人気ブログランキング |

カテゴリ:すまい、暮らし( 36 )

暖かい若松屋さん!

樹脂サッシの実例として、日之影の旅館若松屋さんを紹介している。

樹脂サッシだけでなく、旅館としての紹介もしておかねば。(随時ほかの宿泊施設も紹介します。「ふるさと関連」カテゴリーで。お楽しみに!)

実は私の実家のはす向かいなので、子供のころから知っている旅館だ。でも、あまりにも近すぎて泊まったことがなかった。
これが若松屋さんの外観。
暖かい若松屋さん!_b0019674_02095874.jpg
こじんまりした旅館で、アットホームな雰囲気で、料理もおいしく、部屋も暖かい。
部屋は魚の名前がついている。釣り客が長期滞在することも多いとか。
暖かい若松屋さん!_b0019674_02100808.jpg
なので、宿泊客が使える洗濯機や冷蔵庫も設置してあって、超便利。
暖かい若松屋さん!_b0019674_02112564.jpg
泊まった日は寒い冬の日だったけど、洗面所もトイレも全然寒く感じなかった。

ちなみに、若松屋の女将さんも、去年旅館を建てかえてから、寒いと思ったことがなかったそう。
でも、「今年はあんまり寒くないのかなあ?」と、気候のせいだと思っていたという、ほんわかしたひとでした。

「いやいや、それは樹脂サッシと床とか壁の断熱のおかげです!」と言ったら「そうなんだ~」と、ほんわかした返事。
暖かい若松屋さん!_b0019674_15255663.jpg
↑↑これが樹脂サッシ。&ガス充てんのペアガラス。
アルミサッシと違って外の寒さを室内に伝えにくい(熱伝導率が低い)ので、部屋が寒くならないし、結露もしにくい。
ガラス部分もペアガラスなので、外の冷たさが入り込まない。

「今年は暖かいなあと、気候のせいにする人が多いけど、実は断熱材や樹脂サッシのおかげなんですよ」と、以前取材した先での受け売りをする私と夫。

泊まった人に感想を聞くと、やはり「全体的に暖かかった」という感想。
それは寒い場所がなかったということで、やっぱり断熱がちゃんとしているからだと思う。

と、ここまでで力が尽きて、料理その他はまた明日!



若松屋←(クリックすると紹介サイトへ移動します)
1泊2食付き6,500円 1泊夕食のみ5,200円 1泊朝食のみ4,500円 素泊まり3,800円 

住所 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折3454-12
電話 0982-87-2127
by akaboshi_tamiko | 2020-03-17 18:00 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)
先日からずっと樹脂サッシ、二重窓について書いている。

どちらも断熱効果が高いので、冬の寒さを家に入り込ませないし、結露も防いでくれる。
そういう高断熱の家に一晩泊まってみたい、冬の寒さをどう防いでくれるのか、実際に体験したいとずっと思っていた。
しかし、そういう設備の家は取材先や住宅公園以外では見たことがなかった。

去年の暮に日之影に帰ったとき、実家のすぐ近くの旅館に泊まった。日之影の宿泊施設の紹介をするのなら、自分でも泊まってみようと思い、一泊したのだ。

私が宿泊カードを書いているときに、夫は先に部屋へ向かった。そしてすぐに階段を下りてきて、目をキラキラさせてこういった。

樹脂サッシだ!」
「えええええっ???」

びっくりした。
田舎の鄙びた旅館の窓が樹脂サッシ!! 去年建て替えたとはいえ、日之影で樹脂サッシが体験できるとは思わなかった!

感激のあまり、部屋をうろうろする夫。
樹脂サッシの快適さが体験できる施設_b0019674_04112624.jpg
そして、夫が感激した樹脂サッシの窓が下の写真。パッと見ただけでペアガラスの樹脂サッシとわかる夫。どんだけ断熱窓が好きなんだよ。
樹脂サッシの快適さが体験できる施設_b0019674_04113135.jpg
確かに近づくとガス充てんのペアガラス&樹脂サッシ。触ってみたら、ひんやり感ゼロ! まったくひんやりしない!
樹脂サッシの快適さが体験できる施設_b0019674_04113691.jpg
この夜は外が10度以下だったと思う。
部屋は暖かで、この温度差なら、普通のアルミサッシだと絶対結露が出る。しかし、全く出ていない。
この窓のすぐ下に布団を敷いて寝たが、一晩中、全然寒くなかった!
ふつうの家だと窓から冷気がひんやり落ちてくるのに、この部屋は全くそれがなかったのだ。

そして、翌朝も真っ先に窓を見たけれど、全然結露していなかった。びっくりするくらい快適!!

