漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

タグ:コミスタ ( 2 ) タグの人気記事

クリスタ移行中

最近の漫画の仕事はデジタル化されて、紙にペンで描くより、パソコンのモニター上で絵を描くことのほうが多くなってきた。
その仕事風景がこちら。
b0019674_03272874.jpg
右手でペンツール。左手はショートカットキー。
このショートカットキーが、けっこう広く散らばっているので、左手の指が攣るのが悩み。
b0019674_03295040.jpg
このキーを全部使っていると、本当に手が攣る。左手の薬指から肘にかけてだるいやら痛いやら。
で、この中でも常に使うのがこちら。
b0019674_04033945.jpg
特に、4、5、6とP、E、G、「、」、U、?はよく使う。こんな感じでキーボードの上に常に手を置いている。これが基本ポジション。
b0019674_04084039.jpg
コミスタでは、描画色を変えるキー、4.5.6の位置と、P、「、」の位置が遠いので、何かと不便だった。でも、私もようやくクリスタを導入することにして、先日から少しずつ練習をしている。

その中で一番うれしかったのが、ショートカットキーの設定が自分で出来るということだ。
自分の好きなキーに機能を持たせることができる!!

さっそく、描画色を7,8,9に設定してみた。
b0019674_04220069.jpg
これのどこがいいかって、こうなるわけですよ!
b0019674_04222882.jpg
基本ポジションをPの近くに持ってこれたので、Pと4,5,6を組み合わせればE(消しゴムツール)がほぼ要らない。特に、Pを三回押すとマジックになるので、太いマジックで透明色だと、ほんとにEは使わなくてもすむ!
あ~楽ちん!
(あっ、これはコミスタの設定。クリスタではPを一回押すとGペンになるので、それを太い設定のままにしておけば消しゴム要らない!)

顔を描くとき、背景の細かな線を描くとき、ちょっとしたはみ出しの線を消すとき、透明色を使って消している。私の場合、そういう修正が多いのと、髪の毛のツヤツヤの白い部分をペンで後から入れるときもあるので、この描画色の変更キーは本当に役立つ。

クリスタの場合は、ファイル→ショートカット設定→オプション→描画色 ここで設定ができますからね!
って、嬉しくて、みなさんにご報告でした!




[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-02-21 04:35 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

コミスタと孫の手

長年悩んでいた液晶ペンタブをついに導入。
今までがダブルモニターだったので、そこへ液ペンタブが追加されてトリプルモニターね。
b0019674_21254245.jpg
設置してすぐは「使いにくい!」とイライラしてたのに、あれこれ触っていたらなんとかなりそう。
というか、何とかしなければ…。
せっかく清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったんだし、無駄にはできません。

実際に描いていたら、これは私の筆圧が高いせいか、ペンツールを使っているのに、画面を押しすぎて虫眼鏡ツールとか、手のひらツールが出てくるという不具合が!

というわけで、腕枕(わんちん)を使うことにしました。
b0019674_02223504.jpg
孫の手です!!
これを画面の上に渡して、この上に腕を置いて描いてます。これだと右手が直接画面に触れないので手の圧力がかかりません。

・・・・・と、得意満面で使っていたのですが、
なんと、虫眼鏡ツール(ズーム)と手のひらツール(移動)が出てくるのは、別の理由でした!!
キーボードを液タブの手前においていたら、私の胴体がキーボードの「?」キーとかスペースキーを押していたのでした…

これはショートカットキーで、どんなツールを使っていても、スペースキーを押すと、画面が移動する手のひらツールが出てきます。「?」を押すと、ズームになります。

なんだ、、、、私がキーを押していただけだったのね。
腕枕は必要ないかも?

いや、それでも私は結構強く画面を押すので、しばらくは使ってみようかなと思ってます。

少なくとも、液タブの画面に手の脂とか、ハンドクリームの油がつかないだろうし、その点だけでもやっていいかも。

さて、今後の仕事では、猫の手は借りないけど孫の手を借りま~す。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-16 19:23 | 仕事 | Trackback | Comments(0)