漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
ビタミンDの大切さを説く番組「ビタミンDの警告」にちょこっと出演しました。放送は終わっていますが、ネットで見ることができます。

今までもミネラル豆乳ダイエットで、韓国のテレビ番組に取材されたことがありますが、今回はビタミンDに関してです。ビタミンDは骨粗しょう症の治療にも使われる、健康にはとても大事な栄養素の一つです。

番組はすべて韓国語ですが、日本人の医師や大学教授の方たちも取材されています。私もその中の一人で、ちょこっとでているので、よかったら見てください。

仕事風景を撮るといわれて、机回りだけだと思っていたら部屋全体が撮影されていて…がっくり。片づけてないゴチャゴチャの部屋が映っていました。はぁぁぁぁ…溜息が出てしまったけど、みなさんそこは目をつぶってみないでください。

番組公式サイト・チャンネルAテレビ http://www.ichannela.com/

こちら↓↓が番組が出ているページ。

直接いただいたメールには「특별기획 비타민 D의 경고.mp4のところをクリックしてください」とあり、それ(メールに出ているもの)を直接くりっくするとメディアプレーヤーですぐに見ることができました。

番組サイトから見るにはログインが必要なようです。
ログインするにはメルアドの登録など必要なので、見たい方はご自分でログインしてみてください。

私は番組の半ば過ぎに出てきます。仕事部屋が汚いので驚かないでください…

# by akaboshi_tamiko | 2019-03-06 17:56 | Trackback | Comments(0)

猫と寝る

寝るときにiPadで本を読んだり絵を描いたりしている。そんなとき猫がよく邪魔しにくる。
こんな感じ…。
b0019674_03444945.jpg
これはまだおとなしいほう。ひどいときは頭を私の顔に押し付けたり、お尻を顔(特に鼻に)押し当ててくる。

まだ今の小町はいいほうだ。2013年に遠くへ旅立ったコマちゃんは、よくトイレに行ってから私のベッドへ入ってきたから、その残り香をまといつつ、私の鼻にお尻を近づけていた。……。
寝室のドアを自分で勝手に開けられるので、いつでも自分がトイレに行きたいときは行って、また戻ってくる。
だから残り香が…。

先代のコマちゃん、フルネームは小毬(コマリ)だ。小さな毬と書くけれど、本当は「困りもの」からきている。困るよねー。

二代目コマちゃんの小町は、寝室のドアを自分で開け閉めできないので、いったん寝室に入ったらトイレに行かない。行きたいときはニャーニャー鳴いて、ドアをカシカシカシカシひっかいて、音で私たちを起こす。

猫と寝るのは…
b0019674_03562136.jpg
「のさーん」というのは宮崎の方言で、なんて言ったらいいかな。
「やっかいな」「困った」「やだねえ」みたいな意味である。のさん、ねえ。

# by akaboshi_tamiko | 2019-02-28 20:00 | ペット | Trackback | Comments(0)

血圧を安定させる薬

血圧の薬を飲んでいるわけではない。
いつも私の血圧はたいてい安定している。高くもなく、低くもない。

2か月に1度、高脂血症の治療のため内科の病院で血液検査を受ける。その際に血圧も計る。
血液検査はもちろん専門の技師が採血するけれど、血圧は自分で測って提出する。

病院の廊下に血圧計があり、それに腕を入れて測定するだけなのだが、そのときいつも私は猫のことを思い浮かべている。

ペットを触ったり、触れ合っていると血圧が安定する、というのはよく知られた話。なので、測定するときに思い浮かべるだけでも安定するだろうと、いつもうちの猫を抱いているシーンを思い浮かべているのだ。

昨日、病院で血圧を測るときにいつものようにうちの猫、小町のことを思い浮かべていた。

普段なら猫がグルグル喉を鳴らすところを思い浮かべる。柔らかな毛並みを触っているシーンとか。

しかし、昨日はなぜか小町が寝ている私の顔に頭をぐいぐい摺り寄せてきて、頭突きをしているところが浮かんだ。頭突きだけならまだしも、私の顔をぺろぺろじゃりじゃりなめたり、くるくる回ってお尻が私の顔に当たるとか、そんなシーンを思い出してしまった。よくあることなのでね…。

そうしたら、すごく愉快な気持ちになって、クスクスどころか、プーッと吹き出しそうになった。イカンイカン、笑いを無理に抑えようとすると、血圧が上がってしまうのではないか???

