの方もこういう質問が来るとは想定していなかったと思う。でも、困っているようには見えなくて、楽しそうに参加者の方と会話していたのが見えた。

美術は、いろんなことを思いついて、みんなであれこれ話すのが楽しいんだよね。
技法のことがわかる人がいたら、かえってそこで話が終わってつまらなくなるかもしれない。
私の思いついた技法以外にも、あの白い部分を出す方法はあると思うけど、そういう技法を考えるのもまた楽しい。

美術はやっぱりいろんなことを話して楽しむのが好きだな。と思った日でした。



by akaboshi_tamiko | 2019-03-18 01:28 | アート系 | Trackback | Comments(0)
商業誌で印刷する場合、インクを使って印刷するので、やっぱりCMYKになる。やっぱりフォトショだね…。

クリスタで絵を描くと、着彩がすごく楽になるよ、と言われて楽しみにしていた。コミスタで線画、フォトショで着彩という二度手間が、クリスタだけでOKだし。

でも、クリスタはRGBしかできないのだった…。
いや、CMYKのカラーバーは出すことができる。でもそれは中身(モード)はRGBなのだ。

クリスタで肌色をM10 Y10にして色を塗ったのだが、それをスポイトでとるとM7Y7になった。
やっぱり…。

スポイトで取ると色が変わるのがRGB。これはフォトショでも同じ。だからフォトショで描くときはCMYKモードにしている。これだとスポイトで色をとっても全然変わらない。

フォトショでも、RGBモードでカラーバーはCMYKにできる。その場合はやっぱりスポイトで色をとると微妙に変わる。

だから、印刷媒体に出すときは必ずCMYKモードにしている。
クリスタでもCMYKモードになると思っていたら……。それはカラーバーの表示だけだった…。

今は印刷所とか編プロとかデザイン事務所でRGBでもちゃんときれいにしてくれる。一体どうやって?と不思議だったのだが、それは彩度を上げているだけだと、あるデザイナーさんに聞いた。
彩度だけですか?と聞いたら、そうです、とのこと。それだけでもけっこう手間がかかるとおっしゃってた。

うーん…。全体的に彩度を上げるだけだと、画面全体のバランスとか違ってくるし、企業のロゴとかだと、決まった色味があるから、自分じゃない人が彩度を上げて色味が変わったら嫌だし…。

というわけで、やっぱりフォトショでCMYKになった。
インクを使った印刷だと、やっぱりCMYKで描くのが一番自分の思った通りの仕上がりになる。私の描くのは割合かっちりした色付けのシンプルなイラストだし。

クリスタでCMYKモードができればいいのに、今のところカラーバーの「表示だけ」のようだ。
紙に印刷する仕事もこれからはどうなるんだろう。全部WEBになるのかなあ。チラシとかも、紙じゃなくて、国民全員がタブレット持ってて、それで見るのかな。そんな時代が来るかもしれない。

印刷会社というか、インク会社のこれからはどうなるのかを案じつつ。
DIC川村記念美術館もどうなるのかな…アンナの光が売却されたのも、そのせいかな…。なんてね





by akaboshi_tamiko | 2019-02-22 23:15 | アート系 | Trackback | Comments(0)
なかなか作品を作らない、または発表しない人は、同業者にどう思われるのかが怖くてやらない場合が多い、というのをどこかで読んだ。

そうだよなー…。新しいことに挑戦するのって、下手だとかセンスないとか言われたらがっくり来るから、出さないでいよう…って思ってしまう。そうして上達しないまま死んでいくのだ。
残り少ない人生、描きたいものを書いてみよう。練習あるのみだ!!

そして、こういう練習をしてから仕事に取り掛かると、スタートしているので、取り掛かりが速くなるような気がする。
あの仕事、あっちの仕事、ちょっと連絡してなくてすみません、というような仕事に取り掛かるのにも、ちょっといい感じ。

さあやるぞ!

