漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:ペット( 124 )

遅かった・・・

何日か前に、猫の里親募集サイト(千葉県内)で、コマちゃんのようなキジトラの猫を見つけた。

コマちゃんと同じキジトラ・・・。
出来れば尻尾が短いキジトラなら最高なんだけど、長い尻尾の子猫だった。
どうしよう・・・。
可愛いなあ・・・。どうしよう・・・。

子猫がいればいいなあと思っていたけれど、今私になついているギョロのことを考えるとかわいそうかなあ、どうしようかなあ、とちょっと迷っていた。

キジトラだと、コマちゃんの生まれかわりみたいで、すごく可愛がってあげられるだろう・・・と思う反面、同じ柄だとコマちゃんと比較してしまうのではないか、という懸念もあった。そんな比較して勝手にがっかりしたりすると、子猫が可愛そうだし・・・。

でも、思い切って、その子猫の里親に応募してみた。あれこれ悩んだ結果だし、絶対可愛がるし!とか、コマのことを思い出したり、去年なくなったヤクちゃん、長い闘病生活を送ったムーちゃんのこと、今なつき始めたギョロのことを考えたりして、応募のメールを泣きながら書いた。
そして、送信。

そしたら、、、、、!
なんと、その里親募集、終了してました・・・・。
数日前に見つけたときはまだ募集中だったのに!

がっかり・・・・・・・。がっかりです。ホント、遅かった・・・。

こういうものは縁だから、縁がなかったんだと思うしかないですね・・・。

追記
ちょっと範囲を拡大して、東京都、神奈川県の里親募集も見てみた。
神奈川も東京寄りなら車で1時間半くらいだし、お見合いも可かも。

子猫がくると、ペットロスも少しは変るかな・・・。「癒える」とか「治る」ではなく、気持ちが少し変るかもしれない。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-10-20 19:57 | ペット | Trackback | Comments(0)

IT猫

うちの猫たちは英語が堪能だ。
知らない人が来るとWho?と言うし。
膝を指差して What is this? と聞くとKnee. と答える。
b0019674_18131043.jpg

(写真はギョロ。おなかの白いところがちょっとセクシー)

ま、それだけだったんだけど、最近はITというか、インターネットにも強くなった。
いつもグーグルグーグルと喉を鳴らしている。
知らない人がくると ャフーーーー!と言うし。
ご飯を食べるときはアップルアップルといいながらキャットフードを口に運んでいる。

・・・・・。
今回、反論やご意見は一切受け付けませんから!
ええ、お愛想と賛同の言葉だけ、お願いします。よろしく(-人-)
b0019674_1820593.jpg

(写真は在りし日のコマちゃん。2011年2月)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-09-28 18:22 | ペット | Trackback | Comments(2)

別れの日

6月26日はどんよりと曇った日でした。ときどき小雨もぱらついて。
その日はコマちゃんと一緒にずーっと仕事場で過ごしました。ドライアイスを買って来て、コマちゃんを安置した箱に入れて。

翌6月27日は快晴。
カラリと晴れ上がり、気持ちのいい日で、コマちゃんと別れるのに一番いい日になりました。

コマちゃんを埋葬したあと、夫と二人で、家にいる気がしなくて海まで車を飛ばしました。
b0019674_20344865.jpg

この空の色は「悲しいほどお天気」。
b0019674_2043426.jpg

空の青、水の青が目に染みる一日でした。


コマちゃんを、花を入れた箱に寝かせてまだ仕事場にいたときは、ギョロは全然近寄ってこなかったのに、この日を境に、私のあとをついてくる猫になりました。
b0019674_20375964.jpg


このあと、姪の結婚式でバリへ行ったり、仕事が立て込んだり、友達の猫が亡くなったりして、ブログ更新もちょっと滞ってましたが、またぼちぼちアップしていきます。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-07-20 20:48 | ペット | Trackback | Comments(2)

