漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
石鹸はものすごく汚れ落ちがいいのに、誤解している人がたくさんいます。

石けんユーザーは人口の5%未満とか、3%未満ともいわれています。その少ないユーザーの方たちですら、石けんは環境にいいから使っているけど、汚れ落ちはイマイチだよね、とか、黄ばむのあたりまえだよね、思っている方も多くいらっしゃいます。それ、誤解ですから…。

さて、そういう誤解を抱かせる原因の一つに、洗濯機の取扱説明書があります。

多くの洗濯機の取扱説明書には「石けんは使えません」とか「石けんを使う場合はすすぎを十分にすること。合成洗剤に比べ衣類に残りやすいので黄ばみやにおいの原因になります」という文章が載っていたりします。

いやいや、そんなことないですよ!
石けんは合成洗剤に比べ衣類に残りやすいって、そんなことないですから!
ただし、「石けんは残りやすい」というのは、溶かし込みをしていない石けんは、という枕詞が付きます。

溶かしこみをしていない石けんは、残りやすい。

もっと言うと、「溶かし込みをしていない合成洗剤も残りやすい」です。

合成洗剤はミセル臨界濃度が低く、これは薄めても薄めてもものにしみこむ力が弱まらない、という特徴があります。なので、そもそも残留しやすい物質なのです。衣類に残留分が多いと、衣類が固くなります。だから柔軟剤が必要になるんです。

合成洗剤がこの世に存在しなかった時代には柔軟剤というものは必要がなく、存在していませんでした。
合成洗剤は残留しやすいので、それを前提に柔軟剤が開発され、柔軟剤を使うことを前提に洗濯機が開発されています。

しかし、溶かし込みをきっちりしたら、合成洗剤ですら洗浄力が上がるし、すすぎ性が上がるので、香料の強いにおいも残りにくいし、何といっても衣類がふんわり洗いあがります。柔軟剤を使わなくてもいいくらいに。

そして、石けんも溶かし込みをきっちりすると、合成洗剤以上の洗浄力があります

実際に私の友人の話ですが、
1.合成洗剤で洗っていたときは汚れが落ちていなかった、部屋干しの臭いもしていた。
2.溶かし込みをしてから衣類を入れて洗うと、臭いが取れた! 襟や袖の汚れが落ちた!ふんわりした!
 
3.溶かし込みになれたので、石けんを使ってみたら、合成洗剤溶かし込みでも落ちなかった汚れが落ちた! 
  ・長年使っていてグレーになっていたベビー用タオルが、本来のピンク色が戻ってきた!
  ・何度洗っても落ちなかったシミが、石けん溶かし込みで洗ったら一回で落ちた!

という話を聞きました。

私は、実は、2の段階で、合成洗剤ですら溶かし込みをすると汚れ落ちがよくなるし臭いもとれるので、無理して石けんを勧めなくてもいいのかな、、、と思ったりもしていました。

でも、そんな人が石けんに変えたら、さらに汚れ落ちがよくなったというので、やっぱり石けん最高!と思うんですよね。

合成洗剤でも、溶かし込みをすれば柔軟剤いらなくなるし、部屋干しのにおいもかなり軽減するので、無理にとは言いませんが、溶かし込みになれたら石けんも一度使ってみてほしいな、と思います。

溶かしこみさえちゃんとすれば、すすぎも楽です。溶かし込みさえキチンとしてあれば、石けんはそもそも残留しにくい物質なのですから。

石けんの能力、誤解されていますが、ちゃんと使ってくれれば、汚れがほんとに落ちますから!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-05-30 22:54 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(4)

誤解されている石けん

NHK、Eテレのまる得マガジンでセスキと過炭酸塩の使い方をじっくり紹介しました。
みなさん、セスキの威力、過炭酸塩のすごさにびっくりしたようです。今まであきらめていた汚れが落ちるので、掃除や洗濯の喜びを再発見したかもしれません。

そう、汚れが落ちるって、喜びなんですよね! 洗濯とか、換気扇洗いとか、ストレス解消になります(個人の感想です)。

でも、多くの人が「セスキがすごい!」「過炭酸塩すごい!」と言ってくださるのですが、実は毎日の暮らしの中で一番汚れ落ちがいいのは石けんなんです。

いろんなテレビ局や雑誌から「汚れ落とし」の取材を受けたり、番組に出てくれないかというオファーがありました。そのたびに「石けんが一番汚れが落ちますよ。特集やるなら石けんですよ」と提案してきましたが、その都度、「石けんで汚れが落ちるのは当たり前って感じですけど、重曹とか食べ物に使えるもので汚れが落ちるほうが目新しいので、そっちで行きたいんです」と言われました。