ふつう、旅館の紹介って、景色や食事やサービスがメインだけど、もちろんそれも素晴らしかったんだけど、樹脂サッシを体験する場として、ものすごくいいと思った。

その旅館の名前は若松屋←(クリックすると紹介サイトへ移動します)
気になるお値段だけ先に紹介しておくと、
1泊2食付き6,500円 1泊夕食のみ5,200円 1泊朝食のみ4,500円 素泊まり3,800円 
一度泊まりに来て、樹脂サッシ体験してほしいなあ。

若松屋
住所 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折3454-12
電話 0982-87-2127




by akaboshi_tamiko | 2020-03-15 18:00 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)
私はある建築部材の製造販売会社の広告の仕事を20年以上やってきた。
その仕事のおかげで、20年間ずっと建築のことを学ばせていただいた。ほぼ毎月、日本中の建築メーカー、工務店、ハウスメーカーを取材し、漫画にしてきたのだ。

残念なことに、自分の家を建てたのはこの仕事を受ける前だった。

この仕事で住宅の知識が増え、最新情報も入ってくる。住宅を知れば知るほど、「ああああ~~~、早まった~~~~~…」と後悔することがどんどん増えていった。

後悔の一つが、連日書いている樹脂サッシ二重窓。どちらも断熱効果が高く、結露しないので家を傷めない。

こういうことって、住宅公園などでちょっと見るだけではなく、その家に一晩以上滞在してみないと、良さがわからない。

20年間、いろんな建築会社を訪問し、そのメーカーが建てた家を取材するという仕事していた。しかし、その取材は常に昼間だった。

樹脂サッシの家にも行ったし、外の寒さが確かに入ってこないのも手で触ってわかっていた。でも、その家に1時間いただけで、夜お泊りしたわけではない。

樹脂サッシがどれだけあったかいか、真冬の夜を一晩すごして実感したかった。でも、取材で昼間ちょっと見るだけでは、なかなかわからない。

実は…。
去年の冬に、私は樹脂サッシの家を体験した。一晩泊まったのだが、いや、すごかった!
どうすごかったのか、その話はまた明日!…もしくは締め切り終わった後に!!
家の良さは泊まってみて初めて分かる_b0019674_23502183.jpg
写真は2014年のうちのリビング。
後付けでいろいろ工夫しているけれど、最初からやっていればねえ…

by akaboshi_tamiko | 2020-03-11 18:03 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

手作り二重窓作り方。

92年に家を建てる計画を立て始めた我々夫婦は、いろんな夢を持っていた。
私は主に見た目に対するあこがれ。そして価格の安いもの!

夫は北海道出身なので、断熱に並々ならぬ情熱を持っていた。なので、昔から家には二重窓が絶対必要だ、と主張していたのだが、私は価格面で却下。(私のバカバカ!!)

92年だと、住宅メーカーの人も「関東の寒さなら二重窓は必要ないですよ」と言うくらいの認識だった。

しかし、あきらめきれない夫は93年の暮れには自分で二重窓を作ってしまった。
以下、簡単な作り方。
手作り二重窓作り方。_b0019674_03364382.jpg
アクリル板か塩ビ版はホームセンターで売っている。一枚が90×180㎝で、2枚必要。
ホームセンターで窓の大きさに切ってもらう。(窓の高さだけしっかり計ってから買いに行くこと)