というわけで、エマ・ワトソンを参考にして描いてみた。あんまり似なかったけど、似顔絵を描いたつもりではなく、クリスタでの色付けの練習。
下書きをして、色付けをちょっと変えてみた。
さて。
b0019674_03441650.jpg
↑↑これはふつうに着彩。

↓↓下の二つは固有色をあえて違う色にしてみた…
b0019674_03442268.jpg

あんまり冒険した感じがしないなあ…。
b0019674_03442789.jpg
こういうのより、昨日メモ帳で描いたざっくりした絵のほうが好き…。
これですね… ↓↓
b0019674_03492514.jpg

これは勢いあるからなあ…。攻めてる感じが自分でもする。
攻めてる絵を描いてみたいと思いつつ、さて。

by akaboshi_tamiko | 2019-02-04 02:20 | アート系 | Trackback | Comments(0)

iPadでお絵かき

iPadのメモ帳機能でもお絵かきができるのをすっかり失念していて、メモ帳で描いてみた。
公開するほどの出来ではないけれど、まあ、公開しないと上達しないのでアップすることに。

えっと、これは今日一番の衝撃だった写真を見て描いてみた。
b0019674_19451437.jpg

ご本人は「大丈夫!ほっといて!」と言っているらしいのだが…。
スティーブン・キングの「痩せゆく男」がふと頭に浮かんだ…。

b0019674_20104863.jpg
そら吉を思い出して一番前に。あとは、先代のコマちゃんとふふみ。
うちの猫たちはみんな完全室内飼育なので、草地の上を歩いている写真はない。でも草地を歩いているような感じにしてみた。やっぱり猫と草原は似合うなあ…
b0019674_19443241.jpg
うちの猫はキジトラなんだけど、茶トラにしてみた。窓の向こうには家とフェンスが見えるのを木々にしてみるとか、そういう変更ができるのが絵のいいところ。

iPadのメモ帳機能、単純なだけに画面が広く使えて便利。
下書きレイヤーとか、レイヤーわけができないのがつらいところ。
でもササッと描くにはいいかも。

by akaboshi_tamiko | 2019-02-02 19:53 | アート系 | Trackback | Comments(0)
先日、アメリカからやってきた4人の若者、漫画家の阿部ゆたかさん、イラストレーターの天野恭子さんと一緒に寺田克也さんの個展、寺田器波佐見焼セカンドショー に行ってきた。
b0019674_04302678.jpg
いやーとにかくかっこいい寺田さんのイラスト!(写真は風呂敷。このほかにイラストが焼き付けられた波佐見焼のお皿や器、Tシャツ、イラスト集などが売られていました。どれもかっこよくて、イラスト集にはかっこいいサインが入っていてお買い得でしたよ!)

さて、アメリカ人の4人というのは、イラストレーター、Tシャツなど衣類のデザイナー、写真家、コスプレイヤーという、みんなアート系の人たち。全員が寺田克也さんのファンであり、全員が日本のマンガが大好き。
b0019674_04305723.jpg

プロの日本の漫画家とイラストレーター(私、阿部さん、恭子ちゃん)と、アメリカ人の4人は日本の漫画について熱く語り合ったのだが、このとき、アメリカ人の4人からは「コミック」という言葉は一切出てこず、すべて「マンガ」だった。

そうなんだよね、今や海外では漫画は「マンガ」なのだ。
漫画家もカトゥーニスト(cartoonist)ではなく、マンガアーティストでOK。

彼らは本当にすごいマンガファンで、古いマンガもよく知っていた。
有名どころの漫画家の名前はほぼ網羅していて、あとは日本映画、日本アニメに関しても詳しかった。

しかも、アニメのタイトルだけでなく、監督の名前も次々に出てくるという、完璧さ!