「でも、重曹だと手間がかかりますよ。石けんのほうが簡単にすぐ汚れが落ちます」と言うと、「いや、我々は手間がかかっても目新しいものをやりたいんです」と、はっきり言われたことが何回もあります。

そう思うとね、、、、
セスキが受けるのも、過炭酸塩が受けるのも、「目新しいから」ということもあるんですよね…。
本当はセスキも過炭酸塩も昔から使われていたのに、合成洗剤が台頭してきてからいったんすたれてしまったんです。それを、90年代後半から2000年代にかけて、もう一度復活させようと頑張ってきた人たちがいるんですよ。
もちろん、私もその中の一人で、石けんも復活させようと、頑張ってきました。

セスキ、炭酸塩、過炭酸塩は最近になって初めて聞く人も多いようです。だから目新しい部類に入り、今受けている。でも石けんは生活の中になんとなくあったので、目新しさはない。だから受けないのかも。

それと、石けんはいろいろ誤解されていて、「環境にはいいけど汚れ落ちはイマイチ」と思いこんでいる人がとても多いのです。
ちゃんと使えばこんなに汚れ落ちのいいものはないのに…。

そのやり方は、「ちゃんと溶かす」だけなんです。
これは合成洗剤も石けんも同じです。ちゃんと溶かすだけで汚れ落ちは全く変わってきます。その話はまた明日。
今日はちょっと力尽きました…

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2018-05-30 01:56 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
母が一人暮らしをしている実家では、縦型全自動洗濯機を使っています。
今回のゴールデンウィークに帰省して、その全自動洗濯機を使ってみたら、、、、

うーん…。二槽式に慣れた身には、すごく難しく感じました。

石鹸洗濯に限らず、合成洗剤をお使いの場合でも、衣類を入れる前によ~~~~~~~~く溶かすのは、洗浄力アップの最大のコツです。
液体せっけん、液体合成洗剤でも同じです。

とにかく、10分~15分くらい(「洗い」モードの全部を使うといいです)を溶かし込みに使います。

実家の全自動の場合、ふたを開けたままだと水が出ないので(一回蓋を閉じてからだとちゃんと水が出ます)、ほんとに些細なことですが、ちょっと戸惑いました。

あと、最初の「洗い」(つまりこれは「溶かし込み」です)が終わって、衣類を入れてから洗濯を始めようとすると、また水が出てくるんです。せっかくちょうどいい石鹸液ができているのに、また水が入ったら温度は下がるし、せっけん液が薄まるし、これはやめてほしいのに、なぜか出てきます。洗濯物の量をまた感知しようとしているのかな。でも水が入っているので、重さ感知で、水が最高位に設定されなおすみたい。なので、ついていて、水位を設定しないといけなかった。

まあ、水位の設定だけで済むのでよかったけど、友人知人の話によると、「洗い」を終えて、もう一度「洗い」モードにすると、せっかく溶かしこみした石鹸液が排水されてしまう、という機種もあるそうです。その設定を切るのに大変な苦労をした、という話を聞いたことがあります。

それから、うちでは石鹸液を3~5回くらいは使いまわすのですが、二槽式だと、いったん洗ったものを脱水機に入れ、次の衣類を洗いながら脱水するということができます。

全自動で石鹸液を二度三度使いまわすためには、濡れた衣類をいったん外に出さねばなりません。これって、本当に大変・・・・。

実家の洗濯機置き場はお風呂場のすぐ横なので、浴室の床に置いたりできたけど、それでも大変でした。

とてもうれしいことに…、いや残念なことに、この実家の洗濯機、脱水機がちょっと壊れているんですよ。一応回るんだけど、脱水しているとき、ものすごく大きな音が出るんです!

先日初めてその音を聞いた時は、あまりの音の大きさに、びっくり仰天!! これは買い替えないとダメだ!!

というわけで、はい、今日、二槽式洗濯機買ってきました!
お店に一台だけありました!

よかった~~~~~、帰省しているうちに買えて! 超うれしい!!

