漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
今日は六本木ヒルズの森アートギャラリーで開催されている少年ジャンプ展に行ってきました。
b0019674_01202345.jpg
正確に言うと、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL2―1990年代、発行部数653万部の衝撃」です。

いや、本当に衝撃でした! 発行部数653万部の雑誌の持つ力、そこに載っている作家さんたちの力をまざまざと見せつけられ、衝撃と感動の波に打ちのめされた感じです。

会場に入ってすぐ、鳥山明先生のドラゴンボールの原画がズラリ。その美しい原画に衝撃!!! 手描き原稿なのに「デ、デジタル!??」と思うくらい!!!!! 修正が少ない!!!!!
思わず顔を近づけてじっくり見ると、密度の濃い集中線、動線、流線が、キャラにも吹き出しにも枠線にもかからずきっちりきれいに入っていました!!!

何百本という線が描いてあるのに、ホワイトの修正が一つあるかないか、という丁寧さ!!!! マスキングテープを貼ったのなら修正要らないですが、一つ二つあるということは、マスキングしていないってこと!!!???

今回「!!!!!」が多いのは、鳥山先生のネームにそれが多かったからです。影響すぐ受ける私。そして、写植はゴナEかな。(ゴナEは太くて角ばった書体)

後半になるとほかの作家さんのネームにゴナINとかゴナLBといった書体も出てきました。これは太い角ばった文字の中に白い線が入っているもの。こういう書体の流行りにジャンプが果たした影響は大きかったんでしょうね。なんせ、80年代からずっと300万部、400万部と伸びてきて、最高で653万部、そりゃー、写植を目にする人口が多いってことは、その後のゴナ系の文字の隆盛に一役買っていることと思います。

今回は漫画家や編集者の友人たちと一緒に見に行ったので、じっくり一枚ずつ丁寧に見ました。
感動だけでなく… 私は思わず嫉妬と羨望の気持ちも湧いてきて、少し苦しいような気もしました…。

それって、私が小物だから、というのもあるんだけど、私の中にまだ漫画への負けず魂が残っていたのかも? と、ポジティブに考えてみることにしました。

しかし、「負けるもんか」って…。あの当時、世界一漫画のうまい人たちが集結していた少年ジャンプの原画展を見てそんなことを思うこと自体が大それているんですが、こんな小物漫画家の私にそんなことを思わせるなんて、やっぱりジャンプの力はすごいと思います。

ま、、、負けるもんか…

意気込みを新たにしつつ、見終わったあとはコラボカフェでご飯とスイーツを食べてきました。
b0019674_01354797.jpg
b0019674_01354091.jpg
b0019674_01355610.jpg
b0019674_01355143.jpg
b0019674_01374338.jpg
b0019674_01360291.jpg
スイーツはどれもかなりのボリュームでした。どれもおいしかったですよ!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-06-16 02:07 | 行ってきました | Trackback | Comments(0)

コミスタと孫の手

長年悩んでいた液晶ペンタブをついに導入。
今までがダブルモニターだったので、そこへ液ペンタブが追加されてトリプルモニターね。
b0019674_21254245.jpg
設置してすぐは「使いにくい!」とイライラしてたのに、あれこれ触っていたらなんとかなりそう。
というか、何とかしなければ…。
せっかく清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったんだし、無駄にはできません。

実際に描いていたら、これは私の筆圧が高いせいか、ペンツールを使っているのに、画面を押しすぎて虫眼鏡ツールとか、手のひらツールが出てくるという不具合が!

というわけで、腕枕(わんちん)を使うことにしました。
b0019674_02223504.jpg
孫の手です!!
これを画面の上に渡して、この上に腕を置いて描いてます。これだと右手が直接画面に触れないので手の圧力がかかりません。

・・・・・と、得意満面で使っていたのですが、
なんと、虫眼鏡ツール(ズーム)と手のひらツール(移動)が出てくるのは、別の理由でした!!
キーボードを液タブの手前においていたら、私の胴体がキーボードの「?」キーとかスペースキーを押していたのでした…

これはショートカットキーで、どんなツールを使っていても、スペースキーを押すと、画面が移動する手のひらツールが出てきます。「?」を押すと、ズームになります。

なんだ、、、、私がキーを押していただけだったのね。
腕枕は必要ないかも?

いや、それでも私は結構強く画面を押すので、しばらくは使ってみようかなと思ってます。

少なくとも、液タブの画面に手の脂とか、ハンドクリームの油がつかないだろうし、その点だけでもやっていいかも。

さて、今後の仕事では、猫の手は借りないけど孫の手を借りま~す。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-16 19:23 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
日本橋高島屋で開催されていた、通称ベルばら展を16日に見てきました! 
(本名は『デビュー50周年記念 池田理代子 ―「ベルばら」とともに—』である)

さっと見て帰るつもりが、いや~~~、素晴らしかった!! じっくり見て、時間がいくらあっても足りない! もう東京での開催は終わってしまったので、横浜の開催にもう一度いくつもりだ。

高校生のころ、リアルタイムで読んでいた『ベルサイユのばら』は、当時、先輩後輩、とにかく高校中の話題をさらい、毎週マーガレットの発売日の翌日にはベルばらの話で盛り上がったものだ。

ほかの漫画ももちろん話題になっていたが、それは長くなるので割愛。

今回のベルばら展は、一人で見たのだが、ああ、漫画家の友達と一緒に見たかった! 年代ごとに背景がどんどん濃くなっていく。人物も手塚治虫、水野英子系のペンタッチと輪郭から、どんどん同時代の漫画家の影響を受けて、頬っぺたの形や鼻の描き方、まつ毛の描き方が変わっていく。原画を見て、年代あてクイズをやれば、きっと漫画家なら当てられると思う!

宝塚版ベルサイユのばらの衣装が展示してあり、これは撮影可だった。
b0019674_23415629.jpg
ほかにも写真があるけど、きょうのところはこのへんで。
横浜の展示、だれか一緒に行きませんか~。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-03-21 23:43 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(0)