漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:ペット( 124 )

久々の猫の手触り

義父の一周忌で旭川に帰っていました。

昨日、千葉へ帰ってきて、自宅の玄関を開けると小町とギョロがドアの向こうで待っていました。
あ~~~、カワイイ!!

久々に猫を触ると、柔らかくて暖かくて、ホッとします。
熱くないのにホットとはこれいかに。と、くだらないダジャレも出てくるわ。猫との生活は気が緩むからねー。
b0019674_2405648.jpg

写真は小町。
小さくて柔らかくて、キジトラは人懐っこい。私の過干渉にもめげず、近寄ってくれるけど、まあ、あまりやり過ぎないようにしなければ。

b0019674_2472281.jpg

空吉はもともとクールなので、私も過干渉にはならないです。今日、お出迎えに出てくれなかったなー。残念!

b0019674_2494793.jpg

今はギョロが一番私に懐いています。先代コマちゃんがいなくなった途端に、私の後を追う猫になりました。
ギョロは私の過干渉をものともせず、けっこう近づいてくれます。私の猫になるのは、年功序列なのかも。

あ~、久々の猫は、柔らかくて楽しいですね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-06-10 02:55 | ペット | Trackback | Comments(0)

目の曇りが晴れたのか

今うちにいる猫は、黒猫のギョロ、白と茶色のぶちの空吉(雄)、キジトラの小町の三匹です。

ギョロは11歳のおじさん猫、空吉も10歳のオヤジ猫ですが、見た目は可愛く、まだまだ子猫(に、私には見える)です。
小町は二歳。キジトラで尻尾が短くてカワイイ女の子です。

どの猫も可愛い猫ですが……。

いや、最近、友達の猫とか、ネットで見かける猫の写真を見ると、、、、うちの猫よりカワイイ猫がいるんですよ…。

こんなことはなかった、少し前までは。
(と、うっかり吉田拓郎のリンゴの歌詞が出てきます)

ホントに、こんなことは無かった、少し前までは。
猫の写真を見ると、どの猫よりもうちの猫が一番かわいかったし!
世界一カワイイ猫が、なぜうちに5匹もいるの!? 世界一カワイイ猫は、誰がどう見てもうちの猫だよ!と、思ってました。

特に、2013年になくなったコマちゃん【本名・小毬(こまり)】は、誰がどう見ても可愛くて素晴らしい猫で、世界中のどんな人でも、コマちゃんの前ではひれ伏すに決まっている、と思ってました。

こういうこと、本気で思っているのがばれるとちょっと恥ずかしい(と思うだけの理性はちょっとだけある)ので、冗談めかして「うちの猫は世界一カワイイし~」と言ってましたが、あれは冗談ではなく、本気の本気だったのです…。

ところが、このコマちゃんが亡くなってからは・・・・

よその猫を見ると、あれっ、うちの猫よりカワイイかもしれない…と思える猫がちらほら出てきたのです。

コマちゃんが生きていたころは、ほんとにコマちゃん以上にカワイイ猫なんて見たことが無かったと、ええ、本気で思ってます。

でも、それはやっぱり目が曇っていたのでしょうか…。

今は、うちの猫たちって本当に可愛い、とは思うけれど、ほかにもカワイイ猫がいると気づいてしまって、ちょっぴりつまらないです…。

あっ、今、思ったんだけど、これって、いつかは来る別れに対する防衛本能なのかもしれない。世界一の猫を亡くすと、ダメージ大きすぎるのでね…。

ほかにもかわいい猫はたくさんいるよ、と、今から言い聞かせているのかもしれません。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-06-09 00:05 | ペット | Trackback | Comments(0)
うちの猫トイレの話です。
b0019674_2358054.jpg

私だけの知恵(と言うほどのモノでもなくて、普通のことなんですが)だと、ゴミ箱に袋を一枚だけセットしてたときは、掃除が終わると台所に常備してあるレジ袋やポリ袋置き場に行って、またセットして、、、、と、けっこう面倒でした。

なんで複数枚一度にセットすることを思いつかなかったんだろう?
オットは袋をセットしたまま掃除する、ということは思いつかなかったのに、いったんそれを知ると、複数枚セットするという技に出たわけで。

知恵というのは複数の人間が出したほうがいいモノになるんですねえ…
これぞまさに「三人寄ればもんじゅの知恵」!

