漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
今日は六本木ヒルズの森アートギャラリーで開催されている少年ジャンプ展に行ってきました。
b0019674_01202345.jpg
正確に言うと、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL2―1990年代、発行部数653万部の衝撃」です。

いや、本当に衝撃でした! 発行部数653万部の雑誌の持つ力、そこに載っている作家さんたちの力をまざまざと見せつけられ、衝撃と感動の波に打ちのめされた感じです。

会場に入ってすぐ、鳥山明先生のドラゴンボールの原画がズラリ。その美しい原画に衝撃!!! 手描き原稿なのに「デ、デジタル!??」と思うくらい!!!!! 修正が少ない!!!!!
思わず顔を近づけてじっくり見ると、密度の濃い集中線、動線、流線が、キャラにも吹き出しにも枠線にもかからずきっちりきれいに入っていました!!!

何百本という線が描いてあるのに、ホワイトの修正が一つあるかないか、という丁寧さ!!!! マスキングテープを貼ったのなら修正要らないですが、一つ二つあるということは、マスキングしていないってこと!!!???

今回「!!!!!」が多いのは、鳥山先生のネームにそれが多かったからです。影響すぐ受ける私。そして、写植はゴナEかな。(ゴナEは太くて角ばった書体)

後半になるとほかの作家さんのネームにゴナINとかゴナLBといった書体も出てきました。これは太い角ばった文字の中に白い線が入っているもの。こういう書体の流行りにジャンプが果たした影響は大きかったんでしょうね。なんせ、80年代からずっと300万部、400万部と伸びてきて、最高で653万部、そりゃー、写植を目にする人口が多いってことは、その後のゴナ系の文字の隆盛に一役買っていることと思います。

今回は漫画家や編集者の友人たちと一緒に見に行ったので、じっくり一枚ずつ丁寧に見ました。
感動だけでなく… 私は思わず嫉妬と羨望の気持ちも湧いてきて、少し苦しいような気もしました…。

それって、私が小物だから、というのもあるんだけど、私の中にまだ漫画への負けず魂が残っていたのかも? と、ポジティブに考えてみることにしました。

しかし、「負けるもんか」って…。あの当時、世界一漫画のうまい人たちが集結していた少年ジャンプの原画展を見てそんなことを思うこと自体が大それているんですが、こんな小物漫画家の私にそんなことを思わせるなんて、やっぱりジャンプの力はすごいと思います。

ま、、、負けるもんか…

意気込みを新たにしつつ、見終わったあとはコラボカフェでご飯とスイーツを食べてきました。
b0019674_01354797.jpg
b0019674_01354091.jpg
b0019674_01355610.jpg
b0019674_01355143.jpg
b0019674_01374338.jpg
b0019674_01360291.jpg
スイーツはどれもかなりのボリュームでした。どれもおいしかったですよ!

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-06-16 02:07 | 行ってきました | Trackback | Comments(0)

糠漬け始めました

ここ一か月くらい毎日自家製糠漬けを食べている。おいしいわ~。

初日は、スーパーで売っている発酵済みの糠床を買ってきて、それにキュウリと人参をつけてみた。買ってきたばかりなのでまだ味が練れてなくて、塩気が立ちすぎていたけど、次第に味が良くなってきた。

糠を買ってきて始めるのはちょっと面倒だけど、こうやってすでに発酵している糠床を買ってくると、なかなか便利。
今はプラスチックの大き目の容器にぬか床を入れて、毎朝キュウリ一本、ニンジン一本を漬け、前日漬けたものをあげて食べている。たまに蕪やキャベツの葉やショウガを入れたりもする。

この糠漬けを始めてから一か月、ニンジン一本が毎日消費されている。オットと二人で一本を毎日毎日食べ続けているのだが、こんなにコンスタントにニンジン一本が消費されるって、今までなかったことだ。

コストコで売っているニンジンの大袋(確か2キロか3キロ入り)は、いつも余るのに、今回はしなびる前に食べ切った。ベータカロテンたっぷりの食生活。

毎朝、起きたら糠床から漬物を出す、という習慣ができてしまうと、つい朝食を作ってしまう。
今まで、起きたらだらだらネット見ているうちに時間が過ぎて「朝ごはんどうする~?」「う~ん、なんか食いに行くか」というような怠惰な流れだった。

おいしい漬物があると、オカズが簡単でもなんとか体裁が取れる。それでうっかり朝食を毎日作っている。
いや~、「そんなの当たり前のことだろ」と思われそうだけど、義母と同居していたとき以外は、うちでは朝ごはんはすごく軽んじられていたのだ。