古い漫画は私も当然知っているから話が分かりやすいんだけど、彼らはさすがに20代だけあって、私が知らないような最新の漫画もよく読んでいた。かえって私が彼らから情報をもらうという始末。ありがたい。

とにかく、彼らのマンガに対するリスペクトがすごくて、感動的な飲み会だったのだ。


ところで。
以前、このブログでも書いたことがあるけれど、どうして日本人なのにマンガのことをコミックと言う人がいるんだろう? 

40年前、私が漫画家になったころは、私の周りの漫画家の友人たちは、みんなマンガと言っていた。なのに編集長クラスの人たちがコミックと言ってたんだよなあ。

80年代半ば過ぎにはすでに大友克洋さんが海外で人気を博していたし、どんどん日本のマンガやアニメが広まっていく中、私と同世代の漫画家たちは「漫画でいいじゃん、コミックなんて言わなくてもねえ」と話していたのだった。

コミックと言わずとも、マンガで通じる。マンガは今や世界語なんだから。

クールジャパンを推し進めようとしている政府の方々、その辺、ちゃんと理解しているのかなあ…。クールジャパンのやり方がどうもおかしい、という記事を読むたびに、心配が募るのだった…。

by akaboshi_tamiko | 2018-10-21 04:48 | アート系 | Trackback | Comments(0)
絵を描くのは楽しい。嫌なこと、悲しいことを忘れて没頭してしまう。手がかゆくてかきむしっていたときも、絵を描いていたらその間だけは忘れていた。

b0019674_01591729.jpg

数年前に描いたサクランボのイラスト。自分で描いた中でも結構好きなイラスト。つややかな赤い実、ツルッとした質感が水彩画風に合うと思う。
b0019674_02035188.jpg
雨の日とか、水たまりとか、こういうのも水彩画に合ってると思う。
b0019674_02011751.jpg

こちらはつい最近練習で描いた「夏の終わり」のイメージイラスト。ストライプの敷物が水彩画風だけど、空がちょっとデジタルっぽくなってしまった。iPad Pro で、無料のペイントアプリのMediBang Paint Proというのを使ってみた。

最近はPCやタブレットで絵を描いている。なるべくデジタルっぽくせず、紙に筆と水彩絵の具で描きました、という風に見せたいけど、なかなか難しい。
b0019674_02065468.jpg
これは数年前に描いたもの。フォトショップ。ガラスの質感は水彩画っぽくなったと思うけど、肝心の花がイマイチ。うーん。
あ、最初のサクランボと傘の女の子もフォトショップ。
デジタル臭くならないよう気を付けたつもりだけど、どうかな。

もう少し筆足を見せるようにかいてみたのがこちら。これはタブレットでMediBang。
b0019674_02140908.jpg

これは「絵にならないものを描く」というテーマを自分に課して、ほんとに絵になりづらいものを描いてみた。
ああ、絵にならん…。

上記の海辺のグラスなんて、海、空、ビーチ、カクテルといった、そのアイテムがすでに絵になるものを並べただけなので、なんの苦労もなく絵になってくれた。

でも、今、カルシウム補給のために飲んでいる粉ミルクを絵にするのは難しい。しかもほぼ同じ高さの物が並んでいるだけ、背景はPCなんて、ほんとに絵にならない。ただ、筆のタッチをつけてみて何とか絵作りしてみたけれど、しょせん情緒のないアイテムは絵になりにくい。
b0019674_02141672.jpg

絵にならないアイテムには、せめて花とかチェックのテーブルクロスとか、ちょっと情緒のあるものを加えないと絵にならない。それでもまだ「絵」になってくれないなあ。

デジタルでなるべくデジタルっぽく見えないように描くのが目標なんだけど、難しい。難しいからやりがいもある、かな。

by akaboshi_tamiko | 2018-09-23 02:23 | アート系 | Trackback | Comments(0)
5月20日に佐賀県立美術館で開催中の岡田三郎介展を見に行きます。
美術展を見に行くためだけに佐賀まで行くと言うと、かなり贅沢な感じがしますが、LCCを使えば関東圏の美術館へ行くのとそんなに大差ない旅費で行けます。

もちろん、遠いので、一つのイベントだけではもったいない。福岡在住の友達と会うことにして、これも楽しみ~。同じ美術部出身の友達なので、岡田三郎介展も一緒に見に行きます。

ああ楽しみ~。ああ楽しみ~~~~~~!

