人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
9月9日〜10日の記録。
大規模停電中の千葉を離れ、ようやく東京に入った。日付が変わり、10日の午前1時半くらいだった。

明かりがついているのは本当にありがたい。
b0019674_02303292.jpeg
友人宅の近くのコンビニでおにぎりを買った。棚にぎっしり隙間なく食べ物が置いてあることに感動。

家を出る時から、友人には到着は何時になるか見当がつかないと連絡してあったが、さすがに2時を過ぎて申し訳ない。が、電話ですぐに起きてくれて家に入れてくれた。

急いでパソコンの設置をして、クリスタがちゃんと動くことを確認。
b0019674_15255742.jpg
b0019674_15262859.jpeg
用意してあった布団に入ったのは4時過ぎだった。
続く。

追記(10月8日)
「続く」と書きましたが、締め切りの最中なので、写真の整理などの時間が取れずちょっと延期します。

個人的な記録は9月9日~10日未明までなので、全体的な記録は写真がメイン。この写真が膨大で(しかも同じような写真ばかりで見分けがつかない…)、整理に時間がかかりそうです。しばしお待ちください。



# by akaboshi_tamiko | 2019-10-06 03:26 | 時事 | Trackback | Comments(0)

台風15号の記録3

2019年9月9日の記録。

長い長い一日がまだ続いている。
我々は深夜11時過ぎに、自宅を出て東京へ向かった。
b0019674_03460807.png
b0019674_04165941.jpg
黒い線が閉鎖されているところ。夜8時40分に検索したとき、この状況だった。
車のヘッドライトで明るく感じるが、道路以外のところは真っ暗。
うちから千葉北まで1時間以上かかったと思う。
b0019674_04324488.jpg

ようやく千葉北インターが見えてきた。
b0019674_04160886.jpg
普段、深夜にこんなに混むことはない。やはり、成田で高速に乗れなかった車が下を通って渋滞していたのだ。

そのときは、停電くらいでなんでそんな長い区間を閉鎖するのだろう?と思っていた。
道路は家屋と違ってエアコンや冷蔵庫がないし、照明くらいしか使ってないのに…と、その時は思っていたのだ。
しかし、この後、高速に入ってみてわかった。

普段何気なく見ている電光掲示板や標識。渋滞情報や事故情報も電気がないと一切使えない。そんな状況では危なくて車を通せない、と判断するのもやむなし。
(千葉北からは電気が来ていてそれらはちゃんと表示されていたので安心)

停電の余波は本当にいろんなところに出る。

夕飯を食べていないけれど、とにかく食べ物を買う場所がない。コンビニがあっても閉店しているか、開いていても食べ物がない。

とりあえず高速に乗ったらサービスエリアで何か売ってるかもしれない。かすかに期待しながら習志野へ向かう。
b0019674_03464666.png
残念!! もう12時過ぎていたし、普通に考えればレストランとか閉まっていて当然。なのに、何か買えるかなあ、と期待してしまった…。

でも、SAは混雑していた。大型トラックがいつもより多く、観光バスもいた。遠くに見える東京方面の夜空には、明かりがポツポツ見えて、ホッとした。

このとき、トイレに行ってあることに気付く。
b0019674_03485368.png
高速道路のトイレには大型の合併処理浄化槽がついている。これは浄化槽にブロアで空気を送り、微生物の力を高めて浄化するというもの。

習志野サービスエリア近辺の停電がどのくらいの時間だったかはわからないけれど、いつもよりニオイが強かったので、きっと浄化槽のブロアが動かない時間があったのだろうと思う。

停電の影響はいろんなところに出るなあと、しみじみ思ったのだった…。

(余談:うちのトイレも丸4日間停電でブロアが止まっていたが、電気が来てからはほぼ1日でニオイは解消した。数日程度では微生物、ちゃんと生きていてくれるのだ。ありがたい。)

長い長い一日は日付を超えて、まだ続く…。

# by akaboshi_tamiko | 2019-10-05 04:30 | Trackback | Comments(0)

台風15号の記録2

2019年9月9日の記録。
この日は本当に長かった…。前半はこちら(台風15号の記録1)

