人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
商業誌で印刷する場合、インクを使って印刷するので、やっぱりCMYKになる。やっぱりフォトショだね…。

クリスタで絵を描くと、着彩がすごく楽になるよ、と言われて楽しみにしていた。コミスタで線画、フォトショで着彩という二度手間が、クリスタだけでOKだし。

でも、クリスタはRGBしかできないのだった…。
いや、CMYKのカラーバーは出すことができる。でもそれは中身(モード)はRGBなのだ。

クリスタで肌色をM10 Y10にして色を塗ったのだが、それをスポイトでとるとM7Y7になった。
やっぱり…。

スポイトで取ると色が変わるのがRGB。これはフォトショでも同じ。だからフォトショで描くときはCMYKモードにしている。これだとスポイトで色をとっても全然変わらない。

フォトショでも、RGBモードでカラーバーはCMYKにできる。その場合はやっぱりスポイトで色をとると微妙に変わる。

だから、印刷媒体に出すときは必ずCMYKモードにしている。
クリスタでもCMYKモードになると思っていたら……。それはカラーバーの表示だけだった…。

今は印刷所とか編プロとかデザイン事務所でRGBでもちゃんときれいにしてくれる。一体どうやって?と不思議だったのだが、それは彩度を上げているだけだと、あるデザイナーさんに聞いた。
彩度だけですか?と聞いたら、そうです、とのこと。それだけでもけっこう手間がかかるとおっしゃってた。

うーん…。全体的に彩度を上げるだけだと、画面全体のバランスとか違ってくるし、企業のロゴとかだと、決まった色味があるから、自分じゃない人が彩度を上げて色味が変わったら嫌だし…。

というわけで、やっぱりフォトショでCMYKになった。
インクを使った印刷だと、やっぱりCMYKで描くのが一番自分の思った通りの仕上がりになる。私の描くのは割合かっちりした色付けのシンプルなイラストだし。

クリスタでCMYKモードができればいいのに、今のところカラーバーの「表示だけ」のようだ。
紙に印刷する仕事もこれからはどうなるんだろう。全部WEBになるのかなあ。チラシとかも、紙じゃなくて、国民全員がタブレット持ってて、それで見るのかな。そんな時代が来るかもしれない。

印刷会社というか、インク会社のこれからはどうなるのかを案じつつ。
DIC川村記念美術館もどうなるのかな…アンナの光が売却されたのも、そのせいかな…。なんてね





# by akaboshi_tamiko | 2019-02-22 23:15 | アート系 | Trackback | Comments(0)

骨粗鬆症、ちょっと大変

去年の夏に転倒して、右足の第5中足骨を骨折した。
その時、レントゲン写真の骨の色が薄くて、骨密度を測ってもらったら骨粗鬆症と診断され、薬が処方された。

去年の8月からずっと薬を服用し、カルシウムをたくさん摂り、ビタミンDの多い食事も心掛けていたので、少しは骨密度が上がっているかも…?と、内心期待していたのだった。

そして、半年後の2月初旬、骨密度を再測定したのだが……なんと、ちょっと下がっていた…。

上がるどころか下がるなんて…。横這いでもなく、下がっていたことに衝撃を受けた。

2ポイントくらいなので、誤差の範囲内かもしれないけれど、ちゃんと薬を飲み、食事にも気を付けていたから上がっているはず!と思っていたのに、その期待は根底から覆された。

担当医から「薬を変えてみましょう」という提案があり、今までのビタミンD系の薬ではなく、破骨細胞の働きを弱める薬を服用することになった。とりあえず2週間分が出て、薬が合うかどうか来週また病院で診察を受ける。少し強い薬なので、一気に長期間の処方はしないようだ。

これだけ骨密度が低いと、薬の力を借りるのも当然だけど、今後は自分でもっと努力しなければならないと思う。

私の生活は、日光浴と運動が圧倒的に足りない。
常に家の中にいて、歩数は下手すると800歩くらい(頑張っても3000歩)だし、仕事場は特に直射日光の当たらない部屋だし、たまーーーーに外で散歩するけど、それも週に1回以下。月に2~3回かな…。

散歩や日光浴は去年の夏から多少はやっていたけれど、要するにその程度では焼け石に水だったようだ。もともと運動嫌い、出不精、昼夜逆転、歩かない、という何重苦も持っていた私だから、もっと頑張らねば。

今まではなんとなく「薬飲んでるし」という甘えがあった。食事もちゃんとしているから大丈夫だ、といううぬぼれがあった。でも、それだけじゃダメなんだなあ…。

今後は本当に頑張って運動と日光浴をしなければ。
一日一万歩とか、そのほうがいいのはわかっている。でも、いきなりそんな高いハードルを設定してもできるわけがない。

せめて一日5千歩…。いや、それだと絶対挫折する。
高望みせず、まず4千歩から始めよう。それから徐々に伸ばしていこうと思う。

小さな、低い目標を立てて、それをクリアしながら頑張ります…。




# by akaboshi_tamiko | 2019-02-21 22:26 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)
夫の血糖値が高かったころ、境界型糖尿病と言われて薬も処方されていた。(2005年頃から)