お知らせ
今週のまる得マガジン第2クールは過炭酸塩。
今まであきらめていた黄ばんだTシャツが真っ白に!
よだれや食べこぼしでいつも濡れている赤ちゃんのスタイが何となくピンクになった、という「ピンク化現象」も、過炭酸塩で真っ白に!
結露でぬれて黒カビの出たカーテンも大丈夫!その黒カビ、落とせます!

放送時間・21時55分~22時(夜9時55分~10時)
5月14日・月…第5回・過炭酸塩で染み抜き…放送終わりました
5月15日・火…第6回・過炭酸塩ですっきり漂白
5月16日・水…第7回・過炭酸塩を入れるだけで″一石五鳥”
5月17日・木…第8回・カビ取りは過炭酸塩におまかせ 

先週の第1クール・セスキ編を見逃した方も、午前中に再放送していますので、ご興味のあるかたはぜひご覧ください。
1クールの再放送 午前11時55分~12時
5月14日・月…第1回・セスキスプレーで汚れ落とし…放送終わりました
5月15日・火…第2回・セスキで汚れ予防
5月16日・水…第3回・セスキぼうきで楽々掃除
5月17日・木…第4回・セスキで簡単洗濯


by akaboshi_tamiko | 2018-05-15 00:46 | アート系 | Trackback | Comments(0)

絵のうまさと絵の正確さ

上手い絵と、いい絵は、微妙に違います。

上手い うまい 巧い
これも微妙に違います。

正確な絵、というのはわかりやすい。細かく言うと大変になるけど、一番手っ取り早い「正確さ」は、パースがあっているかどうか。これが最大のポイント。

人体や静物の場合でも、パースをとる技量がものをいう。
(まあ、人体や静物の場合はデッサン力と言うほうが一般的かな)

着彩の場合は、色味の調和がとれているかどうかと、正確な色付けはまた違う。

さて、私がうまい絵だと思う作家(漫画家や画家やイラストレーター)が何人かいますが、その作家さんの絵を万人が「うまい」と思うかどうかはまた別問題。好みがありますから。

でも、正確な絵というのは、まあたいていの場合、みなさん意見が一致します。
パースがあっているかどうかは、パースの知識がある人なら、「これは正確だ」「これはパースあってない」「あってる」というのはすぐにわかります。

だけどね、パースが合っているからといって、それが「いい絵」「うまい絵」とは限らない。これが怖いところです。

正確な絵は、練習で何とかなります。でも、いい絵、うまい絵は、練習してもしてもなかなか到達できません(私の場合は…)。

「うまい!」と言われるより、「いい絵だなあ」と言われたいな。
うまいと言われるのもうれしいけれど。なかなかその段階にも行ってないけれど。




by akaboshi_tamiko | 2018-01-12 18:15 | アート系 | Trackback | Comments(0)
岸田劉生の描いた「切通之図」で、岸田劉生がなぜ消失点を変えているのか、という問題提起を聞いて、ものすごく驚いてしまいました。一点透視図法だと、消失点は必ず一点に結ぶはずなのに、この絵だと消失点が二つある、というのです。
b0019674_01235912.jpg
はい、確かに消失点が二つあります。でもそれは当たり前のこと。だって坂道って、斜面なんですから。