ギョロがカワイイ

ギョロがなぜか私にすごくなついてくる。
一階の仕事部屋では、私の椅子の後ろに寝そべったり、机の下に入ってきてはじっとしている。
b0019674_3394360.jpg


私の膝の上にぴょんと飛び乗り、脚の上で寝ていたりする。
b0019674_3411540.jpg

二階に上がると、ガチャッという音が聞こえる。ギョロがリビングのドアを開けた音だ。
二階のどの部屋にいても、ドアノブに飛び掛かってドアを開けてギョロが入ってくる。

コマちゃんがかつてそうだったように、ギョロも私のあとをついてくる猫になった。
コマちゃんが乗り移ってくれたのかなあ・・・。ホントに、コマちゃんみたいなしぐさをするようになって、ちょっと嬉しいような、悲しいような、複雑な気持ち・
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-07-11 03:44 | ペット | Trackback | Comments(4)

コマちゃん、2時50分

今朝、2時50分、コマちゃんが息を引き取りました。
20年と3か月、生きていてくれました。

仕事机の上に置いた猫ベッドにコマちゃんを寝かせて経過をずっとつぶさに見ていました。

口をパクパク動かしたので、喉が乾いているのかもと、注射器でお水を口に入れたら少し飲んで、ジーッと動かなくなりました。
名前を呼ぶと胸がかすかに上下して、まだ生きてる! お水! と思ったけれど、苦しませるかもしれないので、あとはじっと見ていました。

歩けなくなり、目が見えなくなり、最後の数日は、涙涙の日々でした。
食欲が無くて、何にも食べてくれないときに、黒缶がいいですよ、と聞いてすぐに買いに行き、黒缶を一さじ食べてくれたときには、「これで体力が回復して、また歩けるようになるかも!」と大喜びしたり。

20年と3か月は長寿のほうだけど、近所の猫が24歳まで生きたので、そこまで生きてくれないかなあと、儚い望を持っていました。
20年間、私の猫でいてくれて、ありがとう、コマちゃん。
誰よりも私になついてくれてありがとう。

うちに来てくれた友達の皆さん、コマちゃんを可愛がってくれてありがとうございました。コマちゃんも幸せな20年間だったと思います。
b0019674_194181.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-06-26 19:05 | ペット | Trackback | Comments(4)
コマちゃん、芳紀二十歳の美猫。
人間の二十歳の女の子なら、肌も目も髪からも輝くばかりの若さがあふれているんだけど、猫の二十歳はやっぱりちょっとおばあちゃん。

コマにも若い頃があったのよ、なんてね、ちょいと子猫時代のようすをお見せしましょう。

子猫時代のコマちゃんとヤクちゃん。
b0019674_1502281.jpg

93年の夏。左の小さいほうがヤクで、大きいほうがコマちゃん、、、だったはず。

それから10年後、2003年のコマちゃん。
b0019674_152064.jpg

キリリとして、それでいて甘い顔立ちのコマちゃん。可愛い~。

そして、今年、2013年のコマちゃん。
b0019674_1544266.jpg

なぜか年を取ると土下座しているような姿勢で寝る猫が多くて、一般にこのポーズは「ごめん寝」と呼ばれている。(あと、「すまん寝」とも言う)

体が小さくなって、子猫みたいになってしまった。でも、この体で床から私の仕事机までピョンと飛び乗ったり、ドアノブにピョンと飛び掛ってドアを開けたりする。まだまだ元気だ。

スマホの写真機能に「セピア」というのがあったので撮ってみた。
b0019674_1574431.jpg

セピアの「ごめん寝」はちょっと物悲しいかも。すごくおばあちゃんっぽくなりすぎてるような。
ホントはもっと元気ですから!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-06-12 01:58 | ペット | Trackback | Comments(0)

コマちゃん…

19歳9ヶ月のコマちゃん。
b0019674_085586.jpg

高齢だからいろんな症状が出てきた。

写真のように私の膝の上にいるときは静かにしている。
今年4月が誕生月。
二十歳を超えられるかな…
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-21 00:02 | ペット | Trackback | Comments(5)