塩ビ板もアクリル板も一枚の長辺が180㎝なので、掃き出し窓で高さが180㎝以上だと使えないので、腰高の窓用。
アクリル板より塩ビ板のほうが安いのでお勧め。

これを93年に思いついて自作してしまう夫の二重窓への情熱には頭が下がる。

この二重窓のおかげで寒さが入ってこないし、結露もしなくなった。効果抜群だったので、新聞や雑誌のコラムに書きまくった。自分の本にも書いた。

特に、97年に出した本に書いたときは反響が大きかった。そして…、その数年後に、某メーカーから家の中に窓を作るキットが売り出されたのだった…。
特許、取っておけばよかった…。

わが人生、最大の後悔だ…。

by akaboshi_tamiko | 2020-03-10 17:50 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)
樹脂サッシは何がいいって、アルミと違って熱伝導率が低いので、冬は外の寒さを家の中に伝えない。なので、結露しない。(もちろん零下30度とか、すごく寒い地方だと結露ゼロというわけにはいかないと思うけど、本州の平野部なら樹脂サッシは二重窓にしなくてもたいていOK)

樹脂サッシについてはこちらを見るといろいろ詳しく説明してあります→樹脂窓って何? 選ぶなら樹脂窓です

今でこそ、こうやってネットで情報が手に入るし、値段も以前よりは安くなっている。
しかし、92年に家を建てる計画を立てたころの私は、そんなこと何も知らなかった。

当時ぼんやり知っていた二重窓も、住宅メーカーの人に「関東の寒さでは必要ないですよ」と言われ、うっかり信じてしまった…。

家を建てるとき、省けるお金は省く!と思った私は、樹脂サッシ、二重窓は却下したのだった。
93年春に入居した新居は、それまでのアパートよりは暖かだったが、それでも窓に結露した。

北海道出身の夫は、二重窓があきらめきれず、なんと93年の冬には二重窓を手作りしてしまった。
プラスチックのレール(1m150円とか、それくらいの安いもの)とアクリル板(塩ビ板でもOK)を使って。
樹脂サッシの前に二重窓の話。手作りしたよ_b0019674_04040388.gif
わかるだろうか?
通常の窓の桟にプラスチックレールを接着剤で貼り付け、アクリル板をはめ込み、スライドできるようにしてある。
樹脂サッシの前に二重窓の話。手作りしたよ_b0019674_04034900.gif

たったこれだけで、この窓は結露しなくなった。結露しない窓は本当に快適。窓枠の木部が傷まない、カビない。

詳しい作り方はまた明日にでも。





by akaboshi_tamiko | 2020-03-09 18:09 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(2)

ジュシサッシ

covid19の話からいきなり住宅の話になるけれど、家が温かく快適だと風邪もひきにくい。家と健康って密接に結びついているので、これからちょっと住宅の話が続きます。

さて。
ジュシサッシと、音だけ聞くと何のことやらわからない方も多いかもしれない。

もちろん、住宅・建築関係の方はすぐわかるでしょう。ここ10年以内に家を建てた人もわかるかもしれない。が、私の周りの一般の人たちで「ジュシサッシ」を知っている人はあまりいなかった。

でも、アルミサッシならみんなわかると思う。

そう、アルミでできた窓枠と窓がアルミサッシ

で、樹脂でできた窓が樹脂サッシ
(アルミと樹脂の複合したものと、樹脂だけのものの2通りある)

家の事で私があこがれてやまないものの一つがこの樹脂サッシだ。
樹脂サッシLOVE!の私なので、今後この話続くと思います…。


by akaboshi_tamiko | 2020-03-08 18:00 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

これなーんだ?

これ、何でしょうか?あるモノの部分です。
これなーんだ?_b0019674_17132633.jpg
こういう形もあります。
これなーんだ?_b0019674_17134184.jpg
全体の形はこちら。
これなーんだ?_b0019674_17134879.jpg
針金ハンガーをペンチで曲げたものです。

どうやって使うかというと…
これなーんだ?_b0019674_17135330.jpg
はい、ベルト掛けでした。
なんでもないけど、便利です!