水平と垂直しかない絵だと消失点は必ず一点に結ぶけど、斜面の消失点はそことは違うところに結ぶので、消失点が二つあるのはあたりまえ。驚くことではありません。

しかし、この番組では、岸田劉生はなぜ消失点を二つ作ったのか、ということを考察していました。横の塀と崖の消失点と、坂道の消失点が違うことに対して、なにか意味があるのでは、というような考察をしていたのです。そして、消失点を合わせた場合の絵も作成していました。
    
b0019674_01161098.jpg
だけど、消失点を一つにしてしまうと、「斜面」になりません。平坦な、水平面になってしまいます。

ちょっと検証してみますね。
水平、垂直の面だけでできた下の図は一点透視図法で描いてあります。赤い横線はアイレベル(視線レベル)とか、ホリゾントラインなどと呼ばれます。中心の十字が消失点です。
b0019674_02141925.jpg
真横の線以外は、すべて消失点へ向かっています。真ん中の緑の面は平坦で、真っ平の水平面です。斜めのところは一切ありません。

この左右にある立体に斜めの線を入れてみます。
b0019674_01310258.jpg
茶色の線が斜めに入りました。この斜めの線を結んでできたのが「斜面」です。
b0019674_01315838.jpg
斜面の消失点は、アイレベルより上に来ます。
b0019674_01360862.jpg
この斜面(割と緩い緩斜面)を急斜面にしてみると、消失点はもっと上に行きます。
b0019674_01375851.jpg
坂道や斜面を描くとき、その消失点が、水平面の消失点より上にくるのは当たり前のことで、不思議でも何でもないんです。

これが岸田劉生の「切通之図」です。消失点が二つあることによる揺らぎとか不思議な感覚、、、、私には感じられません。
でも、この絵からは別の不思議な感覚を感じます。
b0019674_01153604.jpg
子供のころ、この絵を画集で見たとき、緻密に描かれた地面、塀とその下の石垣、崖の土の色など、緻密であるのに人がいない、なにか不穏な、不気味な気持ちになったことを覚えています。人がいないことが気持ち悪かったのかなあ…。気持ち悪い、嫌な感覚だったような気がします。

大人になってから見ると、不穏な感覚とか、嫌な気持ちは消えました。子供のころだけのわけのわからないものに対する怖れが、大人になって薄れたのかもしれません。緻密に描かれた画面の迫力とか、画力に圧倒されるようになりました。

この絵を見て、何か異様な感じや不思議な感じを受ける人がいたら、それは消失点のせいではなく、あなたの持っている感受性の高さのせいだと思います。

by akaboshi_tamiko | 2017-06-27 02:26 | アート系 | Trackback | Comments(2)
パティ・スミスがノーベル賞授賞式で、ボブ・ディランの「はげしい雨が降る」を歌いました。
ものすごく感動的でした!!

途中、緊張のあまり歌が中断したのですが、それもまたパティ・スミスの謙虚さの表れだと、彼女のFacebookのコメント欄では絶賛されていました。

会場では、この歌を聴きながら涙ぐむ人の姿もありました。

ボブ・ディランの詩は難解だといわれるけど、もともと英語の詩は私にとっては理解するのが難しいことなので、曲調と、簡単な単語の意味から類推するしかない。単純な意味しか受け止めきれないので、かえってすんなり「戦いの歴史」と「それを拒否し、悼む男」の歌、として心に入ってきました。

反戦歌と言えば簡単なんだけど、単純に「反戦歌」というラベル付けをしたくないなあ。なんでかというと、、、なんでかな。反戦歌という言葉は、なんだか手垢にまみれた感じがするんですよね。すごく声高な感じもするし。

でも、この曲はそんな声高な感じはしない。メロディが哀愁を帯びていて、穏やかで、しかも毅然としていて。
これをパティ・スミスの声で聴くと、本当に心に沁みる…。

ボブ・ディランは授賞式は欠席して、スピーチが代読されました。その全文が公開されていて、これもまた感動的でした。

スピーチ全文(日本語訳)
スピーチ全文(英語版)


.
by akaboshi_tamiko | 2016-12-13 15:38 | アート系 | Trackback | Comments(0)