抑えよう、抑えようとすればするほど笑いが込み上げてきた。血圧計の収縮がようやく終わり、結果が出た。

よかった…上は110台(確か後半)だった…。まあ、いつもは110台のもう少し前半なんだけど。でも、そんなに大差なくて、無理に笑いを止めても大丈夫だ、ということですね。

ペットはやっぱり血圧を安定させる薬になるんだな~。



# by akaboshi_tamiko | 2019-02-28 01:10 | Trackback | Comments(0)
2月23日は、ここ数か月で初めての遠出をした。(骨折以来全然出歩いていなかったのでね)

美術好きの友人に誘われて埼玉県の美術館を二つ梯子して、夜は西川口で中華料理を食べたのだ。遠出すること自体が久々だし、松葉づえ、杖を持たずに長距離を歩くのも超久しぶり。おかげで足腰がガクッと疲れたので、途中で私だけ抜けて帰ろうかと思ったくらいだった。

それくらいへばっていたのだが、今日みんなで行く中華屋さんはすごくおいしいと聞いていたので頑張って行ってみた。

そうしたら! 噂にたがわず、本当においしいお店だった!
もう、超満足!! 

料理の写真は撮らなかったけど、最後にみんなで楽しくしゃべっているところを写生。
b0019674_02121702.jpg
お店に入って順番通りにテーブルに着いたらなぜか男子4人と女子4人がくっきり両側に分かれてしまい、これはまるでフィーリングカップル4対4ではないか。

今回のメインのアートツアーは埼玉県西川口にある河鍋暁斎記念美術館と、北浦和の埼玉県立近代美術館の詳細は、またアートカテゴリで。
とりあえずこのイラストを載せるとお店の人に約束したのでね。

食べログ・福建料理専門店 福記

唯一あっさりしている中華料理が福建料理だそうです。
ハイリービン、おいしかった~! あとラム肉の串焼きも超おいしかった!(あんまりおいしくてお代わりしたくらい)
西川口に行く予定があればぜひ行ってみてください。おいしかったですよ!

追記
福建料理が復権になってました! お店の方、ごめんなさい!!
そして、教えてくださった方、ありがとうございます!



# by akaboshi_tamiko | 2019-02-24 02:29 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)
商業誌で印刷する場合、インクを使って印刷するので、やっぱりCMYKになる。やっぱりフォトショだね…。

クリスタで絵を描くと、着彩がすごく楽になるよ、と言われて楽しみにしていた。コミスタで線画、フォトショで着彩という二度手間が、クリスタだけでOKだし。

でも、クリスタはRGBしかできないのだった…。
いや、CMYKのカラーバーは出すことができる。でもそれは中身(モード)はRGBなのだ。

クリスタで肌色をM10 Y10にして色を塗ったのだが、それをスポイトでとるとM7Y7になった。
やっぱり…。

スポイトで取ると色が変わるのがRGB。これはフォトショでも同じ。だからフォトショで描くときはCMYKモードにしている。これだとスポイトで色をとっても全然変わらない。

フォトショでも、RGBモードでカラーバーはCMYKにできる。その場合はやっぱりスポイトで色をとると微妙に変わる。

だから、印刷媒体に出すときは必ずCMYKモードにしている。
クリスタでもCMYKモードになると思っていたら……。それはカラーバーの表示だけだった…。

今は印刷所とか編プロとかデザイン事務所でRGBでもちゃんときれいにしてくれる。一体どうやって?と不思議だったのだが、それは彩度を上げているだけだと、あるデザイナーさんに聞いた。
彩度だけですか?と聞いたら、そうです、とのこと。それだけでもけっこう手間がかかるとおっしゃってた。

うーん…。全体的に彩度を上げるだけだと、画面全体のバランスとか違ってくるし、企業のロゴとかだと、決まった色味があるから、自分じゃない人が彩度を上げて色味が変わったら嫌だし…。

というわけで、やっぱりフォトショでCMYKになった。
インクを使った印刷だと、やっぱりCMYKで描くのが一番自分の思った通りの仕上がりになる。私の描くのは割合かっちりした色付けのシンプルなイラストだし。

クリスタでCMYKモードができればいいのに、今のところカラーバーの「表示だけ」のようだ。
紙に印刷する仕事もこれからはどうなるんだろう。全部WEBになるのかなあ。チラシとかも、紙じゃなくて、国民全員がタブレット持ってて、それで見るのかな。そんな時代が来るかもしれない。

印刷会社というか、インク会社のこれからはどうなるのかを案じつつ。
DIC川村記念美術館もどうなるのかな…アンナの光が売却されたのも、そのせいかな…。なんてね





# by akaboshi_tamiko | 2019-02-22 23:15 | アート系 | Trackback | Comments(0)