人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新連載と手の痛み

毎日が発見ネットで漫画の連載が始まりました。
第一回はこちらから↓↓


ものすごく面白くて超人気の実話ブログが原作です。
原作の面白さを損ねないよう、ちょっとドキドキしながら第一回を入稿しました。

漫画を描いている間、去年からずっと続いている帯状疱疹の痛み、それから右手の変形性関節炎、頚椎ヘルニアからくる左手の痛み、ヘバーデン結節の痛みという、痛みが二重三重に出てきて大変でした。
新連載と手の痛み_b0019674_22575805.jpg

へバーデン結節。これが結構痛い。
新連載と手の痛み_b0019674_22564157.jpg
 
変形性関節炎で、サポーターが処方されてつけてます。

治療法は腕や指を酷使しないことが一番かな。あとはサポーターや湿布や鎮痛剤。
無理しないようにして頑張ります。

# by akaboshi_tamiko | 2022-03-14 23:02 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

2月28日(月曜)、NHKのあさイチに出演予定ですが、世界情勢が大きく動いている中、番組内容が変更になる可能性もございます。

変更になるかは当日までわからないのですが、みなさま、少しでも世界情勢が良くなるよう祈りましょう。

第一報を聞いたときは、本当に心が、、、と言うより、脳の奥底がシーンと冷えるような恐怖を感じました。


NHKあさイチ出演の件と戦後_b0019674_01110305.jpg


湾岸戦争のときよりも怖いです。

年を取るということは、様々な経験が嫌でも積み重なってきます。

実体験をしなくても人の話を聞いたり、ネットやテレビで見たり聞いたりすることで、戦争の悲惨さは若い頃より身に染みているような気がします。だから、若いころよりも戦争が怖く、嫌になっています。

両親は太平洋戦争真っ只中を生き抜き、父は従軍もしています。
母からは戦時中のつらい暮らしぶりを聞き、父は時折、従軍したときのつらい体験をちょっとだけ語ってくれたこともありました(語りたくないことばかりだったのでしょう…)。

わたしは太平洋戦争後にうまれたので、伝聞と映像でしか「太平洋戦争」を知りません。戦後生まれのほうが多くなっている今、日本は「戦後」の平和を享受しています。

ずっと日本では「戦後〇十年」という言い方をしていますが、でも、世界規模で考えると本当の「戦後」はまだ来ていません。永遠に来ないのかもしれません…。

世界のどこかに紛争の種がある限り、それは「戦前」です。そして今「戦中」の国もあります。
「市街戦」という言葉を使っているニュースもあったし、「戦争」よりもちょっとだけソフトな言い回しで言い逃れをすることもできますが、言葉を変えるだけで、実情はおなじでしょう。

少なくとも私は市街戦も戦争も、それから内戦や内紛やテロも、どれも同じく、人が死ぬような悲惨な状況で、絶対避けねばならないものだと思っています。

今朝Twitterで「平和な地から戦争反対を叫ぶのは甘すぎる。だけどそれでもいいから戦争反対を叫ぶ」というツイートがありました。うろ覚えですが、私も同感です。

甘いかもしれないけれど、戦争反対を叫ぶしかありません。
早く地球に「戦後」が訪れますように。

NHKあさイチ出演の件と戦後_b0019674_01154840.jpg


最後に平和な猫の写真を。
早く平和な戦後になりますように…。

# by akaboshi_tamiko | 2022-02-27 01:01 | Trackback | Comments(0)

来週の月曜日、2月28日のNHKあさイチにビデオとイラストで出演します。
テーマは男性更年期
NHKあさイチにビデオ出演します_b0019674_00204074.png

男性にも更年期があるのは徐々に知られてきていますが、まだまだ一般的に知られているわけではないみたい。

更年期は女性にしかない!と思っている人もまだ多いんじゃないでしょうか。
いえいえ、男性にもちゃんと更年期はあります。

哺乳類なら絶対、ホルモンの分泌量が大きく変わる時期がその生涯で2回来ます。

最初は思春期。そして更年期の二回です。

思春期は子供から大人になるためのホルモンがドバドバ出てバランスを崩してイライラしたりします。体も大きく変わります。男女ともに大きな変化の時期です。

更年期は中高年から高齢者になるころの、ホルモンが徐々に減ってくる時期です。

これを老化ととるとがっくり落ち込む人もいるでしょうが、私は女性なら、ヒトから女神へ変化する時期だととらえています。

男性更年期も女性更年期も、更年期の症状はいろいろです。

その「症状」をできるだけ軽くして、更年期障害にならないよう、いろんな対処法を試すといいと思います。
NHKあさイチにビデオ出演します_b0019674_00303004.png