買ったのはちょっと小ぶりの洗濯機。小型でも、洗濯液を何度も使いまわせば結局はかなりの量を洗えるんですよね。

母も一人分の洗濯をするとき、汚れの種類、色落ちするかどうかなどで分け洗いができるのはうれしいことでしょう。新しい全自動やドラム式などは、多機能すぎて使えないらしく、二槽式なら昔から使ってきたものだし、すぐ慣れるでしょう。

私たちも帰省した時、洗濯が楽になります。八方丸く収まりました! めでたしめでし!


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-04 17:34 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
セスキの取材のときに、台所の掃除の撮影をしました。
その時、雑巾や台拭きを出すと、カメラマンの方に「雑巾がきれい!」と驚かれました。

普通の雑巾だと思っていたので、きれい!と驚かれたことに驚きました。

しかし、確かにうちの雑巾はきれいです。タオルや台拭きや食器用布巾と見分けがつかないくらいです。
だから、いつも台所の引き出しにしまってあります。

一応、雑巾用の引き出し、布巾用の引き出しは分けてありますが、時々間違えてしまうくらい、きれいです。

それは、定期的に煮洗いをしているから。

煮洗いというのは、文字通り、鍋やステンレスの洗い桶などで雑巾や布巾やTシャツなど、シミのついたものを煮るのです。石けんを入れて煮るだけでも汚れがスッキリ落ちます。

それに過炭酸塩(酸素(さんそ)系漂白剤)も入れて煮ると、本当に、真っ白になりますから‼

煮るので雑菌も死にます。だから清潔です。
当然、うちの雑巾には雑巾臭などありません。なんのニオイもしない真っ白な雑巾は、タオルと同じくらいのきれいさだと思います!


煮洗いした液を排水溝に流すと、そこもきれいになるし、Tシャツのわきの下の黄色いシミとかも真っ白になるし、煮洗い大好きです!みなさんもやってみませんか?

煮洗いのやり方は、前に書いているので、ぜひ読んでみてください。
この記事です↓↓
2007年7月22日 バナナのしみ



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-15 18:20 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)

石鹸の溶かし方

部屋干しのニオイをなくすにはどうしたらいいのか、いろいろ聞かれます。

煮洗いも効果的だし、除菌・殺菌剤、漂白剤を使っても、一時的には効果があります。

でも一番いいのは、衣類やタオルに皮脂汚れを残さないこと。汚れをしっかり落とすこと。

そのためには合成洗剤でも粉石けんでも液体せっけんでも、よ~~~~~く溶かすことが大事です。

そんな手間かけるなんて嫌だ、と思っている人でも、一回でいいですからやってみてください。違いに驚くはずです。

さて、そのやり方は、空の洗濯機にぬるま湯(できればお風呂の残り湯30度~40度くらいあるといいですが、最低でも20度はほしいです)をためて、粉石けんでも液体せっけんでも合成洗剤でもいいので入れて、10~15分攪拌する。これだけです。

やり方は私の本にも詳しく出ていますが、私のサイトにも画像付きで出ています。
赤星コム←ここをクリックして、赤星コムのトップページへ飛んでください。

b0019674_23045070.jpg
↑↑トップページの画面の上にメニューバーがあります。その中の「エコ・石けん画像」をクリック。

↓↓すると、下のような画面になります。
b0019674_23100705.jpg
左側のメニューの中の、「アワアワ洗濯」をクリックすると、縦型全自動洗濯機での粉石けんの溶かし方が出てきます。

粉末の合成洗剤でも同じです。液体洗剤でも、事前に溶かすことを強くお勧めします。液体だから溶けていると思っている方も多いのですが、液体洗剤、液体石鹸は、濃度が高く、どろりとしているのでなかなか溶けないのです。

とにかく、液体だろうが粉だろうが、よく溶かしてください。
上記のページでは3分ほど攪拌とありますが、あのページを作ったのが10年以上前で、当時の洗濯機はまだ攪拌力が強かったのです。

最近の洗濯機は攪拌力がとても弱いので10~15分は攪拌してみてください。

とにかく!洗いあがりが全然違ってくると思います。
思ったほど変わらなかった、、、という方は、まだいろいろコツがありますが、それは私の本にも書いてありますので、ぜひご覧ください。図書館で借りたり、人に借りてもいいですから!