ちょっぴり貧乏くさいけど、そこは言いっこ無しで…。
おしゃれ感より便利さをとるのがワタシです。

by akaboshi_tamiko | 2019-06-30 17:15 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(1)
うちにはアロマキャンドルがいくつかおいてあります。
ブルーベリーとか、グリーンアップルとか、ラベンダーなどの香りのもの。
火をつけるとほのかにいい香りがして、気持ちも癒されますね。
アロマキャンドルありがとう!_b0019674_23454549.jpg
これはトイレにおいてあるもの。これがね~、すっごく便利で、忙しいときなんか大活躍!!

というのは、アロマキャンドルに火をつけると、USが消えるんです!!
(USというのは、うんち臭の略。今私が作った)

USの成分には、インドールとかスカトールという物質があって、これが揮発性なんだそうです。火があるとすぐに燃えて、においがなくなるの!!

今まで夫がトイレに入って大をしたあとはUSのおかげで長いこと入れない!! それで、トイレで大をするときはまずキャンドルに火をともし、それからする、というルールができたのです。

用を足し終わってから、手を洗っている間くらいはつけておいて、トイレを出るときに消して出ます。これだけで、次の人がすぐ入っても全然問題なし!!

メイソンジャーなどのガラス容器に入ったキャンドルだと、ふたをすれば火も消えるし、炎がむき出しのものよりやや安全。(とはいえ、火を使うことに変わりはないので、火気には十分気を付けています)

アロマキャンドルがあると、トイレがすぐ使えるし、不快感がないので、本当にありがたい!
アロマキャンドルありがとう~~~!



by akaboshi_tamiko | 2017-04-17 23:52 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

丁寧な暮らし2

丁寧に暮らすことを心掛けたい私である…。(←心がけている、わけではなくて、心がけてみたいな、という、心がけ以前の段階)

が、最近(ここ1か月くらい)、私は一つものすごく丁寧にあることをやっている。

トイレットペーパーを丁寧に・・・

というと、こういうことを思い浮かべる人も多かろう。
丁寧な暮らし2_b0019674_13272353.jpg

トイレットペーパーの三角折り。こうやって折ってあると次の人が使いやすい。ちょっとした気遣い、心遣いという風にとらえる人が多いと思う。

しかし、最近はこれは手についた菌をペーパーにくっつける行為だ、ということが知れ渡ってきた。
そうだ、ほんとに、排便して、手を洗ってから三角折りをする人はあんまりいないと思う。やっぱりやらないほうがいいよね。

もともと私は、若いころ、この三角折りに関して、「人が触って三角に折ったトイレットペーパーなんて、使いたくない」という人がいる、ということを雑誌で読んで、なるほど!と思い、やらないことにしていた。

というわけで、トイレットペーパーを丁寧に、というのは三角折りにすることではない。ではどうしているのかというと。

その前に、トイレットペーパーって、フラップのところできれいに切り取ってあるものって、次に使うときはがれにくくて使いにくくないですか?フラップから端が全然垂れてない状態。これってロールを回しても端がはがれて垂れてこないことがあるんですよね。
丁寧な暮らし2_b0019674_13514214.jpg

ちょっと紙が前に垂れていると取りやすいんだけど、これでもぴったりくっついてはがれにくいこともある。特に指が乾燥しているとシングルロールの紙はなかなかはがしにくく、外のトイレだと何度もロールをくるくる回しても垂れてこないこともあるので、爪でひっかいてようやく紙の端を見つけることもある。
丁寧な暮らし2_b0019674_13522854.jpg

というわけで、私は家のトイレでも外のトイレでも、常に端っこが垂れている状態にしておきたいと思い、丁寧にこんな風に紙を切っている。

はい、まずペーパーの半分くらいまで切ります。
丁寧な暮らし2_b0019674_13562026.jpg

そしてペーパーを少し引っ張り出します。
丁寧な暮らし2_b0019674_1357060.jpg

その状態で紙を最後まで切ると、こんな感じに。
丁寧な暮らし2_b0019674_13574322.jpg

なんて丁寧な切り方でしょうかっ!
こうやると、次の人が紙を引っ張り出しやすいんですよ!! 丁寧で親切!!