ホルモン補充療法もありますし、漢方薬もあります。運動療法、食事療法、いろんなことを組み合わせて軽い症状でおさまるようにしたいですよね。

詳しくはあさイチをご覧になってください。
補足説明は私の書いた本もぜひご一読ください。よろしく~。






# by akaboshi_tamiko | 2022-02-24 00:45 | 更年期 | Trackback | Comments(2)

人間、年を取るとやる気がなくなるんだなあ、と思う。

いや、やる気のある高齢者も多いんだけど、私自身が高齢者になって思うのは、若いころなら長い文章や論文を読んでも、最後まで読み通す気力があった。

なのに最近は……、ないのよ、気力が…。

若いころ、一読してわからない文章があれば二読、三読して、わかるまで読んだ。わかるまで読めばわかるのに、わかるまで読まなくなったからわからないままになってしまった。
(わかりにくい文章になってしまった…。)

わかるまで読めばわかる、というのも、いやいや、いやいや……。
どんだけ読んでもわからない文章だってある…。
思考力がおちているからわからない言葉も増えたし、忘れた言葉も多い。
となると辞書を引く…。

しかし、1ページに何か所も知らない言葉、わからない言葉があれば億劫になる。字が小さいくて読みづらいもの困る。web辞書に頼ることもおおくなったけど、わからない言葉が複数だと紙の辞書のほうが使いやすい時もある。

若いころは辞書のページに指を何本かいれて、そのページの言葉を何度も参照しながら読んで、何としてでも理解してやる!と思って読んでいたが、今はそんな根気ないですわ…。

でもまあ、好きなことなら根気も気力も行動力もあるのよねー。

やかん磨き、好きだからやる。行動力、落ちない。(思考力はあまり使わないかな。なれた手順だから)
思考力と行動力が落ちるなあ_b0019674_23171798.jpeg
これ、とろとろ石けんで磨きました。
ほんとにするする汚れが落ちるから、楽しく磨きました。

# by akaboshi_tamiko | 2022-01-30 23:25 | Trackback | Comments(2)

右利きの絵

エキサイトブログの仕様として、最初の画像がプレビューとして出てしまう。それだと種明かしが先に出るみたいだから、関係ない猫の写真を一つ目に入れておこう。(なので、内容とは無関係です) 

右利きの絵_b0019674_02511961.jpeg

右利きの人だとどうしても顔を描くとき向かって左側が長くなるみたい。最初は私だけの癖かと思っていたら、右利きだとそうなる、と聞いてホッとするやら対策考えねばと思ったり。


右利きの絵_b0019674_02530783.jpg

ほらね、写真をじっくり見て描いているのに、どの絵も向かって左側の顎がなんか長いような大きすぎるような…。(中央の服装まで入れて描いているのは、まあまあかな…)

これは「グランマ!」に新しく出てくるキャラクターを考えていて描いたもの。
カッコイイおじさま、イケオジを考えると、今どきはどうしても松重豊さんか遠藤憲一さんか舘ひろしさんになってしまう。
(草刈正雄は、私の中では若い頃のMG5とかモデルをやっていた頃のイメージの方が強いので、オジサマ認定はしていません)

結局、松重さんにちょっと似た感じのキャラを創作した。でもほんとはガッツリ似せたかったなあ…。
諸般の事情によりそっくりに描いてはいけない、ということもあるにはあるのだが、それより私の画力では似せた絵が動いてくれなかったのだった…。

止まっている一枚絵なら似せても描けるけど、これをしゃべっているところ、動いているところ、横顔、斜め上から、斜め下から、というアングルで似せて描くのは超たいへん。

なんとなく似ているような、似てないような、別人のような…というキャラがちょい前から出ています。
毎回出ているわけではないので、お見逃しなく。

# by akaboshi_tamiko | 2022-01-24 03:10 | 仕事 | Trackback | Comments(6)