って、それほどの知恵じゃないんだけど、なんだかこんなことで、トイレ掃除がものすごくラクチンになったんですよ。思いついたときにすぐに袋をセットしておくと、いつでも掃除が出来るので。
ちょっとしたことなんだけどねー。ラクチン、ラクチン。

もんじゅの知恵は、役に立っているのか立っていないのかわからない、という意味にも取れるかな・・・。(ひらがな、ってところがミソ)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-05-15 00:12 | ペット | Trackback | Comments(2)

猫にまばたき

うちの猫の中で一番、猫らしい猫なのはそら吉です。

そら吉は生後3か月まで、親猫、きょうだい猫たちと一緒に過ごして、猫としての社会性を身に付けてからうちにやってきたので、ちょっとほかの猫たちと違うんです。
猫らしい猫、というか、猫本来の危機管理能力があるというか、あんまり人間にべったりしないというか…。

(ほかの猫たちは、生後1~2週間で拾ってきた猫なので、人間社会に妙に慣れてしまったような気がする。おなかを上に向けて両手両足を開いて人間みたいな大の字になって寝たり、人間が近づいてもおびえないし、人間にすぐすり寄ってくる)

そら吉は、そういう人馴れしていない猫だから、ちょっとよそよそしいのは仕方がないのかも、、、とずっと思っていました。

が、あるときネットニュースかなんかで、猫とじっと目を合わせてはいけない、それは猫にとってはケンカと同じだから、目が合ったらまばたきをしたり、目をそらすと、ケンカの意志が無いということが伝わります、という記事を読みました。

そら吉に、まばたきをして、ケンカの意志が無い、仲間だよ、ということを教えねば!と思ってやってみました。

そしたら!!
b0019674_427362.jpg

いや~~~、すごい!
そらが、自ら私の方へ近寄り、顔と顔をくっつけてくれるなんて、そんなこと、初めてかも!

ゆ~~~っくり、ば~ち~り~、、、、、という感じでまばたきすると、空もまたゆっくりまばたきをします。
あ~、カワイイ。
まばたきでそら吉と仲良くなれるなんて…
あ~、カワイイ!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-04-18 23:58 | ペット | Trackback | Comments(2)

なめ猫

2~3日前にヘナをしてから、小町の挙動がおかしくなった。
私が寝ていると小町がやってきて、髪の毛をぺろぺろなめるのだ。
鬱陶しいったらありゃしない。

今までヘナをしてもこんなことは無かったんだけど、今回はインディゴ入りを使った。
このインディゴ入りヘナが、なんとなく豆のような匂いがするのだ。
この豆の匂いに反応しているのかも。
b0019674_23293492.jpg

ちょっと驚いたような顔の小町。
ハトが豆鉄砲を食らったような、って顔です。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-14 23:35 | ペット | Trackback | Comments(0)
ギョロの爪切りはいつも大変だった。
手を触るだけでギャーギャー悲鳴を上げて暴れていた。
とにかく、手先を触ったら何か嫌なことがおきる!と思い込んでいるので、それから逃れようと暴れるのだ。

それで、手を触っても悪いコトは起きませんよ、ということを認識させようと、2年ほど前からギョロの手を少しずつ触ることにした。

最初はホンの半秒くらいから始めた。ちょっと長くなると唸るので、唸り始めないように、唸る前に触るのをやめる、という方式。

そして、2年ほど経って、ようやく手を触っても悲鳴を上げず、逃げなくなった。

その成果がこれ。

いやー、長かった。
2年ほどかけて、手を触っても嫌がらないようにして、この後から、ようやく爪を切ることが出来るようになったのだから。

手を触り、爪を出してもギョロがじっとしているなんて、本当に感慨深い。
でも、まだ成功したのは1回だけ。
次の爪切りはどうなるか、まだドキドキ物だ。
気まぐれギョロだから、いつ豹変するかはわからない。でも、このまま手を触っても嫌がらずにいてほしい。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-01-22 00:50 | ペット | Trackback | Comments(0)

ギョロの爪切り

今までうちにいた猫たちは、爪切りを嫌がる猫はほとんどいなかった。
93年4月に拾ったコマちゃんとヤクちゃんは、小さいころからまったく嫌がらずに爪を切らせてくれたし、翌年(94年)に家に来たムーちゃんも嫌がらなかった。

猫の爪切りなんて楽勝、楽勝、と思っていたら、ギョロ(2004年に拾う)だけはもう、本当に手を焼いた。

拾ったときはとても小さくて、生後2~3週くらいだったと思う。
下の写真は、2004年、うちに来て数日経った頃。
b0019674_1543134.jpg

こんなに小さいのに、ギョロの爪を切ったとき、あまりに大暴れするので、本当に手を焼いた。
最初の一本は大丈夫だった。でも、二本目か三本目の爪に鋏を入れたらギャッ!!と叫んで嫌がったのだ。それまでそんな反応をする猫はいなかったので、ちょっと驚いた。

ちょっと深爪しすぎたのかな? でも別に血が出ているわけじゃないし、最初の1~2本は嫌がってなかったんだから、そのあとも大丈夫だろう、、、、と、爪切りを続行しようとしたら・・・・・

いやもう、すごく嫌がって嫌がって大暴れ。その後、ギョロは爪切りを超嫌がる猫になってしまったのだった…。

2004年8月からずっと、10年間、ギョロの爪切りは大人二人がかりでやる大仕事だった。あまりに暴れるので、毛布で体を包み、手だけだして大急ぎで爪を切る、という方式にしたのだが、それも、今日は前足だけ、後ろ足は明日、と二日以上かかることもあった。
b0019674_14594166.jpg

(2014年のギョロ。真っ黒クロスケみたい)

しかし、こんな大ごとでは、ギョロのストレスも人間のストレスも高くて大変。
何とかならないかと、私は数年前からあることをギョロに施していた。

おかげで、なんと、苦節10年、今年になって初めて、ギョロの爪を私が一人で切ることができた!
いや~~~、感激~~~~~~~!
ギョロの爪を、ギョロが怒ることなく切れたなんて!!