・・・・ただ、・・・
欠点があって・・・・・・

これって、ただのずぼらなちぎり方にしか見えない、ってことである。
がさつに切り取っただけ、に見えるよね。でも、本当な何段階かの手順を踏んで、丁寧に切ってあるんだけど。次に使うとき絶対使いやすいんだけど。

どう見ても丁寧には見えないので、手順を増やしてこんな風にもやってみた。
丁寧な暮らし2_b0019674_1401488.jpg

ちょっと切っては引っ張り出し、また切り、引っ張り出してはまた切り、と繰り返して階段状のフォルムに。

・・・・・
これにも欠点があって、これやるにはペーパーを手で何度も抑えないといけないという。三角折りしたほうがまし? と思うほど。

でも三角折りはしない主義なので、やっぱり最初の、がさつに千切りました感満載のやり方にしよう。これで今、うちのトイレは次の人が使いやすくなっているのである。(夫と義母しかいないけど)

外のトイレでもこれをやっているので、私の後に入った人は、きっと使いやすいはず!!! なんだけどね・・・・。でもきっとそういうこと気づかずに「ずぼらなちぎり方してるなあ」なんて思われるんだろうな・・・。
ま、いっか・・・


こんなことで「丁寧な暮らし」と言われたら、きっと本来の意味の丁寧な暮らしをしている方からおしかりをうけるかも…?
かも…。かも……。


.
by akaboshi_tamiko | 2016-09-29 14:11 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

丁寧に暮らす

丁寧に暮らす、という言葉をよく聞くようになってからもう何年経っただろう。丁寧な暮らしをしている人のブログやフェイスブックの記事を読むと、本当におしゃれで、私も実はひそかにあこがれている。

イメージとしては、一人でお茶を飲むときも、丁寧に入れた煎茶(ちゃんと茶托を使ってます)と、懐紙を敷いた小皿に入れたお菓子、、、とか。
丁寧に暮らす_b0019674_3251936.jpg

こういう「丁寧な暮らし」とは程遠いのだが、私も最近ちょっと丁寧にやっていることがある。

はい、これ。
丁寧に暮らす_b0019674_3301932.jpg

これのどこが丁寧かというと、うちの夫がですね、中にセットするごみ袋を、いつもこういう風にいれやがる、、、いや、いれてくれるのだ。
↓↓↓
丁寧に暮らす_b0019674_330444.jpg

もうね、この容器からはみ出したごみ袋を、猫がかじるのである。
最初は私も同じようにサッと入れただけで、これほどではないけど結構はみ出した状態だった。それをうちの黒猫ギョロがガシガシ噛んで、袋をボロボロにしてしまっていた。袋の持ち手もちぎれてしまい、いざゴミ出しに行こうとすると持ち手がないので、うまく口を結べないし、持つのも大変。

ポリ袋を噛まれないよう、猫草をたくさん置いたり、新しくしたりしていたけれど、それでもこのポリ袋噛みは治らなかった。

ある日、ふと、噛めないよう、容器の中にきっちり押し込んだらどうだろう?と思い、ちょっとやってみた。
容器の中にきっちり押し込んで袋をセットするのはものすごく面倒だと思っていたのだが、やってみると意外にも超簡単。なんでこんな簡単なことをやらなかったのか。ただ、ずぼらに入れていただけだったのだ。

ちょっと、気持ち丁寧にセットするだけで、、ギョロはこの袋を噛まなくなった。よかった!こんな小さなことで袋をかまなくなるなんて!

と、丁寧な暮らしっていいなあ、と思ったのだった…。

はあ… ちょっと(いや、かなり)レベルの低い丁寧っぷりでした。


ちょっとCMを丁寧に…
電子書籍のお知らせ・・・試し読みもできますので、お気軽にクリックしてみてください。
グランマ!おばあちゃんの知恵袋
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0287/
グランマ!女を上げる節約術
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0931/
グランマ! もっと身体美人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/1015/
赤星たみこの石けん達人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0989/

挿画&漫画
親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法
著者・永峰栄太郎 漫画・赤星たみこ 1300円+税



.
by akaboshi_tamiko | 2016-09-28 03:43 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

漫画家・赤星たみこの日記です。 


by akaboshi_tamiko