人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2019年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日は平成の大晦日。ほんとに、平成もあとわずかだ。

昨日は肩と腕の痛みで、痛み止めを飲んで寝てしまった。大人歌舞伎の告知もしたかったし、いろいろ告知をしようと思っていたのだけど、首のヘルニアからくる痛みで、何もせずに寝てしまった…。残念。

痛み止めが、徐々に効いてくるタイプなので、もう少ししたらもっと痛みも減り、元気になれる予感がする。令和になれば痛み止めが効くはず!と思ってがんばろう。

今日は仕事をしつつ、あれこれ雑事を片付けている。明日も雑事で終わるかもしれないので、平成最後の投稿になるかも。

先日は宮崎NHKで平成を振り返るという番組に出演させていただいた。まだ自分では見ていないけど、何とかうまく放送できたようだ。放送倫理にひっかかるようなことはなかったらしく、ありがたい。

平成という時代は、日本では戦争が起きず、平和のうちに終わる。災害は多かったけれど、人災の最大のものである戦争がなくて本当によかった。

世界では戦争・紛争・テロがなくならず、何とかならないものか…。私一人が心を痛めても世界情勢はそれほど変わらないのだけど、平和を願う人が70億人になれば、必ず平和は訪れると信じて、平和、平和と言い続けたい。

なんてね、かなりまじめな話になってしまったけれど、令和が明るく平和で楽しい時代になりますように(-人-)

by akaboshi_tamiko | 2019-04-29 12:37 | 時事 | Trackback | Comments(0)
2019年4月26日、宮崎NHKの番組みやざき熱時間スペシャル“平成”からの伝言」に出演しました。千葉では見られないのですが、ラインで「見た!」「出てる!」というリアルタイムの報告があり、ネットの即時性を肌で感じました。

明日4月27日午前1005分~1117分にも再放送があります。
よかったらぜひご覧ください。

さて、大人歌舞伎の続きです。

開催日時は2019年(平成31年)4月28日(日曜)午後1時開演
場所は〒882-0402 宮崎県西臼杵郡日之影町岩井川2387−2 大人歌舞伎の館(←をクリックすると地図が出ます) 

衣装や小物がとにかく素晴らしいので、何枚か写真を撮ってきました。
鬘も昔から大切に保存して使っているものです。
b0019674_22392122.jpg
簪(かんざし)はもしかしたら本物の鼈甲?? 古いものなのであり得る話です。(ワシントン条約が出来るはるか前に作られたものですから!)
b0019674_22392798.jpg
髪の生え際がネットになっているものは新しいものらしいのですが、それでも大切に使われています。ケースも古めかしく、由緒正しい感じです。
b0019674_22394135.jpg
歌舞伎の館に入ると、この着物が展示してありました。いつの時代に作られたものなのか、今度帰った時には詳しく聞いてみたいです。
b0019674_22395891.jpg
古いものなので、保存が大変だそうです。一年に一度、晴れた日に虫干しをするそうです。それも見てみたい。
b0019674_22401813.jpg
こちらの衣装は襟付き。太功記二段春永の衣装。この着物全体にびっしりと刺繍された模様が素晴らしい。金の糸を使ったこの刺繍、いったいどれだけの時間がかかったものなのか…。

こういう衣装を惜しげもなく使い、大人地区の人たちと、緑のふるさと協力隊の若い人が混じって素晴らしい舞台を見せてくれるのです。
(「緑のふるさと協力隊」は、農山村に興味をもつ若者が、地域再生に取り組む地方自治体に1年間住民として暮らしながら、地域密着型の活動に携わるプログラムです。詳しくは→こちらを見てください)

b0019674_22404370.jpg
地域の人たちの練習風景。舞台も演者も本格的です。
b0019674_22555056.jpg
これは緑のふるさと協力隊の一員の方が女形に扮するらしく、振袖を着つけてもらっているところです。背が高いので振袖が映えますねえ。

日之影に帰るとこんな楽しそうなことがあるのかと、うらやましくなりました。
お近くの方はぜひ4月28日に日之影町へお越しください。

ゴールデンウイークは星雲橋の道の駅もリニューアルオープンしますよ!

道の駅「青雲橋」プレオープン記念イベント

日之影町大人歌舞伎 第10回桜公演

傾山山開き

五葉・トッキン岳山開き

春のロードフェスティバル

 

その他 GW中の見どころ

日之影川の鯉のぼり

天神山公園のつつじ


by akaboshi_tamiko | 2019-04-26 23:02 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)
宮崎県日之影町の大人歌舞伎のご紹介です!