ムーちゃんの一周忌

明日はムーちゃんの一周忌。
去年のお正月、いや、一昨年の暮れから毎朝起きるたびに「ムーちゃん、ちゃんと生きてるかな」と猫ベッドを確認するのが日課になっていた。私たちの寝る場所も、2階の寝室から、猫用ケージを置いているリビングに移して、毎朝、ドキドキしながら猫ベッドのムーちゃんを確認していた。

去年の1月12日、朝、ムーちゃんは動かなくなっていた。
でも、ムーちゃんは亡くなる前に、夫の枕元に来て、頭をペロペロなめてくれたそうだ。
しばらく夫と一緒に寝ていたムーは、そのあと猫ベッドに自分でもどったらしい。

朝は猫ベッドのペットシーツの上でちょっとお漏らしして、そのまま動かなくなっていた。
トイレにもどったのかな・・・。

ムーちゃんは夫になついていて、よく頭の毛(の残っているところ)をペロペロ毛づくろいするように舐めるのが好きだった。
最後に挨拶に来てくれたのかな・・・。

明日はお墓にお花を供えよう。
ムーちゃんに似合いそうなピンクと黄色の花をメインに選んでみた。
b0019674_23195031.jpg

明日は晴れるといいなぁ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-11 23:11 | ペット | Trackback | Comments(0)

ヤクちゃん19歳と6ヶ月

ヤクちゃんは1993年4月生まれ、オスのキジトラ。
今年19歳になった。10月で19歳と6ヶ月になる。

10月17日の朝、ヤクちゃんが突然下半身不随になってしまった。
その日の朝、トイレの前で倒れているのを発見し、病院で診察してもらうと、馬尾症候群と
ヘルニアということだった。下半身が動かせないので寝たきりになる。

長い療養、介護を覚悟した。
でも、一週間後、24日の夕方、ヤクちゃんは突然痙攣を起こして、私の腕の中で息を引き取ってしまった・・・。

痙攣を起こしてすぐ、心臓マッサージをしながら病院へ駆け込んだのだけど、病院では「到着時、心配停止状態」との診断。

痙攣を起こした直後に、目が瞬間的に濁ったから、きっとあのときに心臓が止まったのだと思う。

今年の1月にムーちゃんが亡くなったときと同じように、ヤクを柔らかなタオルに包んで箱に収めた。花をたくさん買って、ヤクちゃんの周りに一つずつ置いてあげた。
その日のうちに埋葬する気になれず、一晩置いて、翌日の夕方に庭に埋葬した。うちは火葬にはせず、そのまま埋葬して、土に還るのを待つことにしている。

何年か後には、土に還ったヤクちゃんの養分を吸って、木や草が育ち、花が咲くはずだ。

思い出がたくさんあるけれど、全部を書くと長く長く、いつまでも書き続けそうだから、今日はここで終わりにしよう。またいつか、ヤクちゃんやムーちゃんの思い出も書いてみたい。穏やかに思い出を書ける日がいつか来ると思う。
b0019674_10234585.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-10-26 10:27 | ペット | Trackback | Comments(2)

コマの動き

今朝、台所からカサカサカチャカチャ音がするので、のぞいてみたら、鍋の横においてあったお玉を、コマが舐めているではないか!
「こら!」と大声で叱ったら、ビクッ!ピョン!と、まるで漫画の動きそのものの慌てよう。パッと台から飛び降りて行った。
昔のコマならピューッと走り去っていくのだが、台から飛び降りたあとは悠々と椅子の上で毛繕い。
b0019674_16453534.jpg

無敵の可愛さだ。
b0019674_16473227.jpg

お玉を舐めるお行儀の悪さなのに、こんなに毅然として高貴な面立ちのコマちゃん。

水炊きのスープがついただけのお玉だから、塩分はそれほどついてないと思うけど、脂は高齢猫のお腹に良くないからやめてね。
b0019674_16531063.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-09-29 16:29 | ペット | Trackback | Comments(0)