人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

採血と水分

今日は定期健診の日で、採血があった。

いつも採血では苦労する。血管が細くてなかなか出ないので、看護師さんが苦労することが多い。
血圧も低いし、針を刺しても血液が出てこない。前回の採血では最初に担当した看護師さんが何回もやり直しをしたけれど結局血が出てこなくて、ベテラン看護師さんと交代したくらいだった。→採血回数

以前、担当医に「ちょっと脱水気味ですね」と言われたことがある。脱水気味のときは尿酸値がやや高めに出るらしい。それを聞いてからは採血の前に必ず水分補給をすることにしていた。たいていは600mlペットボトルの水を半分くらいごくごく飲んでから採血していたのだが、直前に一気飲みしてもあんまり意味がないのではないか、と、ふと思った。

水分は一日中まんべんなくジワジワ補給していないと意味がないのでは、と思ったのだ。

それで、今日は家を出る前から水を飲み続けてみた。3時に採血するので、まず、2時前にコップ1杯の水を飲んだ。

600mlのペットボトル2本に冷たいお茶を入れて持っていき、病院に着く前までの40分くらいの間に1本を飲み終え、残りの1本も3分の1くらいは飲んだ。

採血の前に「私血液が出にくいんですよ」といつものように事前申告。もしやり直しになっても「あなたの採血スキルのせいではなく、私の血液が出にくいんですよ」と事前に申告しておかないと気の毒なのでね。

しかし、今日の採血はものすごくスムーズだった。
出にくい、と言った割にはあまりにもスルスル出てきたので、看護師さんが「血液サラサラになる薬飲んでますか?」と聞いたくらいだ。

今までだって水分補給してから採血していたのに、なかなかうまくいかなかったのは、飲んだ量が違うからだろう。採血の直前に300mlくらい飲むのではだめで、1時間以上かけて1リットルくらいをチビチビ飲んだのがよかったのだと思う。

脱水状態かどうかを調べるには、手の甲をつまんでみてすぐ皮膚が元に戻るかどうかを見る。すぐ戻れば脱水ではないという。

私の皮膚もすぐ戻っていたので「脱水症状にはなってないわ」と思っていたのだが、あれは簡易検査だし。今回、血液検査で実際に血液がするする出てくるのを見て、今までの血液検査のときは隠れ脱水だったんだろうな、と思った。
さあ、水分補給、まじめにやるぞー!


追記
お茶やコーヒーには利尿作用があるから脱水症状改善にはならない、という説もありますが、それでも飲まないより断然いいと思います。実際、今回は手作り冷緑茶600ml×2で血液サラサラ。採血もばっちりだったわけです。水が一番ですが、次善の策としてお茶もどんどん飲んで、隠れ脱水を防ごうと思います。



# by akaboshi_tamiko | 2019-08-21 02:21 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

押し買い

テレビで押し買いの話題が出ていた。

突然家にやってきて、「何か不用品はありませんか?」と言って、いろいろ買い取ってくれる…と、ここまでならいいんだけど、高価なものまで安く買って行くらしい。

うちにも押し買いの電話がかかってきたことがある。

それ以前に一度、不用品買い取り業者を利用したことがある。家のポストに業者のチラシが入っていて、そこに来てもらったのだ。

その時は古着や古道具などを引き取ってもらってわずかではあるが値段もついた。その経験があったので、不用品があれば持って行ってもらおうかな、と思った。

しかし、そのときうちにあったのは古い針金ハンガー。30年以上前のものもあり、錆だらけでコーティングもはがれている。うっかり「古い針金ハンガーならありますけどねえ…」と言うと、すごい勢いで「あ、じゃあ取りに伺います!」と食いついてきた。

その食いつき方にイラッとして、「いや、もういいです」と断ったのだが、相手はなかなか電話を切らない。ものすごくしつこく、くどく、なんでも買い取りますから!と食い下がってくる。

最後はうんざりして「もういいですから!」と言って、こちらからガチャンと電話を切ったのだった…。

このところ押し買いのニュースをちょくちょく耳にして、あのとき断ってよかった!と思う。

あの時、もしうちに来てもらっていたら、何時間も粘られて本来出さなくてもいいようなものを出して安く買いたたかれたかもしれない。千円のネックレスを5円とか。500円のブローチを1円とか。

そういえば最初にチラシを見て来てもらった買い取り業者も、「古着のほかに何かありませんか、アクセサリーとか」と言ってたな。

そのとき見せたのが、若いころに買った千円程度のネックレスやプラスチックのアクセサリー。かわいいデザインで気に入っていたし、若い子には今でも受けそうだと思って、売れるかなと出したのだが…。業者さんはそういうものには一切手を出さなかった。

やはり押し買いをするのは、買ったときに数十万円というようなアクセサリー類らしい。
そういうのを持っていないので、押し買い業者が来ても大丈夫、なんて思うのだが、家で対応する時間のほうがもったいない。

押し買い業者に付け込まれないよう用心しなくちゃ。

# by akaboshi_tamiko | 2019-08-19 14:00 | 時事 | Trackback | Comments(2)
一時期のものすごく痛い状況からは改善しているけれど、今も痛みが続く頸椎ヘルニア…

ネプチューンの名倉さんが頸椎椎間板ヘルニアの手術後、ストレスでうつ病を併発したというニュースを見て、その辛さを考えて、胸が詰まる思いだ。

名倉さんの場合は、そもそも手術をするほどの痛みがあり、しかもその手術のストレスもあり、痛みはいったん脳に刻み込まれたらその記憶が消えるまで痛むらしいし、いろんなストレスが複合的に襲いかかっていて本当に辛い状況だったのだろう…。