いい習慣なので、これは続けていきたい。ぬか床をダメにするとものすごくがっかりするので、大事にしつつ、ついでに朝ご飯も。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-06-13 17:11 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)

大人の気遣いと浄化槽

私はよくエコに関する講演をしているけれど、大きなイベントだと業界団体、関連業界、政治も絡んでくる。そうするといろんなところに気を配らないといけない。

だけど、そういう人たち全部に気を使った発言をすると、全くもう、前に進めない。

浄化槽をちゃんと機能させるためには点検や清掃が欠かせないのだが、その費用は個人負担だ。
下水道は個人負担が3割程度で、残り7割は税金でまかなわれている。

その税金は、浄化槽ユーザーも支払っている。
浄化槽ユーザーは下水道ユーザーの使用料も間接的に負担し、浄化槽の経費も個人負担しているのだ。

同じ「水をきれいにする装置」なんだから、浄化槽のコストも税金でまかなってもらいたい。そうすれば、点検や清掃の費用を出し渋る人もいなくなるわけだし、日本の水環境はもっともっとよくなるはずだ…。

というようなことを、10年ほど前、ある講演で話をした。漫画家として、一ユーザーとして、エコエッセイストとしてなので、どの団体にもお役所にも気づかいなしで。

こういうことは浄化槽業界団体の人はなかなか言いづらいことらしい。お役所に気を遣うので。

というのは、浄化槽の管轄と下水道の管轄は省庁が違うのだ(浄化槽は環境省が管轄。下水道は国土交通省が管轄している)。
浄化槽の維持管理を税金で、設置にも補助金を出してもらいたいというのは、国土交通省に遠慮があってなかなか言えないらしい。私みたいに何の利害関係も無い人間が、どこにも気を使わないでパッと言うと、業界の人たちは内心拍手喝采だった、ということだ。(と、この講演のとき、楽屋で聞いた)

あれから10年以上経って、最近は自治体が浄化槽の管理をしてくれるところも増えてきた。この流れ、止めないでほしい。

私みたいにどこにも所属しない人間が、なんの気遣いもなく発言してきたのは、ちょっとは意味があったのかも。
と思いたい。


・・・・・・・・・・
という昔の話を持ち出したのは、ある出来事があって、私の気遣いのない講演にムカついている人がいる、ということを知ったからです。(この講演とは違う、別の講演での話ですが)

大人の気配りを学ばないまま還暦になってしまった。
私もいい大人(であるべき年齢)だけど、そういう仕事がらみのやりとりとか、権謀術数というようなやりとりは全く経験が少ない。

大人になるって、いくつになっても難しいことなんだな。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-06-06 14:02 | 言葉 | Trackback | Comments(2)
石鹸はものすごく汚れ落ちがいいのに、誤解している人がたくさんいます。

石けんユーザーは人口の5%未満とか、3%未満ともいわれています。その少ないユーザーの方たちですら、石けんは環境にいいから使っているけど、汚れ落ちはイマイチだよね、とか、黄ばむのあたりまえだよね、思っている方も多くいらっしゃいます。それ、誤解ですから…。

さて、そういう誤解を抱かせる原因の一つに、洗濯機の取扱説明書があります。

多くの洗濯機の取扱説明書には「石けんは使えません」とか「石けんを使う場合はすすぎを十分にすること。合成洗剤に比べ衣類に残りやすいので黄ばみやにおいの原因になります」という文章が載っていたりします。

いやいや、そんなことないですよ!
石けんは合成洗剤に比べ衣類に残りやすいって、そんなことないですから!
ただし、「石けんは残りやすい」というのは、溶かし込みをしていない石けんは、という枕詞が付きます。

溶かしこみをしていない石けんは、残りやすい。

もっと言うと、「溶かし込みをしていない合成洗剤も残りやすい」です。

合成洗剤はミセル臨界濃度が低く、これは薄めても薄めてもものにしみこむ力が弱まらない、という特徴があります。なので、そもそも残留しやすい物質なのです。衣類に残留分が多いと、衣類が固くなります。だから柔軟剤が必要になるんです。

合成洗剤がこの世に存在しなかった時代には柔軟剤というものは必要がなく、存在していませんでした。
合成洗剤は残留しやすいので、それを前提に柔軟剤が開発され、柔軟剤を使うことを前提に洗濯機が開発されています。

しかし、溶かし込みをきっちりしたら、合成洗剤ですら洗浄力が上がるし、すすぎ性が上がるので、香料の強いにおいも残りにくいし、何といっても衣類がふんわり洗いあがります。柔軟剤を使わなくてもいいくらいに。

そして、石けんも溶かし込みをきっちりすると、合成洗剤以上の洗浄力があります

実際に私の友人の話ですが、
1.合成洗剤で洗っていたときは汚れが落ちていなかった、部屋干しの臭いもしていた。
2.溶かし込みをしてから衣類を入れて洗うと、臭いが取れた! 襟や袖の汚れが落ちた!ふんわりした!
 
