人気ブログランキング |

今どきの…

漫画家になって30年。(自分で書いて驚くわ~)

30年前は、毎年のように若いアシスタントさんが来てくれました。
だいたい二十歳前後の若い人が、毎年くるわけです。
私自身は年を重ね、最初は私と同年齢のアシスタントさんだったのが、どんどん若いアシさんになっていきます。

25年くらい前、私が20代前半のころのアシスタントさんは、たいていどの人も食事が作れました。メシスタントという言葉もあるくらいで、ご飯作りもしてもらい、漫画も手伝ってもらい、という仕事でした。
当時は今ほどコンビニもほか弁もなく、ファミレスも今ほど多くなかったので、食事は自分たちで作るしかなかったからです。

15年くらい前になると、次第に料理のできるアシスタントさんが減ってきました。男性アシスタントさんを雇うことも多くなったせいでもあるんだけど、女の子でも、料理は作ったことが無い、という人が出てきたのでショックだったのを覚えています。

若い人を毎年見る、という点では、学校の先生も似たような面があります。
毎年、毎年、同じ年齢の子どもたちを見続けるのが学校の先生です。中学なら13~15歳、高校なら16~18歳。大学なら19~20代前半(後半も)。

私も、毎年のようにほぼ同じような年齢(二十歳前後)の子どもたちを見てきましたが、学校の先生と違うのは、漫画のアシスタントさんというのは、一緒に仕事をするだけでなくたいてい泊りがけなので、生活を共にします。だから、食事のしかた、お風呂の入り方、寝方、布団のたたみ方などもバッチリ見えてしまいます。

毎年、二十歳の子どもたちの定点観測をしてきて思うのは、30年前の二十歳と、今の二十歳は全然違う、ということです。
変わらない部分ももちろんあるでしょうが、でも、昔の二十歳と全然違う部分のほうがやはり私の目につきます。

上記のように「料理が作れる子」の割合は、30年前のほうが高かった。生活習慣も、昔の二十歳の子のほうが、布団のたたみ方や掃除の仕方など、ちょっと丁寧だったなあ…。

あと、漫画家のアシスタントをしているんだから、漫画好きだろうと思うんだけど、1ヶ月に読む本、漫画雑誌の量が、今の子のほうが圧倒的に少ない。(今のほうが漫画以外の楽しみが多すぎるから? 本を読まなくなったのは漫画業界の人だけでなく、社会全体だから…。)

それから、「好きな漫画家は?」とか、「好きな雑誌は?」と聞くと、間髪いれずにパッと答える子の割合が、昔のほうが高かった。

だいたい15年くらい前から、「好きな漫画家は?」と聞くと、「………うーん…」と迷ったり、「難しいですよね、それって…」と答える子が出てきて、これも驚愕の出来事だった。
好きな漫画家の名前くらいパッと言えると思っていたのに…。

言えない理由はいくつかあって、一つは、質問をものすごく難しく取りすぎて答えられない、という子が増えたこと。
気が利いたことを言わねばならない、という強迫観念から、雑誌名や漫画家名も、あまり大衆的な名前だと恥かしくて言えない、ということもあるそうだ。

あともう一つ、漫画家赤星たみこのところに来て、他の漫画家の名前を言うのは悪いなあ、と思うから言えないのだ、ということを聞いて、それもまた驚愕!

いや~~~~、私に気を使うのはありがたいけれど、そんな、私以外にも漫画家はたくさんいるんだから、他の漫画家の名前くらい言ったってかまわないし、言わないと会話が続かないのに…。

昔だと、赤星たみこの前で好きな作家名は「赤星たみこです」と答えるのはわざとらしい、ミエミエのお世辞にとられかねないから言えない、だからほかに好きな作家がたくさんいるんだから、とりあえず会話として作家の名前を言う、という子が多かった。

そう、30年前の二十歳の子と、今の二十歳の子は、気を使う部分が違う。

今の子のほうがものすごく気を使う。そこじゃないのに!というような部分で気を使う。と、思う。

30年前の二十歳の子と、今の二十歳の子では、コミュニケーションの取り方が違ってきているなあ、という印象です。
もっとはっきり言うと、私の印象では、毎年毎年、子どもっぽくなってきている、と思います。
若返っている、というと聞こえがいいけれど…。

どんどん若くなっているのは、いいことなのか、悪いことなのか。成熟を拒否しているのは社会全体なのか、若い世代だけなのか。
大人になることが嬉しかった、という時代は、もう終わったのかなあ?
by akaboshi_tamiko | 2007-10-05 02:44 | Comments(9)

9月は日記更新した回数が、この数年間で一番少なかったです。
今まで、かなり無理をしてでも、一日一行でも日記をつけて、世界最長毎日更新日記としてギネスブックに載るまでがんばってみようかな~、なんて思って書いてたのだけど。

9月は毎日更新ではありませんでした。
じゃあ、これでギネスへの道が遠ざかったのか、というと、そういうわけではないみたい。
以前、何かで読んだのですが、世界最長日記でギネスに載った人は、毎日ではなく、数日~数週間のブランクがあったそうです。

今はインターネット上での日記が世界中にあります。
そして、ネット上での日記毎日更新というその「毎日」も、最高で3か月くらいのブランクまではオッケーだとか、そんなことをどこかで読んだ記憶があるんです。

その時の説明によると、卒業、引越し、就職などでネット環境が変わって、ネット接続が出来ない時期もあるだろうから、まあ3か月くらいまでのブランクはあり得ることなので、それくらいは大目に見よう、とのことだったと思います。

というわけで、私の日記も1~2週間のブランクがありましたが、まだまだ「毎日更新」の範疇からずれていないので、ギネスへの挑戦はまだ続いているわけです。

なるべく楽しく、なるべく面白く、なるべく毎日。
なるべく主義で続けようと思います。(^^)

それから、日記のデザインは、一応エキサイトブログのお仕着せではありますが、毎月変えてみようかな、なんて考えてます。
なので、10月はこの街角のイラスト。自分でスキンが作れるといいんだけど…。それはまたいずれ。

by akaboshi_tamiko | 2007-10-02 03:23 | つれづれ日記 | Comments(0)


漫画家・赤星たみこの日記です。