日之影町大人地区に昔から伝わる歌舞伎は、1597年に亡くなった甲斐宗摂を偲んで始まったものです。
台本は上方歌舞伎と同じ。江戸時代大阪の台本も残っているとのこと。

衣装も当時のものが残っていて、それを大事に使っています。
b0019674_03544469.jpg
この刺繍! 丹念に施された刺繍が着物全体を覆い、ずっしりと重い着物を着て歌舞伎が演じられます。
b0019674_03555243.jpg
一体何キロあるんだろう?と思うくらいの衣装を着て、昔から伝わる台本に忠実に演じられる歌舞伎。
今年の演目はこのポスターを見てください。
b0019674_03575406.jpg
開催日時は2019年(平成31年)4月28日(日曜)午後1時開演
場所は〒882-0402 宮崎県西臼杵郡日之影町岩井川2387−2 大人歌舞伎の館(←をクリックすると地図が出ます) 

お近くの方はぜひ!
この歌舞伎の衣装、素晴らしいのでまだ続きます。お楽しみに!

そして宮崎県在住の方限定情報ですが、私、赤星たみこが4月26日19時30分~20時42分の
NHK宮崎の番組「みやざき熱時間スペシャル“平成”からの伝言」に出演します。再放送は翌日の427日(土)午前1005分~1117分です。

よかったらぜひご覧ください。

by akaboshi_tamiko | 2019-04-26 04:07 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)
NHK宮崎の番組「みやざき熱時間スペシャル“平成”からの伝言」に出演します。
放送日は4月26日19時30分~20時42分です。宮崎の人、見てくださいね!
(えー、、、その時の服装についてはこちらをお読みください。ダサくてよれよれだけど、宮崎愛に免じてお許しください…)

再放送は翌日の427日(土)午前1005分~1117分です。

宮崎県域/総合テレビなので、残念ながら宮崎県内のみの放送です。他県の方は見られないはずですが、近県の方ならアンテナを宮崎に向けると見られるという裏情報も…。


それから4月28日(日曜)には宮崎県西臼杵郡日之影町で、大人歌舞伎(おおひとかぶき)が開催されます!

場所は 〒882-0402 宮崎県西臼杵郡日之影町岩井川2387−2 大人歌舞伎の館(←をクリックすると地図が出ます) 

b0019674_00493691.jpg
1597年に亡くなった甲斐宗摂を偲んで始まったもので、台本は上方歌舞伎と同じ。江戸時代大阪の台本も残っています。
練習風景を見学に行ったのですが、これが素晴らしかった!!
(注意! 再生すると結構大きな音が出ます!)
地元の方たちが毎晩集まって練習をしています。昔の衣装がまた素晴らしく、それを大事に扱って本番に備えます。
地方の文化は本当にすごい。守る人がいるから残っている。残したいほどの魅力があるから残っている。地方に残る歴史と伝統の力は、厚みがありますね。

衣装がまたすごかった!! 400年前のものも大事に保存されていて、その写真はまた明日!
お楽しみに!!




by akaboshi_tamiko | 2019-04-25 01:10 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)
先週4月13日に宮崎へ帰ってきた。
NHK宮崎の番組収録のためである。

実は先月末、突然、腕と肩に激痛が走った。今までに経験のない痛みで、仕事もままならない。体はヨレヨレ…。そんな時にNHK宮崎出演依頼があったのだ。

メールでのやり取りには、後で読むとちゃんと書いてあったのだが、痛みのためにいろいろ読み飛ばし、考えもまとまらないまま宮崎へ向かった。

前日にはテレビ出演のための洋服でも買いに行きたかったのだが、激痛のために仕事も長引いていたし、買う暇もなく、普段着で出かけた。だって、、、カジュアルな服で、と言われてたのでね…

それに、私が呼ばれるんだったら、たくさんのゲストの中の一人だろうし、デスクの後ろに座って上半身くらいしか見えないだろうし、ま、いっか…と。

さて、13日昼頃、NHK宮崎へ到着。控室へ案内された。
「お着替えはこちらでどうぞ」
「あ、このままで出ます」
「えっ」

ヘアメイクの方にも
「お着換えは?」
「あ、このままです」
「えっ。……。………」

打ち合わせのあとスタジオへ行くと、メインキャスターのアナウンサーと、私が・・・
二人で画面の端と端に立って映るという、全身がテレビに映るという、大変なことになっていたのだ・・・
このヨレヨレの服で出るのか~~~…

聞いてないよ~~~、と言いたかったけれど、ちゃんとメールを読むとちゃんと書いてあった。痛みのバカ!! 痛みのおかげで読み飛ばしていたよ…

番組は「宮崎熱時間~平成からの伝言」。平成を振り返り、令和に向けてのいろいろな提言というもの。
内容はとても面白く、有意義だったので、ぜひ見て欲しい…んだけどね、私のヨレヨレカジュアルな服は無視してください。よろしく…。