3.溶かし込みになれたので、石けんを使ってみたら、合成洗剤溶かし込みでも落ちなかった汚れが落ちた! 
  ・長年使っていてグレーになっていたベビー用タオルが、本来のピンク色が戻ってきた!
  ・何度洗っても落ちなかったシミが、石けん溶かし込みで洗ったら一回で落ちた!

という話を聞きました。

私は、実は、2の段階で、合成洗剤ですら溶かし込みをすると汚れ落ちがよくなるし臭いもとれるので、無理して石けんを勧めなくてもいいのかな、、、と思ったりもしていました。

でも、そんな人が石けんに変えたら、さらに汚れ落ちがよくなったというので、やっぱり石けん最高!と思うんですよね。

合成洗剤でも、溶かし込みをすれば柔軟剤いらなくなるし、部屋干しのにおいもかなり軽減するので、無理にとは言いませんが、溶かし込みになれたら石けんも一度使ってみてほしいな、と思います。

溶かしこみさえちゃんとすれば、すすぎも楽です。溶かし込みさえキチンとしてあれば、石けんはそもそも残留しにくい物質なのですから。

石けんの能力、誤解されていますが、ちゃんと使ってくれれば、汚れがほんとに落ちますから!
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-05-30 22:54 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(4)

誤解されている石けん

NHK、Eテレのまる得マガジンでセスキと過炭酸塩の使い方をじっくり紹介しました。
みなさん、セスキの威力、過炭酸塩のすごさにびっくりしたようです。今まであきらめていた汚れが落ちるので、掃除や洗濯の喜びを再発見したかもしれません。

そう、汚れが落ちるって、喜びなんですよね! 洗濯とか、換気扇洗いとか、ストレス解消になります(個人の感想です)。

でも、多くの人が「セスキがすごい!」「過炭酸塩すごい!」と言ってくださるのですが、実は毎日の暮らしの中で一番汚れ落ちがいいのは石けんなんです。

いろんなテレビ局や雑誌から「汚れ落とし」の取材を受けたり、番組に出てくれないかというオファーがありました。そのたびに「石けんが一番汚れが落ちますよ。特集やるなら石けんですよ」と提案してきましたが、その都度、「石けんで汚れが落ちるのは当たり前って感じですけど、重曹とか食べ物に使えるもので汚れが落ちるほうが目新しいので、そっちで行きたいんです」と言われました。

「でも、重曹だと手間がかかりますよ。石けんのほうが簡単にすぐ汚れが落ちます」と言うと、「いや、我々は手間がかかっても目新しいものをやりたいんです」と、はっきり言われたことが何回もあります。

そう思うとね、、、、
セスキが受けるのも、過炭酸塩が受けるのも、「目新しいから」ということもあるんですよね…。
本当はセスキも過炭酸塩も昔から使われていたのに、合成洗剤が台頭してきてからいったんすたれてしまったんです。それを、90年代後半から2000年代にかけて、もう一度復活させようと頑張ってきた人たちがいるんですよ。
もちろん、私もその中の一人で、石けんも復活させようと、頑張ってきました。

セスキ、炭酸塩、過炭酸塩は最近になって初めて聞く人も多いようです。だから目新しい部類に入り、今受けている。でも石けんは生活の中になんとなくあったので、目新しさはない。だから受けないのかも。

それと、石けんはいろいろ誤解されていて、「環境にはいいけど汚れ落ちはイマイチ」と思いこんでいる人がとても多いのです。
ちゃんと使えばこんなに汚れ落ちのいいものはないのに…。

そのやり方は、「ちゃんと溶かす」だけなんです。
これは合成洗剤も石けんも同じです。ちゃんと溶かすだけで汚れ落ちは全く変わってきます。その話はまた明日。
今日はちょっと力尽きました…

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-05-30 01:56 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)