とにかく、ニオイのないバスタオル、衣類で、快適に過ごしてもらいたいのです。頑張ってください。

セスキ&石けんでスッキリ快適生活

きれいに暮らす簡単石けん生活―洗濯物が真っ白、台所ぴかぴか…シンプル家事のすすめ

赤星たみこの石けん達人 
(漫画です。kindle版もあります)

気持ちよく暮らす簡単家事生活



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-14 19:32 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
日本の洗濯機は世界一攪拌力がソフトだと思います(個人の感想です)。
さらに、最近の洗濯機は節水機能も付いています。

新しい製品は古い製品の欠点を解消したものである、と思っていませんか?
いえいえ、そんなことはありません。

新発売の最新の機能がたくさんついた洗濯機だからきっと大丈夫! と思って使い始めると、衣類がどんどん黒ずんで来たり、今まではにおわなかったのに、ニオイが出るようになった、という悩みをよく聞きます。私のサイトや個人メールには「ニオイがとれない、どうしたらいいでしょうか?」という相談や質問がよく来ます。

そんな時は、答えは二つ。
衣類を入れる前に洗剤をよ~~~~~くとかしてから入れること。
入れる衣類の量を半分以下にすること。

よ~~~く溶かすと、それだけで問題が解決することもあります(縦型全自動の場合)。

でも斜めドラム式などの、極端に節水に走った機種だと、衣類を半分以下にすることも大切です。それだと節水にならないじゃないか、と批判も受けるんですけどね、洗濯って、衣類の汚れが落ちてなんぼ、でしょ。汚れが落ちない洗濯機って、ただの水の無駄遣いです。いくら節水しても、無駄に使った水ですよ、それは。ちゃんと汚れが落ちるように使ってこその洗濯機です。

衣類を入れる前に石鹸や合成洗剤をよ~~~~~く溶かすこと、ってどうやればいいの? という質問もよく受けます。

明日、とりあえず書いてみようと思いますが、ぜひ、私の本を図書館でいいですから、借りて読んでみるのもいいと思います。どの本にも丁寧に書いてあります。

セスキ&石けんでスッキリ快適生活

きれいに暮らす簡単石けん生活―洗濯物が真っ白、台所ぴかぴか…シンプル家事のすすめ

赤星たみこの石けん達人 
(漫画です。kindle版もあります)

気持ちよく暮らす簡単家事生活



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-13 19:25 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
一昨日の石鹸とセスキの取材は順調に進み、台所はぴかぴか、布巾も煮洗いしたので真っ白。家がきれいになって大助かりだった。取材の様子をちょっとご紹介。取材機材が並び、とろとろ石けんの作り方などを撮影するという場面。ソファの上でくつろいでいるのは小町。

b0019674_01002484.jpg
うちの中の汚れを石けんとセスキで落とす所を撮影するだけでなく、夫の実家から持ってきたガラスの皿も撮影していただいた。私が撮った写真ではあまり差が出ないのだけど、とりあえずアップ。右の皿はうっすらと茶色がかっている。↓↓
b0019674_01103008.jpg
これは夫が高校生のころから実家にあって、45年以上ずっと合成洗剤で洗っていたものだ。私も結婚して夫の実家に行ったとき、このガラス器は全部右の皿のような茶色の色がついていて、そういうデザインなんだろうな、と思っていた。

ところが、2014年にこの皿を私が石けんで洗ったら、なんと透明のガラス器だということが判明した。それが左の器。

合成洗剤で食器を洗っていると、初めて洗った日には変化を感じないけれど、実は汚れがしっかり落ちておらず、表面にうっすら積もっていく。グラスやガラス器が何となく曇っているのは、汚れが蓄積しているから

この汚れは、毎日見ているのでわからない。しかし、石けん(洗濯用粉石鹸)でしっかり洗ったところ、茶色い曇りが取れて、すっきり透き通ったガラス器に戻ってくれた。

「石鹸は環境にいいけれど汚れ落ちが悪い」と思っている方がいたら、それは大きな間違いだ。実は、ちゃんと使うと石鹸ほど汚れ落ちのいいものはない。本当に汚れがすっきり全部落ちてくれる。使い方は、泡がしっかり立つ量を使うこと、よく溶かすこと、これだけ。

詳しいことはまた明日。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-03-26 01:31 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)