イヤ、もう、本当に嬉しい!!
このギョロの爪切りの顛末は、また明日!
(=^・^=) (≡^・^≡) ?? ??
(最後の二つは環境依存文字なので、見られないかたもいるかもしれませんが、猫のシルエット文字で~す)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-01-20 15:13 | ペット | Trackback | Comments(0)

巨大仔猫

10月23日にうちにやってきた子猫の小町。
生後2週間くらいで、本当に小さくて可愛かった。
b0019674_1595422.jpg

......過去形で書くけどね…。

小町、もりもり食べて、どんどん大きくなって、うちに来た時は1㎏なかったのに、今はもう1キロはとっくに超えている。
b0019674_215242.jpg

先週11月5日に量ったとき1キロで、えっ、もうそんなに大きくなったの!? と、びっくり。
b0019674_255385.jpg

その後、日之影に帰省して、戻ってきたらすごく大きくなっていた。
もう、子猫界では巨大と言ってもいいくらいだ。
b0019674_2111368.jpg

この写真を見て、まだ全然小さいじゃん、と思うでしょうが、いや、最初の小ささから比べたら巨大、巨大。
普通猫界では小さいけど、子猫界では巨大子猫。
ああ、仔猫って、仔猫のままじゃいてくれないのよねー。
どんどん育つのよねー・・・。

手乗り猫とかいたらいいのにな~、とか言いつつ、健康な猫ならどんどん育っていくんだし、健康な証拠だと思って、これはこれで嬉しい。
去年亡くなったヤクちゃんは、一時期8.9キロくらいあって、大きな猫だった。
b0019674_2154757.jpg

あれくらい大きくなるのも可愛いな。

ま、結局、小さかろうが大きかろうが、可愛いんだけどね、うちの猫は。
てへっ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-11-15 02:17 | ペット | Trackback | Comments(0)

子猫、慣れてきました

先週の水曜日にうちにやってきた小町ちゃん。
キジトラで短い尻尾。生後2ヶ月くらい。
b0019674_14575678.jpg

すやすや寝ているところがカワイイでしょ!

そして、赤いテディベアと一緒の所をパチリ。
b0019674_1514617.jpg

このテディベアは友だちの黒豆さんが作ってくれたもの。

今年6月に20歳3か月でなくなったコマちゃんも、このテディベアと一緒に映った写真がある。そっくりだけど、下の写真はコマちゃん。
b0019674_1535774.jpg

コマちゃんにのせたほうが、このテディベア、やっぱりやや小さく見える。当たり前だけど。

コマちゃんの子猫時代はやっぱり小町と似ている。
生後2~3ヶ月くらいのコマちゃんとヤクちゃん。右がコマちゃん。
b0019674_15143156.jpg


さて、今まで二匹だったギョロと空吉だが・・・(椅子の上の黒猫がギョロ、下にいる白茶が空吉)
b0019674_1518443.jpg

小町が来てからギョロと空吉が威嚇するかな、おびえるかな、と心配していたけれど、ギョロは意外にも大人の風格を出して、すぐ慣れてくれた。
小町が来て5日目にして、もう威嚇したりしない。じっと見つめているだけ。

空吉のほうが威嚇していたけど、今日は小町と空吉が追いかけっこをしていた。まだ「仲良く遊ぶ」というほどでは無いけれど、お互いの距離感を測っているようだ。
あと少しで、みんなそれなりに仲良くなっていくはず。見守っていこう。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-10-28 15:27 | ペット | Trackback | Comments(2)

コマちゃん二世

コマちゃんはキジトラのメスで、カギ尻尾の可愛い猫でした。

そのコマちゃんとそっくりな、キジトラのメス、カギ尻尾の猫がうちにやってくることになりました。

うちの隣町で拾われて、里親募集サイトでうちに来ることになったのです。
近所で拾われたということは、コマちゃんと遠い遠い血縁関係になるかもしれません。
キジトラでカギ尻尾。

もしかしたらコマちゃんの生まれ変わりかもしれない・・・。コマちゃん二世。
うちにやってくるのは運命なのかもしれない・・・。

なんて事を考えながら、明日(いや、もう「今日」だけど)の引渡しを楽しみにしています。

あ~、楽しみ! 嬉しくて嬉しくて、涙が出てしまう。だって、女の子なんだもん!(って、これは私のことじゃなくて、これから来る猫が女の子だから)
メス猫の柔かさ、ここ半年触ってないからな~。
メスの方が柔かいんですよね~、オスより。
あ~楽しみ~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-10-23 01:21 | ペット | Trackback | Comments(0)