夜9時頃まで成田イオンで仕事をして、車で自宅へ戻るときには、これはいよいよ大変なことになっている、という気になってきた。
b0019674_02232405.png
いつ復旧するか全くわからない状況で、自宅にいても仕方がない。
友人にラインすると、「うちに来て~」と言ってくれた。ありがたい。
とにかく家に戻って支度をせねば。

自宅に入ると、真っ暗闇。車の中に常備してある懐中電灯をつけて家に入ると、エアコンが止まって10数時間…。
ムッとする熱気と、猫トイレのにおいがした…。
b0019674_03135914.png
真っ暗な中で猫たちは特におびえた様子もなく、普通にじゃれてきた。
ごはんと水をあげ、トイレ掃除をして考えた。
b0019674_02330913.png
猫を連れていく場合のストレスと、置いていく場合のストレス、どっちが強いだろうか。

連れていく場合は、4匹をケージに閉じ込める、長距離を移動させる、知らない家ですごす、というストレスがかかる。
置いていく場合は、停電でエアコンが使えない、暑さのストレスのみ。

餌と水とトイレは2日くらいなら大丈夫。(この時点でもまだ2日くらいで復旧するだろうと思っていた)

暑さだけなら、短毛種の猫はもともと暑い地方の生き物だし。うちに長毛種はいない。というわけで、おいていくことに。ごめんよ、すぐ戻ってくるからね。

真っ暗闇の中、パソコンの解体を始めた。解体といっても、デスクトップの本体とモニターをつなぐケーブルを外すことだが。これが大変な作業…。

どのケーブルをどの口に挿せばいいのか、あとでゴチャゴチャにならないよう、いちいち写真を撮っておいた。
b0019674_02522114.jpg
この2枚だけでなくすべての機器の差し込み口に、どれをどう挿すか、写真に撮り、動画も撮った。
そうしないとほんと、東京の友人宅の近所には、すぐ来てくれるPC機器のサポートの人はいないんだし。自分でやらねばならない。

懐中電灯を手でもっていると作業できないので、頭にのせ、ほっかむりした手ぬぐいで括り付けた。
b0019674_02563842.jpg
デスクトップ本体、モニター、ケーブル、ハードディスク、電源コード、USBポート、マウス、ACアダプタ、ゴチャゴチャしたものを箱にいれ、玄関まで運ぶ。
b0019674_02420962.png
外のほうが明るいのでは?と一瞬思ったのだが、外も暗い。だって街灯も、よその家の電気も全く点いていなかったから。

私のPCを車にのせ、動かないよう周りにいろいろ詰め込むと、もうぎっしりだった。夫は自分のPCも入れたかったのだが、そんな余裕はなかった。

とにかく私が先に友人宅で仕事を再開し、翌日に夫だけで一度戻ってPCを取りに来よう、ということにした。そのとき猫の様子も見られるし。

いろいろ忘れ物とかありそうだったが、意を決して出発。高速を使えば1時間で行けるはず。

しかし、この日、東関東自動車道は大変なことになっていたのだった…。
続く。






# by akaboshi_tamiko | 2019-10-04 03:17 | 時事 | Trackback | Comments(0)

台風15号の記録1

台風15号の襲来により、千葉県の中心部にあたるわが町も停電になった。
私の家の近辺は9月9日未明~9月12日深夜までの丸4日間だった。

同じ市内でももっと長く停電していた地域もあるし、千葉県全土、東京の離島なども入れるともっともっと被害は大きい。

他所の地域の被害を思うと心苦しいのだが、うちのこの4日間の停電中の記録をメモ帳にイラストで描いていたので、私的な記録として残そうと思う。
まず、昨日の記事のように9月9日未明、風の音と家の震動で目が覚めた。午前2時ごろだったと思う。
そのときには常夜灯が消えていたので停電が分かった。
b0019674_00424980.png