私の場合は鎮痛剤で何とか改善している。理学療法士の先生には、「痛くない、という思いが、痛みの記憶の上に上書きされるといいんですけどね」と言われている。

手根管症候群は、薬でなんとか改善するらしいけれど、なかなか良くならない。
指先のしびれは手根管だけでなく、首のヘルニアも関係しているらしい。

以前からたまっている仕事があるのに、腕が痛い、手首が痛い、指が痛いと、何となくズルズル伸ばしている…。
これを書きながら、いま目の前の仕事が終わったらやるぞ!と心に決めている。

と、公表しておくと、取り掛かるはず! 
がんばろう!!

# by akaboshi_tamiko | 2019-08-05 16:33 | Trackback | Comments(3)

手ぬぐいにフリンジ

私は日本手ぬぐいが大好きで、けっこうたくさん買っている。
デザインが面白いものが多いので、それも好きな理由の一つだが、一番の理由は「すぐ乾くので超使いやすい」だ。

薄手のさらし木綿はすぐ乾く。高温多湿の日本ではこれはものすごく大事なポイント。
そして、手ぬぐいは両端が切りっぱなし、というのが特徴。
さらしの布巾も同じ。両端が切りっぱなしだ。

切りっぱなしには理由がある。端を折って縫ってあると、そこが厚くなり乾きにくくなる。切りっぱなしだからこそ、水滴が繊維に沿って落ちるので乾きやすいのだ。

しかし、その「切りっぱなし」は、洗濯すると端がほつれてくる。昔の台所に干してあったさらしの布巾はよく横糸がほつれて長く何本も出ていて、私はそれがとても嫌いだった。

なんで端を縫わないんだろう?と不思議だったのだが、これが「乾かすための先人の知恵」だったと知るのは大人になってからだった。

でも、あのビロビロ出てくる横糸はどうしても許せん!いやだ!

で、それを解消するために、端をほぐしてフリンジ状にしてみた。
b0019674_22141984.jpg
こんな風に端をほぐすと、洗濯機の強水流で洗っても、これ以上横糸がビロビロ出てこない。

私は手ぬぐいを買って来たら真っ先に端をほぐすので、うちにある手ぬぐい(20~30枚はあると思う)はすべて端がフリンジになっている。
b0019674_22143139.jpg
端をほぐす作業は爪楊枝で横糸をちょっとほぐして引っ張ると簡単にできる。テレビを見ながらとかおしゃべりしながらとか、ながら作業で無心になってやることが多い。

やりすぎてフリンジ部分が長くなりすぎたものもある。
b0019674_22143984.jpg
ここまで長くしなくても、この程度に短いフリンジで十分。
横糸を5~6本引き抜くだけ。
これで洗濯してもほつれてこない。
b0019674_22475509.jpg
うちでは手ぬぐいだけでなく、綿100%の布を四角く切って、それを布巾にすることもある。当然、端を縫うのではなく、ほどいてフリンジにしている。これは端を縫うより断然楽ちんだから。

厚手のタオル地やワッフル地の布巾は、お皿を拭くときすぐにびしょびしょにならないので、それはそれで使い勝手がいいのだけど、でも洗って干すとなかなか乾かない。

木綿の布巾や手ぬぐいは、一枚で拭くとすぐにびしょびしょになってしまう。なので、2~3枚重ねて拭くこともある。

そうすると水をよく吸ってくれてビショビショにならず、洗って干すときも、薄い木綿の布をバラバラに干せばいいのですぐ乾くというわけ。

手ぬぐい、さらしの布巾、本当におすすめ!ぜひ端をほぐしてフリンジにしてみてください。よろしく~



# by akaboshi_tamiko | 2019-07-25 22:53 | Trackback | Comments(3)
いただき物の袷の着物をスカートにリメイクしてみました。

超カンタンに、着物の下半身を(下半身って言うかー?!)巻きスカートにしただけです。
b0019674_23393485.jpeg


ウエストのサッシュベルトは襟をほどいてつくりました。
これは着物の表ををそのまま使ってます。

でも、この着物、八掛が綺麗な深い緑色なんです。その色を縦に入れるのもいいかも!
と、八掛を折り返して見せてみました。
それがこちら。
b0019674_23402930.jpeg
これはこれで、「こういうデザイン」だと言い張ればその主張、通るかも。通りますよね!

そして、この八掛のモスグリーン、私はどうしても表に使いたい!モスグリーンって、すごく好きな色なんです。

それで、こんなふうにしてみました。
b0019674_23400428.jpeg
腰の周りが茶色なのは、八掛がそこまでしかないから。着物のことを良く知っている人が見ると、着物を裏返しにして着ているのがバレバレ。
b0019674_12143214.png
という苦肉の策で、折り返してみたら、なんとなく「そういうデザイン」に見える……はず!

まあ、ワタシ的にはけっこうお気に入りな一着になったので、良しとします。
袷の着物だとリバーシブルにできるのがうれしいです。



# by akaboshi_tamiko | 2019-07-19 20:00 | キモノ | Trackback | Comments(2)