糖質をなるべく取らない、できれば減らす、という食生活を続けているうちに、今は薬も飲まないでOKになった。病院からは「糖尿病は卒業ですね」というお墨付きももらった。
ある薬の副作用で血糖値が上がった時期はあったけど、もともと低糖質の食事で血糖値は安定していたのだ。

私も一緒に低糖質、糖質制限の食事をしている。でも、なるべく糖質を減らす、という食生活なので、糖質ゼロということはない。

だってニンジンとかほうれん草とかレタスとか、そういう野菜にだって糖質は含まれているし。醤油にだって少しは含まれている。

それに、たまには甘いものもほしくなる。
特にネーム(漫画のせりふの入ったラフスケッチ)を考えるときは頭を使うので、どうしても甘いものがほしくなる。これって同業者も同じことを言っていたので、やっぱり脳ってブドウ糖を消費するんだなあ…。

というわけで、なかなかネームができなかった一昨日、マーラーカオとどら焼きを食べてしまった…。
まあ、その前にもみかんとかリンゴとかポンカンとか、果物はよくとっているしね。

果物は果糖が多いから低糖質ダイエットにはだめだ、という人もいるけれど、果物って果糖だけじゃなくて食物繊維もミネラルもビタミンも含まれている。砂糖をがばがば食べるのとはわけが違う。バランスよく、果物も食べたりしながら、なるべく糖質過多にならないよう、なるべく気を使う、というのがうちのやり方。

おかげで夫の血糖値は下がり、正常値をずっとキープしている。
私もお菓子をドカ食いしなければ体重微増が止まり、横ばい状態をキープ。時々お菓子をガッツリ食べることもあるけど、その翌日は甘いものはひかえるとかね、そんな風にしてストレスためないようにしている。

昔の日本人だって、甘いものは一年に一度とか、たまーにご褒美として食べていたんだと思う。江戸時代とかね。
昭和のころだって、ケーキなんて誕生日とクリスマスくらいしか食べなかった。今みたいにコンビニスイーツなんてなかったし。

甘いものを100%否定しないけど、毎日は食べないようにしています、というくらいの緩い糖質制限。これで私の体重も微増が止まったし。あとは運動。やんなきゃね…。

# by akaboshi_tamiko | 2019-02-05 04:09 | 低糖質・縄文ダイエット | Trackback | Comments(5)
なかなか作品を作らない、または発表しない人は、同業者にどう思われるのかが怖くてやらない場合が多い、というのをどこかで読んだ。

そうだよなー…。新しいことに挑戦するのって、下手だとかセンスないとか言われたらがっくり来るから、出さないでいよう…って思ってしまう。そうして上達しないまま死んでいくのだ。
残り少ない人生、描きたいものを書いてみよう。練習あるのみだ!!

そして、こういう練習をしてから仕事に取り掛かると、スタートしているので、取り掛かりが速くなるような気がする。
あの仕事、あっちの仕事、ちょっと連絡してなくてすみません、というような仕事に取り掛かるのにも、ちょっといい感じ。

さあやるぞ!

というわけで、エマ・ワトソンを参考にして描いてみた。あんまり似なかったけど、似顔絵を描いたつもりではなく、クリスタでの色付けの練習。
下書きをして、色付けをちょっと変えてみた。
さて。
b0019674_03441650.jpg
↑↑これはふつうに着彩。

↓↓下の二つは固有色をあえて違う色にしてみた…
b0019674_03442268.jpg

あんまり冒険した感じがしないなあ…。
b0019674_03442789.jpg
こういうのより、昨日メモ帳で描いたざっくりした絵のほうが好き…。
これですね… ↓↓
b0019674_03492514.jpg

これは勢いあるからなあ…。攻めてる感じが自分でもする。
攻めてる絵を描いてみたいと思いつつ、さて。

# by akaboshi_tamiko | 2019-02-04 02:20 | アート系 | Trackback | Comments(0)

iPadでお絵かき

iPadのメモ帳機能でもお絵かきができるのをすっかり失念していて、メモ帳で描いてみた。
公開するほどの出来ではないけれど、まあ、公開しないと上達しないのでアップすることに。

えっと、これは今日一番の衝撃だった写真を見て描いてみた。
b0019674_19451437.jpg

ご本人は「大丈夫!ほっといて!」と言っているらしいのだが…。
スティーブン・キングの「痩せゆく男」がふと頭に浮かんだ…。

b0019674_20104863.jpg
そら吉を思い出して一番前に。あとは、先代のコマちゃんとふふみ。
うちの猫たちはみんな完全室内飼育なので、草地の上を歩いている写真はない。でも草地を歩いているような感じにしてみた。やっぱり猫と草原は似合うなあ…
b0019674_19443241.jpg
うちの猫はキジトラなんだけど、茶トラにしてみた。窓の向こうには家とフェンスが見えるのを木々にしてみるとか、そういう変更ができるのが絵のいいところ。

iPadのメモ帳機能、単純なだけに画面が広く使えて便利。
下書きレイヤーとか、レイヤーわけができないのがつらいところ。
でもササッと描くにはいいかも。

# by akaboshi_tamiko | 2019-02-02 19:53 | アート系 | Trackback | Comments(0)