開口一番、夫に「停電してる! 明日の朝、冷蔵庫開けないで!」と言って、また眠ってしまった。

9日(月曜)起きてから、まだ停電していることにちょっと驚く。仕事が心配になった。
デジタルで仕事していると、停電は本当につらい。
が、まだのん気。
b0019674_21212672.png
冷蔵庫が心配だったが、とにかく冷気を逃がさないようドアは開けない!
つまり自炊はしない、ということ。食事をとりに出かけることにした。
b0019674_21323370.png
こういう山道、あぜ道を抜けて、広い道路に出ると、信号が点いていない! 停電はいったいどのくらいに広まっているのか!? びっくりするけれど、まだまだ甘い考えが捨てきれない。
「夕方には復旧するよね」「だよね」

近所のアウトレットモールも閉鎖中だったので、成田のイオンへ行くことに。
b0019674_21364999.png
平日の昼間なのに、妙な混み方だった。月曜日だというのに家族連れ、お年寄りとか子連れの客が多い。
近所で停電している人たちが、自宅ではごはんも作れない、冷房も入っていない、ということで避難してきていたのだと思う。

イオンで食事をしていったん帰ったら、自宅に近づくにつれスマホの電波が弱くなっていて、自宅周りでは圏外になっていた。
b0019674_22001686.png
ああ、iPad持っていて本当によかった!
スタバでWi-Fiも使えたし、iPadとアップルペンシルがあれば、一枚のイラストならなんとかなる!
b0019674_22041695.png

iPadProの11インチで、やや小さめではあるけれど、クリスタを入れていて本当によかった。
漫画家の友人阿部ゆたかさんに使い方習っておいて本当によかった…。

9日は夕方から夜の9時までスタバで仕事をして、自宅に戻ったのだが、その話はまた明日。

夜の停電はまた大変だった…。



# by akaboshi_tamiko | 2019-10-02 22:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)
台風のとき最大瞬間風速を秒速で表すことが多いけれど、これって私はなかなか実感しづらい。

今回の台風15号では、ネット新聞の見出しに「最大瞬間風速60m」となっていた。
家が揺れるほどの風だったけれど、あとから60mと聞いて、全然実感がわかなかった。
b0019674_00424980.png
普段の生活では速度はたいてい時速で考えている。車とか電車とか飛行機とか、時速で言われたほうがピンとくる。

で、いつも秒速○メートルは時速何キロメートルかを計算するのだが、
秒速×60×60÷1000 という、面倒な式になる。
私は子供のころに父から「算数でわからんことがあったら、図に書け」というありがたい言葉をもらっている。

図ではないけど、紙にいろいろ書いてみた。書かないと混乱してわからなくなるのだ。頭の中でどんだけ計算しても、ダメ。紙に書くというアナログで目に見えることをしないと覚えられない。
例えば秒速10mでは時速何キロになるか、をまず計算。
b0019674_00164308.jpg
よし、とにかく、秒速に3.6をかければいい、ということだ。その数字をkm/時だと思えばOK.

しかし、3.6をかけるのって面倒なので、小学校の頃に習った「簡単な計算方法」を使うことにした。

例えば、1個140円のお菓子を5個買うといくらになるか、という場合、
140を5倍するより140を10倍して半分にするほうが簡単、というもの。
5という数字は10の半分だからね、という教えだった。

で、3.6という数字は、4×0.9だ。
ということは、秒速に4かけて0.9かければいい。
でも、0.9をかけるのはまた面倒。

1割引くのはどうだ?
b0019674_00213683.jpg
これを大きく紙に書いて、壁に貼った。台風シーズンは、これで風速が時速ですぐわかる。
時速何キロメートル、のほうが、台風の強さがすぐ実感できる。
b0019674_00074387.jpg
秒速を時速にするには4倍して1割引く。
父の教えと小学校の授業はありがたいなあ。これで時速がすぐ出る!

というわけで、秒速60mは、
60×4=240
240-24=216  時速216㎞

秒速60mの風が吹くと言われても全然イメージわかないけど、時速216㎞って、ほとんど新幹線の速さだ。こっちのほうがイメージしやすいと思うな。

# by akaboshi_tamiko | 2019-10-01 20:00 | 時事 | Trackback | Comments(0)