ま、タイトルの「ヨレヨレ」は体と服の両方の意味なんだけどね。ほんと、ヨレヨレでしたわ…。

by akaboshi_tamiko | 2019-04-18 00:06 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)

元号と西暦 追記あり

中学生のころ「日本人とユダヤ人」という本がベストセラーになった。

今なぜこの本を思い出したのかというと、この本に日本がなぜ「元号」(年号)を使うのか、その理由(著者の考え)が書かれていたからだ。

初版が1971年で、昭和46年。50年近く前に読んだ本なのでうろ覚えだが、記憶をたどるとこんなことだったと思う。

西暦というのは外国のある宗教の教祖の生誕から始まった紀年法である。それを日本という国がなぜよその国の宗教で使われている暦を使わねばならないのか。

通年がわかるので一般の人が西暦を使うことも否定はしないが、国が出す公的な文書には日本独自の暦を使うべきであろう。

みたいなことが書いてあったと記憶している。(うろ覚えなので、新たに購入した時にでも解説入れるかも)

中学生だった私は、これを読んで「なるほどなあ」と思った。
当時、私は「西暦のほうがかっこいいじゃん」と思っていた。
中学生の視野の狭さ、海外のもののほうがかっこいいと単純に思っていたのだ。

あれから48年…。

私は西暦のほうが便利だと思うし、公的な文書にも西暦を入れるべきだと思う。
でも、年号も同時に併記すればいいと思う。

今や「西暦」を「キリスト教の人たちが使う特別な暦」と思って使う人はそういなくて、便利だから使うという人がほとんどだと思う。

便利なのは認めるので、公的文書に西暦を使うべきだと思う。
でも、よその宗教の暦を使うのであれば、日本古来の年号だって入れてもいいじゃん。

というわけで、私は年号と西暦は併記すればいいじゃん派です。

追記
実際には私は年号を使うことは全くない。

でも、お役所の文書には年号を入れないといけないので、間違えないようにカレンダーには西暦と年号を併記してもらいたいと思っている。

お役所の文書に年号を入れるのもやめたほうがいいじゃないか、という議論もあるけど、それは上記のように日本という国が出す文書なら、よその宗教の紀年法を使うより日本独自のものがあるんだからそっちを使うのも理解できる。

個人的には年号/元号を全く使わない私だけど、併記派なんですわー。

Wikipediaより
西暦とは、キリスト教でキリストと見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年とした紀年法である。ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語や英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ 」の略であり、「主の年に」という意味。

イザヤ・ベンダサン
現在では、ベンダサンの正体は、『日本人とユダヤ人』の出版元であった山本書店の店主でベンダサン名義の作品の日本語訳者と称してきた山本七平であることは間違いがないとされる。


by akaboshi_tamiko | 2019-04-03 02:13 | 時事 | Trackback | Comments(2)

今日ついたウソ

2019年4月1日は、新元号「令和」が発表された日だった。
それと同時に、エイプリルフールの日でもある。

当然、私は嘘をついた。毎年ついているのでね。

新しい元号「令和」は今年の五月一日に、現皇太子浩宮が天皇に即位してから始まる。
そして、それ以降、年内は令和元年、令和1年である。
ローマ字をつかって表記するとR-1だ。(ハイフンを入れるかどうかは議論の分かれるところだが)

と、長々と書いたけれど、ようするに今年だけR-1だ、というところが今年のウソのミソ。

私の友人のライングループでこんなウソをついた。わざわざ画像作って。
b0019674_19383771.jpg
R-1グランプリが令和元年と同じ意味なので、特番組むんだって!放送は来週です!

数十分は誰も突っ込まなかったけれど、ようやく同級生の一人が「エイプリルフール?」と聞いてきたので、「バレたか!」とウソだと明かした。信じた人いるかなあ?

ちなみに、日本はローマ字表記はヘボン式を使っているので、レイワの表記はReiwa になる。
RかLかで迷う人がいたのでちょっとびっくり。

日本がヘボン式をしっかり採用しているおかげで、パスポートとか戸籍でLとかCとか使えないで困っている外国の方が多いという話を聞いたことがある。(今は個人名に関しては緩くなっているらしい。)

個人名とか海外のお名前で日本語にない音を使っている場合はヘボン式だろうが非ヘボン式だろうがもともとの表記を使えばOKだと思う。けど、日本で作られた日本で使う元号に、日本では一応採用されていない非ヘボン式を使うとは思えない。

とまあ、レイワの表記はRで決まり。そうじゃないと今回のウソが使えなくなるのでね。てへっ。

by akaboshi_tamiko | 2019-04-01 19:51 | 時事 | Trackback | Comments(0)